山中竹春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山中 竹春
やまなか たけはる
T.y.jpg
生年月日 (1972-09-27) 1972年9月27日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県秩父市
出身校 早稲田大学政治経済学部卒業
早稲田大学理工学部数学科卒業
早稲田大学大学院理工学研究科修了
前職 横浜市立大学医学部教授
横浜市立大学大学院データサイエンス研究科長
所属政党 無所属
称号 博士(理学)(早稲田大学・2003年)
公式サイト 山中竹春(やまなか たけはる) OFFICIAL WEB SITE

Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 第33代 横浜市長
当選回数 1回
在任期間 2021年8月30日 - 現職
テンプレートを表示

山中 竹春(やまなか たけはる、1972年9月27日 - )は、日本政治家科学者横浜市長(1期)。元公立大学法人横浜市立大学特命副学長、医学部教授。データサイエンス専門家[1]

来歴[編集]

埼玉県秩父市出身[2]早稲田大学本庄高等学院在学中はラグビー部に所属[1]

1991年3月、同校卒業。同年4月、早稲田大学政治経済学部に入学。1996年卒業[1]

1996年、早稲田大学理工学部数学科学士入学、1998年3月卒業。2000年3月、早稲田大学大学院理工学研究科を修了。2003年、博士号を取得[1]

2000年4月、九州大学医学部附属病院に文部教官助手として採用される。2002年から2004年までアメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health; NIH)の研究員、2012年から2014年にかけて国立がん研究センターの部長などを務める[1]

2014年、42歳で横浜市立大学医学部教授に就任。データサイエンス学部設置準備委員会委員長[3][4]として同学部と大学院の設置に尽力。2018年、データサイエンス学部と大学院が設置される。同年、特命副学長、2019年に学長補佐、2020年に大学院データサイエンス研究科長など、40代で同大学の要職を歴任した[1]

過去の公職[編集]

文部科学省科学技術・学術審議会専門委員、厚生労働省厚生科学審議会臨時委員、厚生労働省先進医療技術審査部会構成員、厚生労働省高度医療評価会議構成員、内閣府数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度検討会議構成員、独立行政法人医薬品医療機器総合機構PMDA)専門委員、国立研究開発法人日本医療研究開発機構AMED)課題評価委員等を歴任[1]

2021年横浜市長選挙[編集]

2021年6月に横浜市立大学医学部を退職し、同年8月の横浜市長選挙に立候補した。写真は選挙期間中の横浜市南区弘明寺商店街にて。
2021年9月1日、総合防災訓練にてオンラインで対面した内閣総理大臣菅義偉(手前中央)と山中(奥右のモニター)。横浜市長選挙後、菅と山中が対面するのは初めて

横浜市では、2017年の市長選でカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致案を白紙にすると訴えた林文子市長が、政府の後押しもあり、2019年8月の記者会見で一転してIRの誘致を発表[5]。これに対し、誘致反対を唱える市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」が中心となり、是非を問う住民投票条例の請求に必要な法定数の3倍以上にあたる19万人以上もの署名を、2020年9月4日から11月4日の2ケ月間で集めた[6]。住民投票を行うための条例案は、2021年1月8日に自民党・公明党が多数派を占める市議会で否決されたが、多くの署名が集まったことから同年8月に行われる横浜市長選挙で大きな争点になることが予想された。同年3月には立憲民主党の市長選準備会が発足し[7]江田憲司らがトップに就く。候補者選定が難航する中[8]、選定を一任された江田に第三者を通して紹介されたのが山中だった。立憲民主党神奈川県連は山中を擁立するべく最終調整に入り[9]、2021年6月16日、立憲民主党が候補を山中にしぼったと報道[9][10]される。6月29日、山中は立候補する意向を正式に表明した。市大関係者の一部は「前向きな理由とはいえ、これから成果が期待できる(名物教授の)研究者を失うのは痛い」と語った[11]

「カジノの是非を決める横浜市民の会」を母体とする「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」は7月1日、山中の支持を決定[12][8]。7月8日までに社民党が山中の支援を確認[13]。7月17日、自身の政治団体「横浜をコロナとカジノから守る会」の事務所開きを行い、藤木幸夫が代表に就任[14]した。7月21日、日本共産党神奈川県委員会が山中の支援を決定[15]、7月27日、連合神奈川が山中の推薦を決定した[16]

