吉田雄人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
吉田雄人
よしだ ゆうと
吉田雄人顔写真.jpg
横須賀市長 吉田雄人
生年月日 (1975-12-03) 1975年12月3日(41歳)
出生地 東京都北区
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
早稲田大学大学院政治学研究科修士課程
前職 横須賀市議会議員
現職 横須賀市長
所属政党 無所属
称号 政治学修士(早稲田大学)
学士(早稲田大学)
公式サイト 吉田雄人オフィシャルサイト

当選回数 2回
在任期間 2009年7月10日 - 現職

当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2009年3月
テンプレートを表示

吉田 雄人(よしだ ゆうと、1975年昭和50年)12月3日 - )は、日本政治家神奈川県横須賀市長(2期)。元横須賀市議会議員(2期)。

来歴[編集]

東京都北区生まれ。神奈川県立横須賀高等学校卒業。1999年(平成11年)3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。早大在学中は雄弁会に所属していた。同年7月、アクセンチュア株式会社に入社。2002年(平成14年)、同社を退職。2006年(平成18年)、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了。大学院では地方自治を専攻した[1]

2003年(平成15年)4月27日執行の横須賀市議会議員選挙に無所属で出馬。当時最年少(27歳)でトップ当選した。2007年(平成19年)4月、再びトップで再選し、全国一の得票数11,442票(政令市を除く市町村の統一地方選挙)を記録した[2]

2009年(平成21年)3月、横須賀市長選挙に出馬する意向を表明し、横須賀市議会議員を辞職。

同年6月28日執行の横須賀市長選には、特定政党の推薦や支持を受けずに無所属で出馬。自民公明民主3党の推薦に加え、横須賀市を含む神奈川県第11区選出の小泉純一郎元首相の支援も受けて出馬した現職の蒲谷亮一横須賀市長、および弁護士の呉東正彦らを破り、初当選した[3]。得票数は、吉田:68,628票、蒲谷:64,147票、呉東:23,134票。投票率は、45.22%。同年7月10日、市長に就任[4]

2013年(平成25年)6月30日に執行された横須賀市長選には一期目と同じく特定の政党や支持団体もなく草の根の個人の支持の輪の元、無所属で出馬。自ら選対本部長に就任し“ベタ張り”となって小泉進次郎が応援した前副市長の広川聡美(自民・公明推薦)を相手に得票数87,185票(広川76,961票、岸牧子8,121票 投票率50.72%)を獲得し、二期目の当選を果たした。

2015年日本財団とともに日本初のソーシャルインパクトボンド事業を実施、横須賀市での特別養子縁組の推進の取り組みを開始する[5][6]

人物[編集]

  • 横須賀市長として初登庁した2009年(平成21年)7月10日、横須賀市職員らに対し「職員の尻ぬぐいができる市長に、太陽のように温かい心を持った市長に、厳しい批判にも山のようにどっしりと構えて誠実に対応していけるような市長になりたい」と挨拶した[7]
  • 公式サイトで、日本で3例目のカード決済によるネット献金(PayPalを利用)を導入した[8][要出典]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


先代:
蒲谷亮一
Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 神奈川県横須賀市長
第35代:2009年 -
次代:
現職