鈴木恒夫 (藤沢市長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 恒夫
すずき つねお
生年月日 (1950-01-03) 1950年1月3日(70歳)
出生地 日本の旗 神奈川県藤沢市
出身校 早稲田大学教育学部
所属政党自由民主党→)
無所属

Flag of Fujisawa, Kanagawa.svg 第22・23代 藤沢市長
当選回数 3回
在任期間 2012年2月26日 - 現職

選挙区 藤沢市選挙区
当選回数 5回
在任期間 1995年4月30日 - 2012年1月

当選回数 4回
在任期間 1979年5月1日 - 1995年3月
テンプレートを表示

鈴木 恒夫(すずき つねお、1950年1月3日 - )は、日本政治家神奈川県藤沢市長(3期)。元神奈川県議会議員(5期)、元藤沢市議会議員(4期)。

来歴[編集]

神奈川県藤沢市出身。藤沢市立大道小学校藤沢市立藤ヶ岡中学校神奈川県立平塚江南高等学校卒業。中学高校時代は陸上競技部に所属し、東京オリンピック聖火リレーの随走者を経験したり[1]、110mハードルで県下1位になったという[2]。1973年(昭和48年)3月に早稲田大学教育学部を卒業後、民間企業に就職。

1979年(昭和54年)4月の藤沢市議会議員選挙で初当選。以後市議[3]を4期務める。1994年(平成6年)5月から1995年(平成7年)3月まで市議会議長[4]。同年神奈川県議会議員選挙で初当選。以後県議を5期務める。県議時代は自由民主党に所属した[5]

2012年藤沢市長選挙[編集]

海老根靖典市政下の市政混乱を鎮静化させることを公約とし、県議を辞職し2012年(平成24年)2月12日に行われた藤沢市長選挙に無所属で出馬。現職の海老根、前市議の三野由美子ら2候補を破り初当選。2月26日、市長就任[6]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:331,276人 最終投票率:35.08%(前回比:-1.17pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
鈴木恒夫62無所属51,876票45.05%
海老根靖典56無所属40,944票35.56%
三野由美子46無所属22,320票19.39%

2016年藤沢市長選挙[編集]

元県議・元藤沢市議の鈴木とも子[7]ら2候補を破り再選。投票率は30%を切った[8]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:339,296人 最終投票率:27.81%(前回比:-7.27pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
鈴木恒夫66無所属68,600.039票73.53%
鈴木とも子66無所属17,324.961票18.57%(推薦)日本共産党
田中重徳49無所属7,366票7.90%

2020年藤沢市長選挙[編集]

元衆院議員の水戸将史ら2候補を破り3選。

※当日有権者数:356,549人 最終投票率:29.27%(前回比:+1.46pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
鈴木恒夫70無所属59,314票57.38%
水戸将史57無所属25,102票24.29%
加藤なを子61無所属18,946票18.33%日本共産党推薦

市政[編集]

  • 2020年(令和2年)5月13日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の6月から9月までの月額給与を20%削減すると発表した。宮治正志、和田章義両副市長は10%、教育長は5%、それぞれ同期間削減する。同年5月20日に開かれた市議会臨時会で、6月から2021年(令和3年)3月まで議員報酬や期末手当を削減することで市議と合意した。議長は3万円、副議長は2万5千円、議員は2万円減額する。また政務活動費も同期間月額一人当たり8万円から5万円に削減する[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
海老根靖典
Flag of Fujisawa, Kanagawa.svg神奈川県藤沢市長
2012年 -
次代:
現職