風景印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年1月1日以来、図案が変更されず使用されている神奈川県鎌倉郵便局の風景印

風景印(ふうけいいん)とは、郵便局に配備されている消印の一種である。正式名称は風景入通信日付印(ふうけいいりつうしんにっぷいん)。

概要[編集]

風景印(風景入通信日付印)は郵便局に配備されている消印の一種で、局名と押印年月日欄と共に、局周辺の名所旧跡等にちなむ図柄が描かれている。大きさは直径36mm以内で形は円形が基本であるが、特産品などをかたどった変形印もある。押印に際しては鳶色と呼ばれる赤茶色のスタンプインクが使われる。通常の黒色の消印とは異なり、郵便窓口等で利用者から申し出があった場合に押印してもらうことができる。

使用開始の広報は、郵政省時代は官報で行われていたが、2004年度以降は日本郵便のウェブサイトで行われている。一旦使用が開始されると廃止まで半永久的に使用されるため、使用開始日の印影を収集している者が多い。廃止に関しては郵便局自体の廃止や改称、簡易郵便局への変更などに伴うもののほか、風景印に描かれていた景観の変化など諸般の事情で廃止・変更される場合もある。

配備[編集]

昭和基地内分室の風景印

2018年1月1日時点で営業中の全国24050の郵便局のうち、11139郵便局(うち35は簡易郵便局、7は分室)に配備されている。配備数は北海道(882)や東京都(652)、愛知県(650)、神奈川県(450)、兵庫県(425)、静岡県(415)などで多い一方、佐賀県、宮崎県、山梨県、香川県、沖縄県など100局未満のところもある。都道府県内の総郵便局数に対する配備率で見ると、福井県(79%)や京都府・愛知県・静岡県(約70%)などでは配備率が高いが、大阪府や九州地方では20%以下のところもある。配備局は直営局が多く、簡易郵便局への配備は季節局や観光地の局など少数にとどまる。

2018年1月1日時点で風景印が配備されている営業中の簡易郵便局及び分室は以下の通り。

中尊寺簡易郵便局(岩手県)、犬川簡易郵便局(山形県)、田麦野簡易郵便局(山形県)、浜田簡易郵便局(秋田県)、日原簡易郵便局(東京都)、母島簡易郵便局(東京都)、阿久原簡易郵便局(埼玉県)、川越問屋町簡易郵便局(埼玉県)、都幾川桃木簡易郵便局(埼玉県)、榛名簡易郵便局(群馬県)、今市清原簡易郵便局(栃木県)、富士山五合目簡易郵便局(山梨県)、大開簡易郵便局(山梨県)、白馬山頂簡易郵便局(長野県)、木沢簡易郵便局(長野県)、上五明簡易郵便局(長野県)、黒島簡易郵便局(石川県)、立山山頂簡易郵便局(富山県)、殿下簡易郵便局(福井県)、寸又峡簡易郵便局(静岡県)、土肥恋人岬簡易郵便局(静岡県)、妻良簡易郵便局(静岡県)、富士宮万野簡易郵便局(静岡県)、博物館明治村簡易郵便局(愛知県)、犬山長者町簡易郵便局(愛知県)、湯谷簡易郵便局(愛知県)、平湯温泉簡易郵便局(岐阜県)、垂井府中簡易郵便局(岐阜県)、赤目滝簡易郵便局(三重県)、坂下簡易郵便局(三重県)、西藤原簡易郵便局(三重県)、千早簡易郵便局(大阪府)、奥谷簡易郵便局(兵庫県)、芦津簡易郵便局(鳥取県)、男木島簡易郵便局(香川県)

千歳郵便局新千歳空港内分室(北海道)、陸前高田郵便局・郵便分室(岩手県)、成田郵便局空港第1旅客ビル内分室(千葉県)、成田郵便局空港第2旅客ビル内分室(千葉県)、常滑郵便局セントレア分室(愛知県)、泉佐野郵便局関西空港分室(大阪府)、豊中郵便局大阪国際空港内分室(大阪府)

これら以外の特殊な例として船内郵便局(しらせ船内、昭和基地内、世界青年の船船内、東南アジア青年の船船内)における風景印が挙げられる。これらの施設は利用可能者が限られるため、一般の者は毎年発表されるプレスリリースを参照の上、郵便で押印を依頼する必要がある。 また万博など、国際的なイベントにおいて設置された郵便局にも風景印が配備されることがある。

