神奈川運輸支局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神奈川運輸支局(かながわうんゆしきょく)は、国土交通省地方支分部局である運輸支局のひとつで、関東運輸局の出先機関である。関東運輸局の業務のうち、神奈川県における陸事部門の業務のみを担当する。

所在地[編集]

自動車登録管轄区域[編集]

地図 ナンバープレート 14000.svg

神奈川運輸支局[編集]

川崎自動車検査登録事務所[編集]

  • 神奈川県川崎市
    • 交付されるナンバープレートは「川崎」ナンバーになる。
    • 1964年から1980年までは「横浜」ナンバーの区域であった。
    • 川崎ナンバーはご当地ナンバーを除くと、大阪市のみを管轄する「なにわ」ナンバーと並び、一つの自治体のみを管轄しているナンバーである。

相模自動車検査登録事務所[編集]

湘南自動車検査登録事務所[編集]

ご当地ナンバー[編集]

2020年1月現在、神奈川運輸支局管内にはご当地ナンバーが存在しない。過去に横須賀市の上地克明市長が主導し、ご当地ナンバー「横須賀ナンバー」の導入を目指して図案デザインまで試作し、2017年9月から10月にかけて市民アンケートを行ったが、約2000人が回答して賛成46%、反対37%と意見が割れ「横浜ナンバーのままでいい」など反対意見も多かったため実現しなかった例がある[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 「湘南自動車検査登録事務所 10月31日に業務開始」平塚市「広報ひらつか」1994年10月15日号
  2. ^ 「横須賀」より「横浜」のままで ご当地ナンバー見送り 日本経済新聞、2017年11月15日
  3. ^ ご当地ナンバー「横須賀」より「横浜」で 導入見送り 毎日新聞、2017年11月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]