松尾崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松尾 崇
まつお たかし
Matsuo Takashi 20130119 at 1192 kamakurasan kickoff meeting.jpg
松尾崇鎌倉市長。2013年1月19日に開催された「1192人のかまくらさん」初会合にて
生年月日 (1973-09-06) 1973年9月6日(48歳)[1][2]
出生地 神奈川県鎌倉市[2]
出身校 日本大学経済学部経済学科[1][2]
前職 神奈川県議会議員[1][2]
所属政党 無所属[2]
公式サイト 松尾たかし公式サイト/鎌倉市長

当選回数 4回
在任期間 2009年11月1日[1][2] - 現職

選挙区 鎌倉市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年4月30日 - 2009年

当選回数 2回
在任期間 2001年5月15日 - 2007年
テンプレートを表示

松尾 崇(まつお たかし、1973年9月6日 - )は、日本政治家神奈川県鎌倉市長(4期)。元神奈川県議会議員(1期)、元鎌倉市議会議員(2期)[1][2]

来歴[編集]

神奈川県鎌倉市生まれ。鎌倉市立西鎌倉小学校鎌倉学園中学校鎌倉学園高等学校日本大学経済学部経済学科卒業。大学在学中は小林晃(商学者)の貿易論のゼミに所属する[3]1996年日本通運入社。通関課配属。1999年、退社[1][2]2000年1月、元官僚の江田憲司の秘書となる[2]。なお江田は同年6月の第42回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。

2001年4月22日、鎌倉市議会議員選挙に出馬し、史上最年少でトップ当選を果たした。2005年、鎌倉市議再選。

2007年、市議を任期途中で辞職。同年4月8日執行の神奈川県議会議員選挙に鎌倉市選挙区(定数2)から出馬し、トップ当選。

鎌倉市長[編集]

2009年4月の鎌倉市議会議員選挙に際し、石渡徳一市長の後援会関係者が陣中見舞いとして候補者に現金を渡していたことが発覚。このため同年10月の市長選挙に向けての石渡の3選出馬が危ぶまれることとなった[4]

同年6月9日、元県議の渡辺光子が任期満了に伴う鎌倉市長選挙に立候補する意向を表明[4]。6月25日、石渡に対する辞職勧告決議案が可決[5][6]。7月25日、松尾も市長選出馬を表明した。8月30日に行われた衆院選・神奈川4区では、民主党新人の長島一由が初当選。同党を除籍され、みんなの党から出た浅尾慶一郎が比例復活で当選。自民党現職の林潤は次点で落選した。石渡は市長選不出馬の道を選んだ。

同年10月25日執行の鎌倉市長選挙に、浅尾や江田憲司などみんなの党の国会議員の支援を受けて立候補。民主党神奈川ネットワーク運動推薦、社会民主党支持の渡辺には長島がついたため、この年の市長選は長島と浅尾の「代理戦争」とも呼ばれた[7]。松尾が渡辺を大差で破り、初当選を果たした[8][9]

※当日有権者数:147,371人 最終投票率:44.60%(前回比:-2.89pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
松尾崇36無所属40,096票62.32%
渡辺光子59無所属24,244票37.68%(推薦)民主党神奈川ネットワーク運動
(支持)社会民主党

2013年10月27日執行の鎌倉市長選挙に出馬。著述業の岩田薫を破り、再選。投票率は37.40%[10][11]

2017年10月22日執行の鎌倉市長選挙で3人の新人候補者を破り3選[12]

2021年10月17日執行の鎌倉市長選挙で2人の新人候補者を破り4選[13]

市政[編集]

新型コロナウイルス対策
2020年4月16日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦しむ市内の飲食店などの中小事業者を支援するため、最大100万円を上限に家賃を補助する方針を明らかにした。総額2億円を想定する財源は事業見直しで捻出するほか、ふるさと納税や基金創設、財政調整基金取り崩しなども検討する[14]
同年6月10日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の12月期末手当を全額カットする条例案を市議会定例会に提出した。副市長については50%、教育長については30%減額する。削減額は計約480万円[15]
憲法記念日講演会の講師拒否問題
鎌倉市では毎年5月3日、市と、公募市民で構成される鎌倉平和推進実行委員会の主催によるイベント「憲法記念日のつどい」が開かれていた。2017年のイベントが順調に開催されたあとの同年12月、実行委員会は講師の選定を始め、憲法学者の木村草太首都大学東京(現・東京都立大学)教授を含む3人を候補に挙げた。ところが2018年1月、市は「政治的要素が見られる」と難色を示した。委員は「全く政治性のないことはありえない」と反論し、改めて木村を1番目の候補者として5人を提案したが、市は拒否。この直後、市はイベントの運営主体を「主催:鎌倉市、企画運営:実行委員会」に変えた。この年の「憲法記念日のつどい」は映画監督の金高謙二が務めた[16]。さらに市は実行委員会に相談せずに、2019年度から名称を「憲法記念日のつどい」から「平和のつどい」に変更。実行委員会の批判を受けて謝罪する出来事もあった。2020年11月、市は新型コロナウイルスの影響でイベント開催が難しいことや財政難を理由に、翌年度に実行委員の公募を休止すると委員に告げた。元委員は「コロナは休止の理由になっていない」と指摘。公募を続けるよう求めて市議会に請願を提出し、2021年2月、継続審査になった[17]
2021年4月30日、東京新聞は以上の経緯を報道。市は同紙の取材に「憲法記念日のつどいで憲法学者が講演すると憲法9条にも言及する懸念があり、木村氏の講演は遠慮願いたいと実行委員会に伝えた」と話した[18]
市の対応に対し、識者は「市民の活発な議論を下支えすることは行政の中立性を損なわない。鎌倉市の判断は民主主義に逆行している」と批判。委員の一人は「いろいろな考えがある中、平和のためにみんなで話し合ってやってきた。政治を持ち込んだのは市だ」と憤りの声を上げた[18]
その他
  • 2012年2月24日、鎌倉市は、鎌倉市長選、鎌倉市議選の同日選挙を目指し、埼玉県所沢市と共同で構造改革特区制度の規制改革案を政府に提出した。しかし同年8月22日、総務省から「対応不可」との返答が来た[19][20]
  • 性的少数者(LGBTなど)の同性カップルが婚姻と同等の扱いを受けられる「パートナーシップ宣誓制度」を2019年12月4日から実施した[21]