図柄[編集]

ウルトラマンが描かれた須賀川郵便局の風景印

風景印には配備される郵便局周辺の名所旧跡や特産品等にちなむ図柄が描かれている。近年では地域にゆかりのあるアニメや特撮のキャラクターや、自治体のマスコットキャラクターなどが描かれる場合もある。

一部の市区町村では同一の図柄が複数局で使われている。川崎市麻生区を例にすると、区内の9局のうち、麻生郵便局以外の8局は全て同一の図柄(王禅寺ふるさと公園)が描かれている。同様の例は川崎市の多摩区を除く各区や大阪市阿倍野区、神戸市垂水区などでも見られる。

地域の景観や特産品の変化、また局の改称や移転などに伴い図柄が変更されることもある。東京中央郵便局を例にすると、戦前は1931年から1940年まで使われた後[1]、戦後は1948年1月1日から国会議事堂二重橋が描かれたものが使われていたが、1996年4月24日と2012年7月17日に図案変更が行われ、現在は東京駅丸の内駅舎とJPタワーが描かれたものとなっている[2]

2007年10月1日の郵政民営化から2012年10月1日の会社統合までの間、郵便局(郵便窓口を担当)と日本郵便支店(ゆうゆう窓口を担当)が同一店舗で営業していたところでは、多くの場合は両者でほぼ同一の図柄が使われていた。違いは主に押印日の年活字に下線があるかないか(「下線あり」が郵便局、「下線なし」がゆうゆう窓口)というもので、さらに各中央郵便局を始め一部の局では局名表示も若干異なっていた。これらは会社統合によりいずれも「下線なし」「郵便局の局名表示」に統一された。

例外的に下記の局・支店については、統合前にそれぞれ異なる意匠の風景印を使用していた。統合後は甲西局では旧郵便局の意匠、それ以外では旧支店の意匠が使用されている。

  • 那珂郵便局・支店(茨城県那珂市)、本所郵便局・支店(東京都墨田区)、白子郵便局・支店(三重県鈴鹿市)、甲西郵便局・支店(滋賀県湖南市)

押印[編集]

風景印で海外宛に差し出された郵便(札幌ーホノルル便のファーストフライトカバー)

押印には、消印の収集を目的とし郵便物を差し出さないで押印してもらう「記念押印」と、郵便物を差し出す際に押印してもらう「引受消印」の2種類がある。押印は風景印が配備されている郵便局の郵便窓口またはゆうゆう窓口で行われる。1通あたり切手または料額印面の合計を62円以上とした台紙・封筒郵便はがき等が必要である。

記念押印[編集]

窓口にて切手を貼りつけた台紙等に押印してもらった後、差し出さずに持ち帰る方法である。自ら窓口に赴いて直接依頼する方法と、郵便で押印依頼を送付する「郵頼(ゆうらい)」と呼ばれる方法がある。

引受消印[編集]

窓口にて郵便物へ風景印を押印し、そのまま差し出す方法である。 国際郵便の場合は、切手や料額印面を風景印で消印した上で、その傍の切手にかからない位置に別途欧文印を押印する必要がある。

郵頼[編集]

郵便で押印を依頼し返送してもらうサービスである(風景印に限らず、通常の和文印や欧文印等を郵頼することも可能)。 船内郵便局や宮内庁内郵便局は、一般人の訪問が困難であるため原則的に郵頼で消印を入手しなければならない。

次の3点を揃えて、押印を希望する郵便局に郵送する。往信封筒に「風景印押印依頼在中」と朱書することが望ましい。

  • 切手または料額印面の合計を62円以上とした台紙・封筒・郵便はがき等。
  • 押印位置や押印希望日を記載した依頼状(依頼人の住所氏名の他に連絡先電話番号を記入)。
  • 記念押印された台紙・封筒・郵便はがき等を返送するための、宛先記入済・切手貼付済の封筒。
上野公園のパンダポスト

特殊なポストへの投函[編集]

2012年3月14日に犬吠埼灯台(千葉県銚子市)の前に設置された白い丸型郵便ポストのように、郵便物を投函すると風景印が押印されて宛先に届けられるというサービスを備えた郵便ポストが各地に存在する。上野公園のパンダポスト(2011年8月1日開始)や郵政博物館前のスカイツリー型ポスト(2014年3月1日開始)[3]福島空港のウルトラマンポスト(2014年12月18日開始)[4]など、独自の形状や塗装が施されたものも多く人気が高い。

