佐藤健司 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 健司
さとう けんじ
生年月日 (1973-03-24) 1973年3月24日(47歳)
出生地 日本の旗 愛知県岩倉市[1]
出身校 同志社大学法学部法律学科
前職 日本放送協会(NHK)記者
所属政党無所属→)
自由民主党→)
無所属
公式サイト さとう健司 公式ホームページ

Flag of Otsu, Shiga.svg 第24代大津市長
当選回数 1回
在任期間 2020年1月25日 - 現職

選挙区 大津市選挙区
当選回数 3回
在任期間 2011年4月30日 - 2020年1月

当選回数 2回
在任期間 2004年1月 - 2011年4月
テンプレートを表示

佐藤 健司(さとう けんじ、1973年(昭和48年)3月24日 - )は、日本の政治家滋賀県大津市長(1期)。元滋賀県議会議員(3期)、元大津市議会議員(2期)。

来歴[編集]

愛知県岩倉市出身。1996年3月、同志社大学法学部法律学科を卒業[2]。同年4月、日本放送協会(NHK)に記者として入局。

2004年、大津市議会議員補欠選挙に立候補し初当選。2007年の市議会議員選挙で再選。2010年5月から翌年3月まで市議会副議長を務める。

2011年、滋賀県議会議員選挙に無所属で立候補し初当選。2015年の同選挙で自由民主党公認で立候補し再選。2019年の同選挙で3選。

2019年8月末、大津市議会の二つの最大会派「湖誠会」「新和会」所属の自民党などの市議20人が佐藤に、翌年の大津市長選挙への立候補を要請。同年9月4日には立候補する意向を固めたことが明らかとなった[1]。10月15日、正式に出馬表明を行う[3]

2020年1月19日投開票の同選挙で、現職の越直美の後継候補として立候補した元市役所職員の小西元昭を破り初当選[4]。1月25日、市長就任。

※当日有権者数:280,534人 最終投票率:39.77%(前回比:-8.2%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐藤健司46無所属62,290票56.68%(支持)自由民主党滋賀県連・連合滋賀
小西元昭50無所属47,606票43.32%(推薦)チームしが
(支援)立憲民主党滋賀県連・国民民主党滋賀県連

政治活動・市政[編集]

  • 2014年12月、大津市の産廃業者A社は佐藤が支部長を務める政治団体「自民党瀬田東支部」に24万円を寄付した。佐藤はもともとあった約14万円との合計214万円を翌2015年に繰り越した。同支部は同年4月3日の県議選告示日に150万円を佐藤に寄付。この間、同支部への寄付は市内の建設会社からの24万円のみで、佐藤に渡った150万円の大半の原資はA社の寄付金だった。A社の寄付は、佐藤が県議選に初当選した2011年から2017年までの間、2014年のみだったため選挙資金として寄付された可能性が高いとされた。専門家は「迂回献金」だと指摘している[5][6]
  • 大津市長選挙からわずか1か月前の2019年12月7日、市内のホテルで政治資金パーティーを開いた。パーティー券は1枚1万円。市内の建設会社や不動産会社、一般市民らで会場は埋め尽くされた。市長初当選後、地元新聞社が佐藤に「政治資金パーティーには市の指名業者が多く見られたが、業者との癒着に発展しないか」と質問すると、佐藤は「政治資金規正法上、政治資金パーティーは政治団体が行う対価を徴収して行われる催しであり寄付に当たらないし、政治団体の目的・主張に賛同してパーティー券を購入してもらっており業者との癒着の指摘は当たらない」と文書で回答した[7]
  • 2020年2月21日、市長の給与のカット率を従来の3割から1割に変更する条例案を市議会に提出[8]。変更議案は3月27日に可決され、同年4月に発効した。前市長の越直美は市の厳しい財政状況を背景に2016年度から給与の3割カットを続けて来ており、新型コロナウイルスの感染拡大で経済への影響が懸念される中、佐藤が自身の給与を年300万円前後引き上げる議案を提出したことは注目を浴びた[9]
  • 2020年3月30日、新年度当初予算からいじめ対策の事業費約1,600万円を削減したことについて「実績を踏まえた判断」と説明した。削減をめぐっては、2011年にいじめを受けて自殺した市立中学校2年の男子生徒の遺族が3月26日、越の施策からの転換の検証などを求める意見書を佐藤に提出した[10]
  • 2020年4月21日、市職員11人が新型コロナウイルスに感染しクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、佐藤は大津市役所本庁舎を4月25日から5月6日まで全面閉鎖することを決めた[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “大津市長選、佐藤健司氏が出馬へ 元NHK記者の滋賀県議”. 京都新聞. (2019年9月4日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/23096 2020年2月9日閲覧。 
  2. ^ さとう健司プロフィール | 滋賀県議会議員 さとう健司 公式ホームページ
  3. ^ “大津市長選 自民県議・佐藤氏が出馬表明 「市民主役の市政に」 /滋賀”. 毎日新聞. (2019年10月16日). https://mainichi.jp/articles/20191016/ddl/k25/010/398000c 2020年4月20日閲覧。 
  4. ^ “大津市長に佐藤健司氏が初当選 自民支援、越市政路線を転換へ”. 京都新聞. (2020年1月20日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/130976 2020年4月21日閲覧。 
  5. ^ “自民県議が「迂回献金」か 大津市長選に出馬表明の佐藤氏”. 京都新聞. (2019年12月5日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/92815 2020年4月22日閲覧。 
  6. ^ 石川政実 (2020年3月19日). “謎だらけの大津市長選に迫る(7)産廃業者の巨額献金に唐突感!?”. 滋賀報知新聞. http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0031370 2020年4月22日閲覧。 
  7. ^ 石川政実 (2020年3月26日). “謎だらけの大津市長選に迫る(8) =政経パーティーの光と影=”. 滋賀報知新聞. http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0031414 2020年4月21日閲覧。 
  8. ^ 令和2年1月~3月/大津市
  9. ^ “佐藤・大津市長、給与を事実上「引き上げ」 厳しい財政状況なのになぜ? 説明なく”. 毎日新聞. (2020年3月27日). https://mainichi.jp/articles/20200326/k00/00m/040/334000c 2020年4月21日閲覧。 
  10. ^ 新谷千布美 (2020年3月31日). “滋賀)大津、いじめ対策費を削減 市長「虐待も対応を」”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN3Z7HXQN3ZPTJB00B.html 2020年4月21日閲覧。 
  11. ^ “クラスター発生、大津市役所の本庁舎全面閉鎖へ 25日から”. 京都新聞. (2020年4月21日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/226974 2020年4月21日閲覧。 

外部リンク[編集]