清川村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きよかわむら
清川村
Lake Miyagase 02.jpg
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
愛甲郡
団体コード 14402-9
法人番号 5000020144029
面積 71.24 km²
総人口 3,190
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 44.8人/km²
隣接自治体 厚木市秦野市相模原市
愛甲郡愛川町足柄上郡山北町
村の木 いろはもみじ
村の花 みつばつつじ
村の鳥 うぐいす
清川村役場
所在地 243-0195
神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216番地
北緯35度28分56.5秒東経139度16分35秒
清川村役場(神奈川県).JPG
外部リンク 清川村

清川村位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
村の大部分が丹沢山地にあたる
宮ヶ瀬ダム建設によって誕生した宮ヶ瀬湖

清川村(きよかわむら)は、神奈川県の北部に位置する2016年平成28年)11月現在神奈川県唯一の村であり、県内の市町村では最も人口が少ない。

地理[編集]

村域は上向きの三角形に近い形をしており、おおむね北部が宮ヶ瀬地区(旧・宮ヶ瀬村)に、南部が煤ヶ谷地区(旧・煤ヶ谷村)に分かれている。このうち宮ヶ瀬地区には関東屈指の貯水量を誇る宮ヶ瀬ダムが存在し、ダム造成に伴って生まれた宮ヶ瀬湖ダム湖)が広がる。

宮ヶ瀬ダム建設によりその大部分が水没した宮ヶ瀬地区の住民の多くは、代替地として同村が隣接する厚木市に整備した宮の里地区に移住している(宮の里は、宮ヶ瀬の民の里という意味合いを込めて命名された)。なお隣接する同郡愛川町とは合併構想もあった。

沿革[編集]

  • 1873年明治6年) - 小学校が開校する(崇立館第四小学校(現:緑小学校)、崇立館第五小学校(現:宮ヶ瀬小学校))。
  • 1884年(明治17年) - 煤ヶ谷村宮ヶ瀬村の両村により連合戸長役場が設置される。
  • 1889年(明治22年) - 町村制施行により、煤ヶ谷村外一ヶ村組合となる。
  • 1926年大正15年・昭和元年) - 乗合バスが運行を開始する。
  • 1956年昭和31年)9月30日 - 煤ヶ谷村宮ヶ瀬村が合併し清川村となる。(合併時の人口:3,158人)
  • 1957年(昭和32年) - 清川村役場庁舎が完成する。
  • 1961年(昭和36年) - 県立煤ヶ谷診療所が開設される。
  • 1964年(昭和39年) - 簡易水道事業を開始する。
  • 1969年(昭和44年)
    • 建設省(現:国土交通省)が宮ヶ瀬ダム建設計画を発表する。
    • 宮ヶ瀬診療所を開設する。
    • 清川幼稚園を開設する。
  • 1971年(昭和46年)
    • 学校給食センターが完成する。
    • ごみ収集処理事業を開始する。
  • 1973年(昭和48年) - 清川村民憲章を制定する。
  • 1976年(昭和51年) - 清川村開発公社により、清水ヶ丘団地が完成し分譲を開始する。
  • 1981年(昭和56年) - 宮ヶ瀬ダム損失補償基準の調印式が行われる。
  • 1982年(昭和57年) - 清川村役場新庁舎および住民センターが完成する。
  • 1984年(昭和59年) - 防災行政無線が完成する。
  • 1985年(昭和60年) - 宮ヶ瀬地区住民センターおよび清川村運動公園が完成する。
  • 1986年(昭和61年) - 宮ヶ瀬ダムの建設に伴い、宮ヶ瀬小学校と宮ヶ瀬中学校の新校舎が竣工する。
  • 1990年(平成2年) - 「緑と文化の交流レクリエーションゾーン構想」を策定する。
  • 1994年(平成6年) - 2013年(平成25年)度を目標とする「新清川村総合計画」がスタートする。
  • 1995年(平成7年) - 清川村ふれあいセンターが完成する。
  • 1997年(平成9年)
    • 清川村下水浄化センターが供用を開始する。
    • 村立金沢キャンプ場および清川村交流促進センター「清流の館」が竣工する。
  • 1998年(平成10年) - 宮ヶ瀬ダム試験湛水により宮ヶ瀬湖が誕生。
  • 2000年(平成12年) - 清川村Webサイトを開設する。
  • 2001年(平成13年)
    • 宮ヶ瀬ダム完成。
    • 清川村保健福祉センター「やまびこ館」が完成する。
  • 2003年(平成15年) - 村営バス「ゆめバス」が運行を開始する。
  • 2005年(平成17年) - 清川村保健福祉センター「ひまわり館」が完成する。
  • 2011年(平成23年) - 村内初の保育所が完成する。

人口[編集]

Demography14402.svg
清川村と全国の年齢別人口分布(2005年) 清川村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 清川村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
清川村(に相当する地域)の人口の推移
1970年 2,757人
1975年 2,895人
1980年 3,539人
1985年 2,892人
1990年 3,549人
1995年 3,478人
2000年 3,482人
2005年 3,507人
2010年 3,460人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

首長[編集]

