吉田雄人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田雄人
よしだ ゆうと
吉田雄人顔写真.jpg
横須賀市長 吉田雄人
生年月日 (1975-12-03) 1975年12月3日(42歳)
出生地 東京都北区
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
早稲田大学大学院政治学研究科修士課程
前職 横須賀市議会議員横須賀市長
所属政党 無所属
称号 政治学修士(早稲田大学)
学士(早稲田大学)
公式サイト 吉田雄人オフィシャルサイト

当選回数 2回
在任期間 2009年7月10日 - 2017年7月9日

当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2009年3月
テンプレートを表示

吉田 雄人(よしだ ゆうと、1975年昭和50年)12月3日 - )は、日本政治家神奈川県横須賀市長(2期)、横須賀市議会議員(2期)を歴任した。

来歴[編集]

東京都北区生まれ。神奈川県立横須賀高等学校卒業。1999年(平成11年)3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。早大在学中は雄弁会に所属していた。同年7月、アクセンチュア株式会社に入社。2002年(平成14年)、同社を退職。2006年(平成18年)、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了。大学院では地方自治を専攻した[1]。 , 2003年(平成15年)4月27日執行の横須賀市議会議員選挙に無所属で出馬。当時最年少(27歳)でトップ当選した。2007年(平成19年)4月、再びトップで再選し、全国一の得票数11,442票(政令市を除く市町村の統一地方選挙)を記録した[2]

2009年(平成21年)3月、横須賀市長選挙に出馬する意向を表明し、横須賀市議会議員を辞職。

同年6月28日執行の横須賀市長選には、特定政党の推薦や支持を受けずに無所属で出馬。自民公明民主3党の推薦に加え、横須賀市を含む神奈川県第11区選出の小泉純一郎元首相の支援も受けて出馬した現職の蒲谷亮一横須賀市長、および弁護士の呉東正彦らを破り、初当選した[3]。得票数は、吉田:68,628票、蒲谷:64,147票、呉東:23,134票。投票率は、45.22%。同年7月10日、市長に就任[4]

2013年(平成25年)6月30日に執行された横須賀市長選には一期目と同じく特定の政党や支持団体もなく草の根の個人の支持の輪の元、無所属で出馬。自ら選対本部長に就任し“ベタ張り”となって小泉進次郎が応援した前副市長の広川聡美(自民・公明推薦)を相手に得票数87,185票(広川76,961票、岸牧子8,121票 投票率50.72%)を獲得し、二期目の当選を果たした。

2015年日本財団とともに日本初のソーシャルインパクトボンド事業を実施、横須賀市での特別養子縁組の推進の取り組みを開始する[5][6]

2017年6月25日に開催された同市長選挙に3選を目指して出馬したが、自由民主党、民進党、公明党の推薦を受けた上地克明に敗れ、落選した[7]

人物[編集]

横須賀市長として初登庁した2009年(平成21年)7月10日、横須賀市職員らに対し「職員の尻ぬぐいができる市長に、太陽のように温かい心を持った市長に、厳しい批判にも山のようにどっしりと構えて誠実に対応していけるような市長になりたい」と挨拶した[8]

不祥事[編集]

公職選挙法違反疑惑[編集]

2017年3月、自身の名刺に「猿島航路(1300円)」と「軍港めぐり(1400円)」料金の「10%割引」を付けて配布していた。吉田は「市の弁護士に確認したところ、公職選挙法で禁止されている寄付行為にあたる疑いがあるので控えるべき、という見解をいただいた」としている。[9]。しかし朝日新聞の取材では、名刺を配り始めた直後の2010年12月には市長自らが市選挙管理委員会に照会し、当時市選管は「『割引』が公職選挙法違反(寄付行為の禁止)にあたる可能性も否定できない」と指摘していた[10]

さらに、選管幹部から指摘があった際に吉田は「注意されるまではやりたい」と発言していたことが当時の選管のメモにのこされていた。吉田は「当時のことは覚えていない」として「反省している」と述べているが、2010年から違法性を認識していたことが明らかになっている。[11]

この疑惑に関して「横須賀市民オンブズマン」の市民3人が吉田市長を公選法違反(寄付行為の禁止)の疑いで、横浜地検横須賀支部に告発状を提出している。[12]

3月24日には、市議会において、「名刺を配布し続けたことの道義的責任は極めて重い」として市長に対する問責決議案が賛成多数で可決された[13]5月10日には市議会においてさらに辞職勧告決議案を賛成多数で可決されているが、決議に法的拘束力はなく吉田市長は「辞職しない」と話している[14]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール吉田雄人オフィシャルサイト
  2. ^ ザ・選挙 -選挙情報- 横須賀市議会議員選挙(2007年4月26日時点のアーカイブ
  3. ^ 横須賀市長に元市議の33歳吉田氏 小泉元首相支援の現職破る. 47NEWS. 共同通信. 全国新聞ネット. (2009年6月28日)(アーカイブ)
  4. ^ 活動日記 市長就任吉田雄人オフィシャルサイト
  5. ^ “日本初“ソーシャル・インパクト・ボンド”パイロット事業” (プレスリリース), 日本財団, (2015年4月14日), http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2015/40.html 2015年6月20日閲覧。 
  6. ^ 吉田雄人 (2015年4月17日). “日本初!「ソーシャル・インパクト・ボンド」パイロット事業をスタートします!”. 吉田雄人オフィシャルサイト. 2015年6月20日閲覧。
  7. ^ “タレント上地雄輔さんの父、横須賀市長に初当選”. 読売新聞. (2017年6月26日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170626-OYT1T50002.html 2017年6月26日閲覧。 
  8. ^ “初登庁の横須賀市長があいさつ「太陽のように心温かい市長に”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年7月10日). オリジナル2009年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090714122354/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090710/stt0907101244005-n1.htm 
  9. ^ http://yuto.net/?p=3816
  10. ^ 横須賀市長名刺に「観光船1割引き」指摘受け使用中止
  11. ^ http://www.asahi.com/articles/ASK30444GK30ULOB00C.html 朝日新聞 4月1日
  12. ^ 神奈川新聞 3/29
  13. ^ 名刺の裏面は渡船料1割引き 「名刺割引」問題で横須賀市長に問責決議 産経新聞 (2017年3月25日) 2017年5月27日閲覧。
  14. ^ 市長に辞職勧告決議 名刺問題で横須賀市議会 東京新聞 2017年5月11日

外部リンク[編集]


先代:
蒲谷亮一
Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 神奈川県横須賀市長
第35代:2009年 - 2017年
次代:
上地克明