首相側近の前大臣、現職市長、元副大臣、前神奈川県知事、元長野県知事らが出馬する大混戦となったが、選挙告示となる8月8日から2日後、朝日新聞が電話調査の結果を公表し、自民党・公明党が支援する小此木八郎との差について「小此木がわずかな差で先行し、山中と林が激しく追う展開」と報道[17]した。有権者に対する山中の主張の明確さや菅政権への政権不信から[18]、選挙中盤で情勢は逆転し、8月15日、神奈川新聞が電話世論調査の結果を「山中氏先行、追う小此木氏 林・松沢・田中氏続く」と報じた[19]。投開票日の8月22日、複数のメディアが投票締め切りの午後8時ちょうどに山中の当選確実を報道。506,392票(33.59%)を獲得し[20]、他候補を大差で破り初当選した[21][22][23]。単独選挙では最も高い投票率(49.05%)となり、市内18区のうち17区で山中が得票数トップとなった。小此木は衆院議員時代に地盤とした鶴見区でのみトップの得票数であったが、2位の山中との差はわずか1,489票だった[24]。2021年8月30日、横浜市長に就任し、横浜市庁舎に初登庁した[25][26]

市政・公約[編集]

カジノ・IRの誘致撤回[編集]

市議会はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を推進した自民、公明会派が多数を占めており、山中の手腕が問われていたが、2021年9月10日、市長就任後初の所信表明演説において、「誘致に反対する多くの市民の声にしっかり応え、誘致の撤回を宣言する」と正式に表明した。市の計画では、資格審査を通過した2グループから事業者を選定する予定であったが、「事業者選定のプロセスを直ちに中止して、必要な手続きを速やかに進める」と述べ、林市長時代に設置された専門部署「IR推進室」の廃止も明言した。市のIR推進室は10月1日に廃止された。[27]

3つのゼロ、中学校の全員給食[編集]

2021年8月の市長選挙に際し、福祉・教育面では以下の施策を重点公約に掲げた[28][29]

  • 敬老パス自己負担(75歳以上)の無料化
  • 子供の医療費助成(中学生以下)の無料化
  • 出産費用(基礎的費用)の無料化
  • 中学校給食の全員実施

山中はこのうち、無料化の施策をまとめて、「3つのゼロ」と呼んだ[29]。当選から間もない9月15日、神奈川新聞は関係者への取材を元に、「3つのゼロの実現には年間約104億~約158億円の費用が見込まれる」と報じた[30]。また、中学校給食の全員実施は、初期投資に少なくとも84億円、多ければ372億円かかると試算された[28]。同年12月23日、市長定例記者会見で、朝日新聞の記者が「3つのゼロと中学校給食の全員制に関してはそれなりにお金がかかることだと思うが、お金がかかる公約について見直す考えはあるのか」と質問すると、山中は「財源が厳しいことは承知しているが、厳しい財源の状況を踏まえながら、きちんと優先順位をつける」と答えた[31]

2022年1月14日、新年度当初予算案の概要が判明。「3つのゼロ」と「中学校の全員給食」の実現に向けた予算は、いずれも盛り込まれない見通しであることがわかったが、読売新聞は「市議会最大会派『自民党・無所属の会』の同意を、現時点では得られていないことが背景にあるとみられる」と報じた[32]。3月30日の神奈川新聞は、新年度から横浜市が「中学校給食の全員喫食の検討に向けた専任体制を新設するなど、喫緊の課題や重要施策を着実に推進する」としていることを報じた。

横浜市の新たなコロナ対策[編集]

山中の市長就任時は、新型コロナウイルス感染拡大第5波の最中であり、最重要課題である新型コロナウイルス感染症対策については就任直後からスピード感を持って検討を重ね、9月17日に「ワクチン接種の加速化」「医療提供体制の拡充」を柱とした「新型コロナウイルス感染症対策加速化プラン~Acceleration Plan~」を公表した[33]

