富岡賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富岡 賢治
とみおか けんじ
生年月日 (1946-08-20) 1946年8月20日(73歳)
出生地 群馬県高崎市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員文部省
群馬県立女子大学
所属政党 無所属
公式サイト 富岡賢治 ホームページ

当選回数 3回
在任期間 2011年5月2日 - 現職
テンプレートを表示

富岡 賢治(とみおか けんじ、1946年8月20日 - )は、日本政治家文部官僚。群馬県高崎市長(3期)。

国立教育研究所所長、日本国際教育協会理事長、群馬県立女子大学学長等を歴任した。

来歴[編集]

群馬県高崎市生まれ。群馬県立高崎高等学校、東京大学法学部卒業。1969年、大学を卒業し文部省(現文部科学省)に入省した。1981年外務省へ出向し、駐フランス日本大使館で一等書記官を務める。1996年より文部省総務審議官1998年より文部省生涯学習局長。2000年国立教育研究所所長に就任。2001年から財団法人日本国際教育協会理事長を務める。2003年群馬県立女子大学学長に就任し、2010年8月まで務める[1]

2010年10月、翌年に実施される高崎市長選挙に無所属で出馬する意向を表明した。同年12月、現職の松浦幸雄高崎市長が7選を目指さず、6期で退任する意向を表明。

2011年4月24日、第17回統一地方選挙における高崎市長選は富岡を含む新人4人で争われ、富岡が高崎市長に当選した[2]5月2日、第30代高崎市長に就任[1]

※当日有権者数:人 最終投票率:58.21%(前回比:-2.28%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
富岡賢治64無所属56,300票33.81%
松本基志51無所属52,829票31.73%
中島篤56無所属50,440票30.29%
寺田昌弘42無所属6,931票4.16%

2015年4月、再選。2019年4月、無投票で3選。

市政・人物[編集]

  • 2015年5月28日、北谷遺跡の土地を市が5年程度かけて買収を進めていくことを発表した。遺跡をより確実に保全するために市有化を決めたという。買収費用のうち国が80%、県が6%を補助する[3]
  • 老朽化した群馬音楽センターに替わるホールとして、高崎駅東口に高崎芸術劇場を建設した(2019年9月20日オープン)[4]
  • 2019年11月18日、官製談合防止法違反などの疑いで市役所課長A、ラジオ高崎社長で高崎芸術劇場館長の菅田明則、市内の電気工事会社社長Bら3人が逮捕された。同年1月頃、高崎市が発注した高橋芸術劇場の備品購入の指名競争入札に関し、Aが入札予定価格5800万円(税抜き)を菅田に漏らし、1月24日に実施された指名競争入札でBの会社は5680万円で落札した[5][6]。同年11月27日、群馬県選挙管理委員会は前年分の政治資金収支報告書を公表。富岡の後援会「富岡賢治後援会」の政治資金収支報告書から、同後援会が同年1月19日開催の「新しい高崎 新春の集い2019」[7]で、菅田が社長を務めていたラジオ高崎に映像製作代として397万8千円を支払っていたことが明らかになった。また、後援会は、菅田が起業し、かつて社長を務めていたグラスロード社にもパンフレット、チケットの制作代として計約43万7千円を支払っていた[8][9]
    菅田は高橋芸術劇場を運営する高崎財団副理事長、高崎観光協会副理事長も務めていた。Aは高橋芸術劇場副館長、Bは高崎商工会議所副会頭と高崎観光協会理事長を務め、3者いずれも要職を兼ねていたことから、市内各方面に大きな混乱が生じた[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]