中野正康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野 正康
なかの まさやす
生年月日 1967年1月??
出生地 愛知県一宮市
出身校 東京大学法学部
所属政党日本維新の会→)
無所属
公式サイト 中野まさやす(一宮市長)

当選回数 2回
在任期間 2015年2月3日 - 現職
テンプレートを表示

中野 正康(なかの まさやす、1967年1月 - )は、日本政治家官僚愛知県一宮市長(2期)。

人物[編集]

愛知県一宮市出身。一宮市立朝日東小学校一宮市立尾西第二中学校愛知県立千種高等学校東京大学法学部行政法小早川ゼミ[1])卒業[2]

少年時代はサッカーに明け暮れ、愛知県立千種高等学校時代はサッカー部で「週に6日の朝練に励み、チームの役に立ちたい」と頑張ったと語る[3]。一方では東京大学時代に仲間とパンク・ロックのコピーバンドを組んでいたこともある[4]

1990年、大学卒業と共に郵政省へ入省。郵政省時代には放送行政局にてメディア関連の業務に携わる[5][6]。その後南カリフォルニア大学への留学を経て1996年から1年間、新潟県村上市村上郵便局局長を務める[6]

2005年から2008年まで外務省への省庁派遣を受け、欧州連合日本政府代表部書記官としてブリュッセルベルギー)に駐在[6]。日本帰朝後は2008年に総務省情報通信国際戦略局多国間経済室室長[7]、2009年から総務省情報流通行政局情報セキュリティ対策室室長などを務めた[8][6]

2012年、総務省を退官。同年の第46回衆議院議員総選挙にて地元の愛知県第9区日本維新の会公認で出馬するも、自由民主党長坂康正に敗れて落選した[9]

2015年、谷一夫が引退したことに伴う一宮市長選挙(2015年2月1日執行)に出馬し、40,752票を獲得して初当選を果たす[10]。同年2月3日に当選証書交付を得て正式に第9代一宮市長に就任した[11]

2019年1月13日執行の一宮市長選挙に再選を目指して出馬し、日本共産党推薦の新人に圧勝して二度目の当選を果たした。投票率は27.35%で、過去最低を記録した[12]

政策・主張(2012年衆院選時)[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]