また、若者のワクチン接種の加速化を円滑にすすめるために、「横浜市若者向けワクチン接種センター」を開設、深夜・早朝の集団接種の実施にも取り組んだ。市の若手職員がプレゼント選びに関わった、横浜市独自の「ワクチンplusキャンペーン」も同時にすすめ[34]、感染拡大防止と経済活動の再開にも力をいれた。さらに第5波の終息以前より、第6波を早くから予想し、病床確保のためにコロナ専門病院の開設に力をいれ、約3か月という病院としては異例の短期間の準備で令和3年12月1日に開院した[35]。コロナ専門病院では、令和4年3月31日までに 248人 の入院患者を受け入れ、病床使用率は 3月中旬には70% に達した(同時期の神奈川県内の病床使用率は50%台を推移)[36]

また、全国最多の3万6000人余りの新成人が誕生する横浜市成人式では、感染が再拡大する中、例年は2回に分けて行っている式典を4回に分けて行い、検温や消毒のほか、ワクチンを接種していない人のうち希望者には事前に抗原検査キットを無料で配るなどの対策をとり、対面開催した[37]。第6波が猛威を振るうなか、1月26日には、全国20の政令市で作る指定都市市長会をとりまとめて、新型コロナウイルスの感染者を全て保健所に届け出る運用を見直すよう求める要望書を、島村大厚生労働政務官に提出した[38]。さらに感染者の出た保育園や小中学校において濃厚接触者の同定までの手順や学級閉鎖基準をいち早く見直したほか[39][40]、休園が相次ぐ保育園の職員をはじめ、エッセンシャルワーカーに、市が確保していた抗原検査キットを配布することを全国自治体に先駆けて発表した[41][42]。また、前市長時代に、ワクチン接種の予約が取りづらいといった苦情が多く寄せられた反省を踏まえ、担当課の職員を倍増させるほか、地域の郵便局の協力を経るなどユニークな取り組みを通じて態勢を強化し、ワクチン3回目接種を進めた[43]。新型コロナウイルスゲノム解析についても積極的に推進し、横浜市立大学、横浜市衛生研究所とともに、変異株の動向を公表した[44]

旧市庁舎の売却問題[編集]

林文子市長時代の2020年1月31日、中区本町に地上32階建の市役所新庁舎が完成した[45]。旧市庁舎のあった同区港町の街区については、三井不動産を代表とする企業コンソーシアムによって再開発されることが決まり[46]、同年12月25日、建物の売買予約などの契約が締結された[47]。しかし、2021年5月27日、市民団体が「旧市庁舎の売却額が不当」として、市に売却契約の差し止めを求める住民訴訟を起こし[48]、6月9日には、市議の太田正孝と井上桜が同様の住民訴訟を起こした[49]。井上桜は山中が選挙期間中に解決を期待する市民から売却問題について質問を受けた際、「仮に(林市長時代の)算定プロセスに問題があれば、対案を考える」と答えたと指摘している[50]

建物売買予約契約の本契約の期限が2021年9月末に迫る中、新市長に就任した山中は9月16日に行われた市議会本会議で、売却価格の妥当性について「早急に確認する」と述べ、さらに本契約の決裁権を都市整備局長から自身に移管することを表明した[51][52]。市民の声に迅速に応える姿勢を示した山中は複数の第三者専門家による価格の再検証を実施し、その結果をもとに「価格算定は妥当であった」と判断できたとして、同年9月30日に企業コンソーシアムと正式に契約を結んだ[53]

「新たな劇場」建設の中止[編集]

前市長の林文子は、みなとみらい21地区60・61街区に「世界トップレベルのバレエ・オペラの日常的公演」ができるような劇場を建設する構想を立て[54]、2019年6月14日、「横浜市新たな劇場整備検討委員会」を設置[55]した。観客席数は2,500席規模、4面舞台やオーケストラピットを備え、ダンサーの負担軽減のため弾性があるバレエ床を設けるなどの計画がかたまると共に、建設費は約480億円、開業後の運営費は年約45億円と試算され、収入は市費が年約14億円で残りはチケット収入や国の補助金などをあてこむとされた[54]。山中は「オペラ座建設の中止」を公約に掲げて、就任後の2021年9月、公約通り、計画を撤回した。

市長就任前の事項[編集]

新型コロナウイルスに関する日本初の抗体研究発表[編集]

