松尾崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松尾 崇
まつお たかし
Matsuo Takashi 20130119 at 1192 kamakurasan kickoff meeting.jpg
松尾崇鎌倉市長。2013年1月19日に開催された「1192人のかまくらさん」初会合にて
生年月日 (1973-09-06) 1973年9月6日(45歳)[1][2]
出生地 神奈川県鎌倉市[2]
出身校 日本大学経済学部経済学科[1][2]
前職 神奈川県議会議員[1][2]
所属政党 無所属[2]
公式サイト 松尾たかし公式サイト/鎌倉市長

当選回数 3回
在任期間 2009年11月[1][2] - 現職

選挙区 鎌倉市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年4月 - 2009年

当選回数 2回
在任期間 2001年4月 - 2007年
テンプレートを表示

松尾 崇(まつお たかし、1973年9月6日 - )は、日本政治家神奈川県鎌倉市長(第21代)。神奈川県議会議員(1期)、鎌倉市議会議員(2期)を務めた[1][2]

来歴[編集]

神奈川県鎌倉市生まれ。鎌倉市立西鎌倉小学校鎌倉学園中学校鎌倉学園高等学校日本大学経済学部経済学科卒業。1996年日本通運入社。1999年、退社[1][2]2000年1月、元官僚の江田憲司の秘書となる[2]。なお江田は同年6月の第42回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。

2001年4月22日、鎌倉市議会議員選挙に出馬し、史上最年少でトップ当選を果たした。2005年、鎌倉市議再選。2007年、市議を任期途中で辞職し、同年4月8日執行の神奈川県議会議員選挙に鎌倉市選挙区(定数2)から出馬し、トップ当選。

2009年、神奈川県議会議員を任期途中で辞職し、同年10月25日執行の鎌倉市長選挙に無所属で出馬。みんなの党浅尾慶一郎衆議院議員らの支援も受け、民主党神奈川ネットワーク運動推薦、社会民主党支持の元神奈川県議会議員・渡辺光子を破り、当選を果たした。投票率は44.60%[3][4]

2013年10月27日執行の鎌倉市長選挙に出馬。著述業の岩田薫を破り、再選。投票率は37.40%[5][6]2017年10月22日執行の鎌倉市長選挙に出馬。3選。

人物[編集]

2015年5月10日の大船仮装パレードにフーテンの寅さんに扮して参加した松尾崇鎌倉市長

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 市長プロフィール”. 鎌倉市役所 (2014年2月13日). 2016年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 鎌倉市長松尾たかしプロフィール”. 松尾たかし (2013年10月). 2016年12月16日閲覧。
  3. ^ 鎌倉市長選、松尾氏が初当選”. 神奈川新聞 (2009年10月25日). 2016年12月16日閲覧。
  4. ^ ザ選挙 - 鎌倉市長選挙(2009/10/25投票)結果(※ザ選挙の「5年以上前」の候補者情報は会員限定公開となります。)
  5. ^ “鎌倉市長に松尾氏再選(※リンク切れ)”. 読売新聞. (2013年10月28日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20131028-OYT8T00098.htm 2013年10月30日閲覧。 
  6. ^ 鎌倉市長に松尾氏再選”. 日本経済新聞 (2013年10月28日). 2016年12月16日閲覧。
  7. ^ 特区規制改革提案が再び却下、市議選と市長選の同日選困難に/鎌倉市”. 神奈川新聞 (2012年8月29日). 2016年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]


先代:
石渡德一
Flag of Kamakura, Kanagawa.svg 神奈川県鎌倉市長
第21代:2009年 -
次代:
(現職)