高橋節雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 節雄(たかはし よしお[1]1878年明治11年)2月3日[2]1971年昭和46年)4月1日[2])は、大日本帝国海軍軍人。最終階級は海軍少将島根県松江市長神奈川県横須賀市長。

経歴[編集]

島根県出身[1]1898年(明治31年)に海軍兵学校を卒業し、海軍少将に昇進[1]

予備役編入後は松江市長を経て、1930年(昭和5年)9月、横須賀市長に就任した[3]。就任後は赤字整理を提案し、1932年(昭和7年)2月には「市営住宅及び住宅資金滞納整理並びに稲楠交換土地処分案」を全会一致で樹立し、財政大変革を進めた[3]

しかし、世界的な海軍軍縮の流れを受け、市の財政はさらなる困窮を極め、市政界は混乱し、政友会と民政党などの確執が表面化した[3]。ついに1932年(昭和7年)3月、政友会議員らは市長不信任の決議案を提出、賛成多数で可決されたため、間もなく病を理由に市長を辞職した[3]

その他、海軍協会理事を務めた[1]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 述『非常時海軍と太平洋』積文館書店、1934年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 人事興信録 1943.
  2. ^ a b 日本海軍将官辞典 2000.
  3. ^ a b c d 歴代知事編纂会 1983, 1056頁.
  4. ^ 『官報』第4989号「叙任及辞令」1900年2月21日。
  5. ^ 『官報』第5539号「叙任及辞令」1901年12月18日。
  6. ^ 『官報』第7899号「叙任及辞令」1909年10月21日。
  7. ^ 『官報』第684号「叙任及辞令」1914年11月11日。
  8. ^ 『官報』第3423号「叙任及辞令」1924年1月23日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下巻』人事興信所、1943年。
  • 歴代知事編纂会 編集 『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』 第1巻 歴代知事編纂会、1983年。 
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。