横須賀リサーチパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ R&Dセンタ
富士通研究センター
NEC YRP技術センター
パナソニック モバイルコミュニケーションズ研究センター
NTT横須賀研究開発センタ

横須賀リサーチパーク(よこすかリサーチパーク、英語: Yokosuka Research Park, YRP)とは、神奈川県横須賀市光の丘に建設された、電波情報通信技術を中心としたICT技術の研究開発拠点[1]である。

元々この地には電電公社の研究所(現・NTT横須賀研究開発センタ)があり、それに隣接する形で横須賀リサーチパークが整備された。「光の丘」という地名は、電波情報通信からイメージして新たにつけられたものである

最寄り駅は当園の名前が付いているYRP野比駅である。ちなみに、元々は『野比駅』であったが、この施設が開設されたことで改称された。

沿革[編集]

  • 1987年6月 横須賀リサーチパーク構想推進連絡会設立
  • 1994年3月 基盤整備事業に着手
  • 1997年10月 YRPセンター1番館・2番館、生活支援棟オープン

主な進出企業・機関[編集]

主な施設[編集]

  • YRPセンター1番館・2番館・3番館
  • YRPベンチャー棟
  • YRP5番館
  • NTT横須賀研究開発センタ
  • NTT DoCoMo R&Dセンタ
  • 矢崎総業 技術研究所
  • ニフコ 技術開発センター
  • NEC YRP技術センター
  • ローズテリア1・ローズテリア2 (カフェテリア)
  • 単身者寮
  • ホテルYRP

交通[編集]

バス[編集]

自動車[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ {http://www.yrp.co.jp/outline/aboutyrp.html 横須賀リサーチパークの概要]

外部リンク[編集]