「怨念選挙」といわれた1987年の村長選以来、無投票当選が続いたが、2007年2月選挙で複数の立候補者があり、選挙戦の結果、大矢明夫が当選した。2011年・2015年はいずれも無投票当選である。

  • 村長 大矢明夫(2007年3月1日から)

村組織[編集]

  • 総務課
  • 政策推進課
  • 税務住民課
  • 保健福祉課
  • 産業観光課
  • まちづくり課

村議会[編集]

  • 議員定数:10人

消防[編集]

神奈川県の市町村で唯一、常備消防が設置されておらず、2010年消防OBらによる消防団が設けらていたが、2016年4月1日、厚木市消防本部への消防業務委託により清川分署が開設された。

警察[編集]

財政[編集]

国からのダム所在交付金が年間約8億5000万円あることから財政状態は健全で、2003年度の一般会計においては、国からの借り入れ残高はわずか320万円しかなかった。2003年度以降、地方交付税の不交付団体となっている。

平成18年度[編集]

  • 財政力指数 1.23 神奈川県市町村平均 1.05
  • 経常収支比率 74.5% 神奈川県市町村平均 88.9% 80%を下回っており、健全な財政といえる
  • 標準財政規模 15億9630万円
  • 人口一人当たり人件費物件費等決算額 31万9735円 神奈川県市町村平均 10万3215円 人口規模が小さい村では高い数値になる傾向にある
  • 人口一人当たり地方債現在高 5万5451円 普通会計分のみ 神奈川県市町村平均 47万6542円 
  • 実質公債費比率 3.5% 神奈川県市町村平均 19.5 健全度がとても高い
  • 人口1000人当たり職員数 20.49人 神奈川県市町村平均 6.59人 職員数はやや多い
    • 内訳 一般職員62人(うち技能労務職 4人) 教育公務員6人 合計68人 
  • 村職員一人当たり平均給料月額 29万1000円 すべての職員手当を含まない数字
  • 普通会計歳出に占める人件費比率 34.2%
  • ラスパイレス指数 90.9 全国町村平均93.9
地方債等の残高
  1. 普通会計分の地方債 1億8400万円
  2. 特別会計分の地方債 12億7000万円 (下水道事業特別会計分)
  3. 関係する一部事務組合分の債務 0円
  4. 第三セクター等の債務保証等に係る債務 0円
清川村土地開発公社、(財)かながわ健康財団
地方債等の残高合計 14億5400万円 (連結会計)
  • 清川村民の一人当たり地方債等残高 43万8084円 

経済[編集]

村内唯一のコンビニが閉店[編集]

  • 村内のコンビニエンスストアは、煤ヶ谷地区にあるセブン-イレブン神奈川清川店が唯一であったが、2016年10月31日15時をもって閉店。これにより同年11月現在、清川村内はコンビニエンスストアが0店となっている。

郵便局[編集]

  • 02274 煤ヶ谷郵便局 - 1938年(昭和13年)5月6日開設、風景印配備局
  • 02701 宮ヶ瀬簡易郵便局 - 1950年(昭和25年)9月11日開設。1983年(昭和58年)12月19日、厚木市へ移転、厚木宮の里簡易郵便局へ改称。

地域[編集]

教育[編集]

小学校
中学校

閉校[編集]

  • 清川村立緑小中学校丹沢分校
    • 2003年3月に廃校、2004年2月に解体され現存しない

隣接している自治体・行政区[編集]

交通[編集]

バス路線[編集]

かつては村営バス(神奈川中央交通厚木営業所に運行委託)が上煤ヶ谷 - 尾崎 - 神奈川リハビリ - 森の里中学校間に運行されていたが、廃止されている。

道路[編集]

県道[編集]

村道[編集]

林道[編集]

  • 谷太郎林道
  • 法論堂林道(おろんどりんどう)
  • 唐沢林道
  • 金沢林道
  • 塩水林道
  • 本谷林道
  • 境沢林道
  • 早戸川林道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

宮ヶ瀬湖クリスマスツリー
  • キャンプ場
    • 唐沢キャンプ場
    • 国際一ノ瀬キャンプ場
    • 長者屋敷キャンプ場
    • 金沢キャンプ場
    • リッチランド
    • 清川リバーランド
    • 清川自然の村
    • 別所別所森のコテージ 花の木
  • 宮ヶ瀬湖 水の郷交流館
  • 別所の湯(清川村ふれあいセンター)
  • 清流の館(清川村交流促進センター)
  • 青龍祭(8月)
    • 地域住民総出で巨大な青龍を作り村内をパレードする村の一大行事。雨乞いの儀式として伝承されている。
  • 清川やまびこマラソン大会(11月)
    • 第20回からハーフマラソンが導入された。
  • 宮ケ瀬クリスマスみんなのつどい(12月の第1土曜日から25日まで)
    • 高さ約30メートルの日本最大級のクリスマスツリーで知られる。
  • 宮ケ瀬バレンタインウィーク

出身有名人[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度28分56秒 東経139度16分35秒 / 北緯35.48222度 東経139.27639度 / 35.48222; 139.27639