南部光臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南部光臣

南部 光臣(なんぶ みつおみ、1865年3月22日(元治2年2月25日)- 1931年昭和6年)7月3日[1])は、日本の内務官僚政治家華族。官選群馬県知事貴族院男爵議員宮中顧問官。旧名・烏丸千佳之二[2]

経歴[編集]

山城国京都烏丸通中立売(現京都市上京区)出身[2]公家烏丸光徳の三男として生まれ、男爵南部甕男の養子となる[1]

1892年7月、帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業[2][3]。同年12月、内務省に入省し内務省試補・土木局勤務となる[4]

1893年11月、香川県参事官に就任。以後、第四回内国勧業博覧会事務委員、兼内務省第二課長、内務書記官・土木局勤務、土木局長事務取扱、同局治水課長などを歴任し、1903年1月、内務省土木局長に就任。1904年6月、休職となり、1906年6月、休職満期で退官した[2]

1907年11月、群馬県知事に登用された。勢多農林学校の設立など、教育の振興などに尽力[3][5]1908年8月24日、知事を休職となる[2]

1910年8月、宮内省御用掛・帝室林野管理局勤務となる。以後、同局主事、同局長官事務取扱、同局長官、大礼使参与官、梨本宮宮務監督、宮内参事官、同省大臣官房調査課長事務取扱などを歴任[2]

1923年4月、宮中顧問官に就任。同年8月、養父が死去し、同年10月20日、男爵を襲爵[2]1925年5月、貴族院男爵議員に選出され、公正会に所属し死去するまで在任した[6]

親族[編集]

  • 妻 南部幸子(さきこ、養父の長女)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』下巻、297頁。
  2. ^ a b c d e f g 「故宮中顧問官男爵南部光臣勲章加授ノ件」
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』289頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』155頁。
  5. ^ 『群馬県人名大事典』396頁。
  6. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』80-81頁。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
南部甕男
男爵
南部(甕男)家第2代
1923年 - 1931年
次代:
南部健夫