桐ケ谷覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桐ケ谷 覚
きりがや さとる
生年月日 (1949-03-24) 1949年3月24日(72歳)
出生地 秋田県大館市
出身校 立教大学経済学部経済学科
所属政党 無所属
称号 経済学士(立教大学)
公式サイト 逗子のチャンス。 桐ヶ谷さとる 公式サイト

当選回数 1回
在任期間 2018年12月25日 - 現職
テンプレートを表示

桐ケ谷 覚[1](きりがや さとる、1949年3月24日 - )は、日本政治家実業家神奈川県逗子市長(1期)。

来歴[編集]

秋田県大館市出身[2]。親は食料品の問屋を営んでいた。立教大学経済学部経済学科在学中に現在の妻と知り合う。妻との出会いがきっかけで1882年(明治15年)創業の工務店、桐ヶ谷材木店を継ぐことになる。大学を卒業した1972年(昭和47年)、修業のため建材問屋に就職。1976年(昭和51年)、横須賀市の工務店に入社。また、小泉純一郎衆議院議員の選挙の応援を経験[3]

1981年(昭和56年)、桐ヶ谷材木店に入社(この年、キリガヤに社名変更)。1992年(平成4年)、キリガヤの代表取締役に就任。

2015年(平成27年)、逗子市商工会会長、逗子市観光協会会長に就任。

2018年(平成30年)春以降、任期満了に伴う逗子市長選挙への出馬を複数の関係者から打診されるが、工務店経営を優先したいと固辞する[4]。9月3日、平井竜一市長が不足する財源を捻出するために2017年(平成29年)10月に見直した163事業について、113事業を縮小し、休止していた18事業を廃止する方針を発表[5]。市が陥った財政難への強い危機感から「無投票なら、僕が出るよ」と関係者に漏らし、9月21日、市長選へ出馬する意向を表明した[6]。12月16日に実施された逗子市長選挙で現職の平井竜一を斥け初当選した。12月25日、市長就任[7]

※当日有権者数:50,152人 最終投票率:47.46%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
桐ケ谷覚69無所属13,237票56.18%
平井竜一52無所属10,326票43.82%

市政[編集]

  • 2019年(令和元年)9月25日、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ制度」を、2020年(令和2年)4月をめどに導入する方針を明らかにした[8]。同制度は同年4月1日に導入された[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
平井竜一
Flag of Zushi Kanagawa.svg神奈川県逗子市長
2018年 -
次代:
現職