2020年12月2日、山中は研究グループを代表して会見し、新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「中和抗体」についての新たな調査結果を発表した[56]。2021年5月12日、さらにコロナに関する日本初の抗体研究の結果を発表。データに基づく客観的な結果として、全国的な注目を集めた[57][58][59][60]。同年5月13日、東京都医師会尾崎治夫会長は、自身のフェイスブックに「東京都医師会も研究に協力している横浜市立大学の山中教授の研究結果が出ました。日本人のデータをもとに、オリジナリティあふれる手法を用いた研究で、その結果も、今高齢者接種が始まっているファイザー社のワクチンがどの変異株にも有効であるという結果でした」と投稿した[61]。同日、江田憲司衆議院議員は自身のブログに「(この結果は)横浜の誇り」とした上で、「こうしたデータ、エビデンスに基づくものこそが安心感を与え」「これまで“欧米では”という話しかなかったのが、はじめて“日本では”という形で結実した」と投稿した[62]片山さつき参議院議員も「山中先生のような人がいれば、コロナの分析はずっと進み」「データと科学で政策を決めていける」と評価した[63]

山中は医学データサイエンスの専門家として感染症領域やがん領域等の研究論文を『Journal of Clinical Oncology』『JAMA Oncology』『New England Journal of Medicine』『Journal of Molecular Cell Biology』などの一流医学誌に多数出版している。また、2020年開催の日本癌治療学会学術集会では医師以外で初めて最優秀演題賞を受賞した[64]

その他[編集]

イソジン会見に関する指摘[編集]

2020年8月4日、大阪府知事吉村洋文は、松井一郎大阪市長大阪はびきの医療センター研究者と共同で記者会見を開き、「ポビドンヨードを使ったうがい薬を使うと、コロナの陽性者が減る」という研究結果を発表[65]。この説明の際に吉村が使用した資料(フリップボード)にデータの解析者として山中の名前が記され、インターネット上で閲覧できる状態になっていた[66]

会見から1年近くが経過した2021年6月16日、立憲民主党が同年8月22日の横浜市長選に向けて山中擁立の方向で調整していることが新聞報道されると、翌6月17日、ネットメディアが「横浜市長選候補の山中教授 あのイソジン会見に関与」と題した記事を配信した[67]。山中は自身のウェブサイトで「研究チームの一員として関わった事実はない」[68]と述べ、「(大学教授時代は)全国の研究機関から要請があり、週に1回程度データサイエンス領域の助言をしていた。本件も、既知の大阪はびきの医療センター研究者から府知事会見の直前に相談があり、メールを通じて会見の発表資料のまとめ方についてのアドバイスを行っただけ」との経緯を説明した[69]。山中は大阪府にネット上の会見時資料から自身の名前を削除するよう求め、府は削除に応じた[70]。なお、多くの専門家から「エビデンスに乏しい」という指摘を受けたポビドンヨードの有効性の研究は、最終的に2022年1月、ポビドンヨードの効果が実証されている[71][72]

経歴に関する指摘[編集]

山中の職歴のうち、アメリカ国立衛生研究所(NIH)については、リサーチマップの中で「2002年から2004年までNIHリサーチフェロー」と記載されていたが、元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士は、2021年横浜市長選期間中から選挙後にかけて、山中がこの経歴を詐称していると自身のブログやSNSで拡散した[73]。当時、郷原は2021年横浜市長選への自らの出馬と推薦を立憲民主党幹部に直訴したが断られたため、同党含む野党の統一候補に決まった山中の落選運動に専念することを宣言していた[74][75]