人物[編集]

2015年5月10日の大船仮装パレードにフーテンの寅さんに扮して参加した松尾崇鎌倉市長

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 市長プロフィール”. 鎌倉市役所 (2014年2月13日). 2016年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 鎌倉市長松尾たかしプロフィール”. 松尾たかし (2013年10月). 2016年12月16日閲覧。
  3. ^ 第31回 世界に誇れる持続的なまち「鎌倉」を目指します 日本大学校友会神奈川県支部
  4. ^ a b “鎌倉市長選に渡辺氏が立候補表明”. 神奈川新聞. (2009年6月9日). https://www.kanaloco.jp/news/government/entry-120917.html 2021年8月27日閲覧。 
  5. ^ “市長の辞職勧告決議案を提出へ/鎌倉市議会”. 神奈川新聞. (2009年6月22日). https://www.kanaloco.jp/news/government/entry-121299.html 2021年8月27日閲覧。 
  6. ^ “石渡德一市長の辞職勧告決議を可決”. 日本共産党鎌倉市議団. (2009年6月29日). http://www.jcp-kamakura.jp/archives/225 2021年8月27日閲覧。 
  7. ^ “浅尾氏VS長島氏、因縁終わらず?/鎌倉市長選”. 神奈川新聞. (2009年10月27日). https://www.kanaloco.jp/news/government/entry-125266.html 2021年8月27日閲覧。 
  8. ^ 鎌倉市長選、松尾氏が初当選”. 神奈川新聞 (2009年10月25日). 2016年12月16日閲覧。
  9. ^ 鎌倉市長選挙 - 2009年10月25日投票 | 神奈川県鎌倉市 | 選挙ドットコム
  10. ^ “鎌倉市長に松尾氏再選(※リンク切れ)”. 読売新聞. (2013年10月28日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20131028-OYT8T00098.htm 2013年10月30日閲覧。 
  11. ^ 鎌倉市長に松尾氏再選”. 日本経済新聞 (2013年10月28日). 2016年12月16日閲覧。
  12. ^ “鎌倉市長選 松尾氏が圧勝で3選 投票率は60・12%”. タウンニュース. (2017年10月27日). https://www.townnews.co.jp/0602/2017/10/27/404837.html 2020年6月8日閲覧。 
  13. ^ “鎌倉市長選で現職の松尾氏が4選 新人2人を破る”. 神奈川新聞. (2021年10月17日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-715378.html 2021年10月19日閲覧。 
  14. ^ “鎌倉市が独自の家賃補助へ 飲食店などに最大100万円”. 神奈川新聞. (2020年4月16日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-331040.html 2020年4月21日閲覧。 
  15. ^ “市長や市議など 期末手当を削減 鎌倉”. 神奈川新聞. (2020年6月8日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-375230.html 2020年6月8日閲覧。 
  16. ^ “憲法記念日に平和を考える”. タウンニュース. (2018年4月20日). https://www.townnews.co.jp/0602/2018/04/20/428925.html 2021年5月1日閲覧。 
  17. ^ 石原真樹 (2021年4月30日). “憲法記念日の講演・木村草太さんを2度提案も…「拒まれて驚いた」と鎌倉市の実行委経験者”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/101300 2021年5月1日閲覧。 
  18. ^ a b 石原真樹 (2021年4月30日). “【独自】憲法記念日の講演に憲法学者・木村草太さんの起用NG 鎌倉市が「9条に言及する懸念」で拒否”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/101258 2021年5月1日閲覧。 
  19. ^ 市議選と市長選を同日に行うことを可能にし、経費の削減を目指します 所沢市ホームページ
  20. ^ 特区規制改革提案が再び却下、市議選と市長選の同日選困難に/鎌倉市”. 神奈川新聞 (2012年8月29日). 2016年12月16日閲覧。
  21. ^ 鎌倉市「パートナー制度」開始 市営住宅「家族向け」申請可能に” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2019年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]