横山和生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横山和生
Kazuo-Yokoyama20120204.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1993-03-23) 1993年3月23日(25歳)
身長 167.2cm
体重 43kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎 勢司和浩→フリー
初免許年 2011年
免許区分 平地・障害[1]
テンプレートを表示

横山 和生(よこやま かずお、1993年3月23日-)は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手茨城県出身。美浦トレーニングセンター所属で現在はフリー[2]

人物[編集]

父はJRA騎手の横山典弘、弟はJRA騎手の横山武史、伯父はJRA競馬学校教官の横山賀一、義理の叔父はJRA調教師菊沢隆徳、祖父は元JRA騎手の横山富雄、伯祖父は元JRA調教師奥平真治である。

幼いころから父の典弘を見て競馬騎手を目指し、中学卒業後に競馬学校に入学。競馬学校騎手課程第27期生として2011年デビュー、1954年のJRA発足後初の親子3代で騎手デビューとなった[3]。同期には嶋田純次杉原誠人らがいる。

初騎乗は2011年3月5日の2回中山3日目第1競走でディアアルジャンに騎乗して15着。同日父である典弘との初対決も直後の第2競走でさっそく実現し、このときは和生がゴールデンファストに騎乗して6着、父の典弘はパヤドールに騎乗して3着となり、初の親子対決は典弘が先着した[4][5][6]

初勝利は同年4月30日の第1回新潟3日目第7競走のローレルカンタータで達成した[7]

目指す騎手は武豊。「一鞍一鞍を大切にし、最後まであきらめない騎手になりたい」を目標とし、新人賞を狙うと言う抱負も述べている。

騎手成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2011年3月5日 2回中山3日1R 3歳未勝利 ディアアルジャン 16頭 10 15着
初勝利 2011年4月30日 1回新潟3日7R 4歳上500万下 ローレルカンタータ 15頭 3 1着
重賞初騎乗 2012年8月19日 2回札幌2日11R 札幌記念 ネヴァブション 14頭 14 12着
GI初騎乗 2014年4月13日 2回阪神6日11R 桜花賞 フクノドリーム 18頭 18 15着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2011年 4 6 6 194 .021 .052 .082
2012年 12 9 13 311 .039 .068 .109
2013年 39 25 38 610 .064 .105 .167
2014年 12 20 22 480 .025 .067 .113
中央 67 60 79 1595 .042 .080 .129
地方 1 0 1 6 .167 .167 .333

(2015年1月2日現在 JRA騎手名鑑より)

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献・出典[編集]

関連項目[編集]