加藤修平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 修平
かとう しゅうへい
生年月日 (1949-01-28) 1949年1月28日(72歳)
出身校 日本大学法学部
所属政党 無所属
公式サイト 南足柄市長 加藤修平 公式ホームページ

当選回数 3回
在任期間 2011年4月30日 - 現職
テンプレートを表示

加藤 修平(かとう しゅうへい、1949年1月28日 - )は、日本政治家神奈川県南足柄市長(3期)。

来歴[編集]

神奈川県立小田原高等学校卒業。日本大学法学部卒業後の1973年(昭和48年)4月、南足柄市役所に採用される。市役所では秘書課長、福祉健康部長、議会事務局長などを歴任した[1]

2009年度(平成21年度)の南足柄自治会長連絡協議会会長を務めた。

2011年(平成23年)4月30日、南足柄市長就任[2]。落選を含めた選挙の結果は以下のとおり。

南足柄市長選挙[編集]

2007年(平成19年)
落選。現職の沢長生との一騎討ちの選挙であった。沢はこれにより2期目の当選を果たした(沢:14,151票、加藤:10,777票)[3]。投票率は71.17%。
2011年(平成23年)
当選。加藤は、沢市長が打ち出した小田原市との合併策に「吸収合併になる」と正面から反対し出馬。現職の沢、元小田原市職員の杉本健二、元市議の滝本妙子ら3候補を相手に戦い初当選(加藤:10,306票、沢:9,686票、杉本:1,670票、滝本:1,618票)[4]。投票率は65.74%。
2015年(平成27年)
当選。元市職員の鎌田雅博を破り再選。なお鎌田の選挙陣営には、前回の選挙で敗れた沢長生と杉本健二がそれぞれ後援会長と事務局長に就任し、代理戦争の様相になった(加藤:11,744票、鎌田:9,550票)[5]。投票率は60.93%。
2019年(平成31年)
当選。元市議の星崎健次[6]らを破り3選。

市政[編集]

  • 2021年6月22日、南足柄市と大井町は、性的少数者(LGBTなど)の同性カップルが婚姻と同等の扱いを受けられる「パートナーシップ宣誓制度」に関し、2市町間の転居時に同制度を継続できる相互利用協定を結んだ。制度は同年7月1日に開始された[7][8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]