山中は、市長就任以降の定例会見において、「2002年7月から2004年6月の2年間、NIHにビジティングフェロー(VF)として在職していた」という証明書がNIHから届いていることを明らかにしたほか[76][77]、「研究者の世界で、若手研究員のことをリサーチフェロー(RF)、あるいは〇〇フェローなどと表記するのは一般的。RFにせよVFにせよ、NIHにおいて、これらは上級研究者からトレーニングを受ける若手研究員向けのポストであることを確認した」と反論した[注 1]。以上により、経歴に関する指摘は終止符をうった。なお、NIHと同様、国内外の研究機関でもRFやVF、あるいは単にフェローといった職名は若手研究員の登用ポストとして位置付けられることが多い[注 2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ NIHのHPに、NIH RFやNIH VFに関する同様の記載がある
  2. ^ たとえば、[1][2][3][4][5]を参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 市長の部屋プロフィール”. 2022年2月1日閲覧。
  2. ^ 横浜新市長の山中氏、データサイエンスの専門家”. 2021年8月23日閲覧。
  3. ^ データサイエンス・AIと共生する豊かな社会へ。鍵を握る文系学生の教育”. 2021年5月12日閲覧。
  4. ^ “「大学選びに異変あり データサイエンス3大学「MUSYC」人気急騰!」(3/3ページ)”. AERA.dot. (2019年5月8日). https://dot.asahi.com/aera/2019050700061.html?page=3 2021年5月13日閲覧。 
  5. ^ 武井宏之、土屋香乃子 太田成美、寺崎省子 (2019年8月23日). “横浜市長、慎重一転「IR誘致」 反対派「だまし討ち」”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM8Q7KWCM8QULOB009.html 2019年8月23日閲覧。 
  6. ^ “IR賛否、住民投票を請求 市民団体が19万超署名―横浜市”. 時事ドットコムニュース. (2020年12月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122300514&g=pol 2021年8月4日閲覧。 
  7. ^ 丸山耀平、杉戸祐子 (2021年4月27日). “IR誘致反対派 統一候補目指す…連休明けまでの擁立は不透明<「模索」2021 横浜市長選(上)>”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/100716 2021年9月11日閲覧。 
  8. ^ a b 有吉桃子 (2021年7月21日). “横浜 IR・カジノに揺れる 史上最大の混戦を制すのは”. NHK. https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/64028.html 2021年8月4日閲覧。 
  9. ^ a b “横浜市長選、立憲が山中竹春・横浜市大教授を擁立へ”. 毎日新聞. (2021年6月16日). https://mainichi.jp/articles/20210615/k00/00m/010/220000c 2021年7月28日閲覧。 
  10. ^ “横浜市長選、立民が山中竹春・市立大教授擁立で調整…コロナ抗体研究手がける”. 読売新聞. (2021年6月16日). https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20210616-OYT1T50110/ 2021年9月19日閲覧。 
  11. ^ “「名物教授」山中氏、まさかの転身 背景に江田流説得術?”. 神奈川新聞. (2021年7月2日)). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-560434.html 2021年7月15日閲覧。 
  12. ^ “IR反対団体、山中氏の支持決定 「思い実現する候補者」”. 神奈川新聞. (2021年7月2日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-561646.html 2021年8月4日閲覧。 
  13. ^ “社民県連合、山中氏を支援へ「カジノ反対、市民重視で一致」”. 神奈川新聞. (2021年7月8日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-568318.html 2021年7月28日閲覧。 
  14. ^ 足立優心、武井宏之 (2021年7月17日). “「ハマのドン」、山中竹春氏への支援表明 横浜市長選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP7K54NCP7KULOB00V.html 2021年7月28日閲覧。 
  15. ^ “横浜市長選で共産党、山中氏を支援”. 日本経済新聞. (2021年7月21日). https://r.nikkei.com/article/DGXZQOCC215PJ0R20C21A7000000 2021年7月28日閲覧。 
  16. ^ “連合神奈川、山中氏を推薦 14項目で政策協定へ”. 神奈川新聞. (2021年7月28日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-596979.html 2021年7月28日閲覧。 