歴史[編集]

樺太・豊原局の風景印
富士山頂郵便局の風景印

風景印は1931年7月7日逓信省告示で制度が創設され[5]、同年7月10日に富士山郵便局(現・富士山頂郵便局)と富士山北郵便局で使用が開始された[6]。戦前は多い時期で国内の1152局に設置されていたが、この頃は形状の規定も緩く、さまざまな形状の風景印が作られた。

同じ頃より日本の統治下にあった関東州満州国樺太朝鮮台湾南洋の郵便局にも風景印が設置されるようになり、計260局以上で使用された。関東州の大連局と奉天局では国内よりも早く、昭和6年4月1日に使用を開始している。この他、日中戦争の際に開設された野戦郵便局でも数多くの風景印が使用された。

しかし、戦火が激しくなりゴム不足となったため、1940年11月15日限りで、戦意高揚に役立つとされた愛知県熱田郵便局島根県・大社郵便局などの神社にちなんだ風景印、江田島郵便局などの軍事施設にちなんだ風景印は摩滅するまで使用を認める一方、他の郵便局については使用停止となった。

戦後、1948年1月1日に東京中央郵便局はじめ24郵便局で使用開始となったが、規定が厳格化され変形印は影を潜めた。以後1974年頃までは観光地を中心に配備されていたが、1975年以降観光資源が乏しい住宅地の郵便局でも当時の集配郵便局を中心に配備が行われ、1988年以降は変形印が続々と登場するようになった。

平成に入ると、年月日の「ぞろ目ブーム」(平成11年11月11日など)を当て込んで使用を始める局が多数出たことで使用局が飛躍的に増加した。その後21世紀初頭までは急激な増加が続いたが、2005年以降は新規・変更を合わせ多くとも年間数10件程度で推移している。

日本国以外の風景印[編集]

台湾(大甲郵局)の風景印(このように別々に押印されている)(※現在はこの図案は図案変更により使われていない。)

日本以外にも風景印は存在し、戦前に日本の統治下であった中華人民共和国大韓民国台湾のほか、スイスカナダなど欧米圏にも存在する。またアメリカ占領下時代の沖縄琉球郵政庁)にも風景印が存在した。

中華人民共和国では、1985年から「風景日戳」と呼ばれる風景印が使用されており、直径32mmの円形のものが黒色インクで押印される。 大韓民国では、「観光記念通信日付印」と呼ばれる風景印が使用されており、日本同様、円型以外の変形印もあり、黒色インクで押印される。 台湾でも「風景郵戳」と呼ばれる風景印が使用されているが、葉書の料額印面や切手などは通常の黒い消印で抹消した上で郵便物の余白に押印する、という形で使用されるために日付は入っていない。また日本と異なり、1つの郵便局で複数のデザインのものが使用されているところもある。インクはピンク色に近い赤紫色である。[7]

琉球郵政庁では、1950年3月に数局で風景印の使用が始まり、その後拡大して計14局で使用された。1961年には本土と同じルールに変更され(但し年表示は西暦)、本土復帰まで使用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 友岡正孝「改訂新版戦前の風景スタンプ集」、70頁、日本郵趣出版、2011年
  2. ^ 東京中央郵便局風景印
  3. ^ 東京スカイツリー®を模した、タワー型郵便ポストが館内に登場!|お知らせ|郵政博物館 Postal Museum Japan
  4. ^ ウルトラマンポストの設置 インフォメーション | 福島空港
  5. ^ 昭和26年5月31日郵政省告示第192号により廃止『官報』1951年5月31日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 図案「逓信省告示第1400号」『官報』1931年7月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 中華郵政全球資訊網-集郵業務 - 臺閩風景郵戳一覽表 (台湾の風景印一覧)

参考文献[編集]

  • 風景印大百科1931-2017東日本編(2017年)、日本郵趣出版、 ISBN 978-4889638042
  • 風景印大百科1931-2017西日本編(2017年)、日本郵趣出版、 ISBN 978-4889638080
  • 友岡 正孝編(2012年):改訂新版 戦前の風景スタンプ集、日本郵趣出版、ISBN 978-4889637281
  • 武田聡編(2012年):風景印2012、鳴美、ISBN 978-4863550278

関連項目[編集]

外部リンク[編集]