熊野英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊野英

熊野 英(くまの えい、1889年明治22年)8月[1] - 1963年昭和38年)2月3日[2])は、日本の内務官僚政治家。官選群馬県知事松江市長。旧姓・石倉。

経歴[編集]

島根県出身。石倉家に生まれ、熊野家の養子となる[1]松江中学校を経て、第一高等学校を卒業。1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1914年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。1915年内務省に入省し鹿児島県属となる[3][4]

以後、鹿児島県警視、同県日置郡長、同薩摩郡長、同県理事官和歌山県理事官、同農林課長、同地方課長、帝都復興院書記官復興局書記官・整地部庶務課長、同用地課長、愛知県書記官・学務部長、大阪府書記官・学務部長、岐阜県書記官・内務部長、三重県書記官・総務部長などを歴任[1][3]

1939年4月、群馬県知事に就任[5]1940年8月6日、依願免本官となり退官した[4][6]。その後、大政翼賛会中央協力会議員、産業組合中央会常務理事を務めた[1][3]

戦後、松江市長を1945年9月から1947年4月まで務め、第1回公選島根県知事選挙に出馬のため辞職した[7]。その後、公職追放となる[8]1951年4月、松江市長に当選し市長を三期務めて、死去するまで在任した[3][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『人事興信録』第13版 上、ク47頁。
  2. ^ 『昭和物故人名録 : 昭和元年~54年』183頁。
  3. ^ a b c d 『群馬県人名大事典』176頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』207頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』297頁。
  6. ^ 『官報』第4076号、昭和15年8月7日。
  7. ^ 『日本の歴代市長』第3巻、253頁。
  8. ^ 公職追放の該当事項は「産業組合中央会常務理事」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、295頁。NDLJP:1276156 
  9. ^ 『日本の歴代市長』第3巻、254頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『昭和物故人名録 : 昭和元年~54年』日外アソシエーツ、1983年。
  • 『群馬県人名大事典』上毛新聞社、1982年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 上、1941年。