  17. ^ “小此木氏わずかに先行、山中氏ら猛追 横浜市長選情勢調査”. 朝日新聞. (2021年8月10日). https://www.asahi.com/articles/ASP8B6X94P8BUZPS001.html 2021年8月22日閲覧。 
  18. ^ “横浜市長選 政権不信が与党の惨敗招いた”. 読売新聞. (2021年8月24日). https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20210823-OYT1T50193/ 2021年8月25日閲覧。 
  19. ^ 世論調査:山中氏先行、追う小此木氏 林・松沢・田中氏続く 横浜市長選” (日本語). カナロコ by 神奈川新聞. 2022年4月15日閲覧。
  20. ^ 横浜市長選挙(令和3年8月22日執行)”. 横浜市. 2021年8月23日閲覧。
  21. ^ “横浜市長選 立民推薦の山中竹春氏 当選確実 小此木氏ら及ばず”. NHK. (2021年8月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210822/k10013216971000.html 2021年8月22日閲覧。 
  22. ^ “【詳報】横浜市長選挙 野党支援の山中氏が当選確実 菅政権に打撃「厳しい結果。これが民意」”. 東京新聞. (2021年8月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/125870 2021年8月22日閲覧。 
  23. ^ “横浜市長選、山中氏が初当選 首相支援の小此木氏ら破る”. 朝日新聞. (2021年8月22日). https://www.asahi.com/articles/ASP8Q4WB7P8NUTIL04G.html 2021年8月22日閲覧。 
  24. ^ 横浜市長選 山中氏、市内の大票田で圧勝 小此木氏、地盤でも苦戦” (日本語). 毎日新聞. 2022年4月15日閲覧。
  25. ^ 横浜新市長の山中竹春氏が初登庁 IR中止、コロナ対策へ関係構築課題”. 日刊スポーツ (2021年8月30日). 2021年8月30日閲覧。
  26. ^ 任期満了日 - 神奈川県ホームページ
  27. ^ “「IR誘致の撤回を宣言します」横浜市の山中竹春市長、当選後初の所信表明演説で 予算執行の停止も”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/130057 2022年1月15日閲覧。 
  28. ^ a b 松沢奈々子、足立優心 (2021年12月28日). “IR中止以外の公約、財源は 山中・横浜市長、就任4カ月”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPDW74BCPDJULOB01C.html 2022年1月8日閲覧。 
  29. ^ a b “横浜市長選挙(選挙公報)(令和3年8月22日執行)”. 横浜市選挙管理委員会. (2021年8月8日). https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/senkyo/data/20210822_mayor.files/senkyokouhou.pdf 2021年8月25日閲覧。 
  30. ^ “横浜・山中市長の「三つのゼロ」、年間費用は100億円超”. 神奈川新聞. (2021年9月15日). https://www.kanaloco.jp/news/government/article-680070.html 2022年1月17日閲覧。 
  31. ^ 市長定例記者会見(令和3年12月23日)横浜市
  32. ^ “「三つのゼロ」計上せず 市長公約 最大会派・自民に配慮 横浜市予算案概要”. 読売新聞. (2022年1月15日). https://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20220115-OYTNT50003/ 2022年1月15日閲覧。 
  33. ^ 医学部教授の経験生かし、横浜市の役に立ちたい - 山中竹春・横浜市長に聞く◆Vol.1”. 医療維新 | m3.com. 2022年1月25日閲覧。
  34. ^ ワクチン接種で商品券など特典 横浜市がキャンペーン:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年1月25日閲覧。
  35. ^ 日本放送協会. “横浜市 休診の病院がコロナ専門病院に 第6波に備え病床確保の動き | NHK” (日本語). NHK首都圏ナビ. 2022年1月25日閲覧。
  36. ^ 神奈川県横浜市 横浜はじめ病院 《 公式サイト 》/トップ”. www.jikei-o.or.jp. 2022年6月7日閲覧。
  37. ^ 日本放送協会. “成人の日 各地で催し 横浜では4回に分けて式典開催”. NHKニュース. 2022年1月25日閲覧。
  38. ^ 新型コロナ 「発生届」基準見直しを 保健所業務軽減へ 国に横浜市長要望 /神奈川” (日本語). 毎日新聞. 2022年1月31日閲覧。
  39. ^ 横浜市、休校を避ける新基準 共働き世帯に配慮” (日本語). 日本経済新聞 (2022年2月4日). 2022年4月19日閲覧。
  40. ^ 横浜市が「救急搬送困難」原因調査 2割の病院“保育園など休園”で人手不足に(日テレNEWS)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年4月19日閲覧。
  41. ^ 横浜市、医療機関・保育園などに抗原検査キット配布” (日本語). 日本経済新聞 (2022年1月31日). 2022年2月6日閲覧。
  42. ^ 【新型コロナ】横浜市、エッセンシャルワーカーに抗原検査キット配布(カナロコ by 神奈川新聞)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年2月6日閲覧。
  43. ^ 横浜市、高齢者のワクチン接種加速へ 郵便局でも予約代行 新型コロナ” (日本語). カナロコ by 神奈川新聞. 2022年4月19日閲覧。
  44. ^ 令和3年度新型コロナウイルスゲノム解析研究結果について” (日本語). www.city.yokohama.lg.jp. 2022年6月7日閲覧。
  45. ^ 新市庁舎建設情報(2020年4月12日閲覧)の「1月31日に無事竣工を迎えました。」による。
  46. ^ “横浜市現市庁舎街区活用事業 2025年中の開業に向け基本協定書締結”. ヨコハマ経済新聞. (2020年2月1日). https://www.hamakei.com/headline/10777/ 2021年9月21日閲覧。 
  47. ^ 住民監査請求の監査結果について(2021年5月13日)横浜市監査事務局監査管理課
  48. ^ “横浜の旧市庁舎「売却額が不当」 中止求め住民が市を提訴”. 神奈川新聞. (2021年5月27日). https://www.kanaloco.jp/news/government/article-518149.html 2021年9月22日閲覧。 
  49. ^ “横浜市議、旧庁舎売却差し止め求め 提訴”. 日本経済新聞. (2021年6月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60140210Z00C20A6L82000/ 2021年9月21日閲覧。 
  50. ^ 横浜市議会 令和3年第3回市会定例会(2021年9月16日)
  51. ^ “旧横浜市庁舎の売却価格 山中市長「妥当性を早急に確認」”. 神奈川新聞. (2021年9月17日). https://www.kanaloco.jp/news/government/article-681387.html 2021年9月21日閲覧。 
  52. ^ 樋口淳也、高田奈実 (2021年9月18日). “横浜市役所旧庁舎売却どうなる 9月末に期限 新市長の判断に注目”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210918/k00/00m/040/117000c 2021年9月20日閲覧。 
  53. ^ “横浜市の旧市庁舎、予定通り売却 市長「価格は妥当」”. 日本経済新聞. (2021年9月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC305NG0Q1A930C2000000/ 2021年10月6日閲覧。 
  54. ^ a b 末崎毅 (2021年8月20日). “みなとみらいに劇場構想 建設費480億、根強い慎重論”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP8K6JB1P86ULOB022.html 2021年10月7日閲覧。 
  55. ^ 横浜市新たな劇場整備検討委員会(令和元年~令和3年度)横浜市
  56. ^ “新型コロナ感染防ぐ「抗体」 感染から半年後 98%の人に残る”. 日本放送協会. (2020年12月2日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201202/k10012741951000.html 2021年5月13日閲覧。 
  57. ^ “変異ウイルスにワクチンは効くの?”. 日本放送協会. (2021年5月12日)). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210512/k10013025511000.html 2021年5月13日閲覧。 
  58. ^ ANNニュース 変異ウイルスにワクチン効くの?驚きの"研究結果"(2021年5月12日)”. 2021年6月12日閲覧。
  59. ^ “新型コロナ中和抗体 1年後も回復者の9割以上で持続 横浜市大”. 日本放送協会. (2021年5月20日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210520/k10013041211000.html 2021年5月23日閲覧。 
  60. ^ FNNニュース 感染1年後も97%「抗体」 変異ウイルスには再感染リスクも(2021年5月20日)”. 2021年6月12日閲覧。
  61. ^ 尾崎治夫 Facebook 2021年5月13日付
  62. ^ 横浜の誇り・・・山中横浜市大教授、ワクチンが変異株にも有効なことを実証”. 江田けんじNET (2021年5月13日). 2021年5月14日閲覧。
  63. ^ あらゆるコロナ対策はデータで検証すべき!”. 2021年6月1日閲覧。
  64. ^ 学術集会抄録アーカイブサイト”. archive.jsco.or.jp. 2021年8月8日閲覧。
  65. ^ “吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答”. 毎日新聞. (2020年8月4日). https://mainichi.jp/articles/20200804/k00/00m/040/324000c 2020年8月7日閲覧。 
  66. ^ “「ポビドンヨード配合薬でうがいを」大阪府の吉村知事【会見ノーカット】”. SankeiNews. (2020年8月4日). https://www.youtube.com/watch?v=xpEPcfBiytc 2021年9月19日閲覧。 
  67. ^ “横浜市長選候補の山中教授 あのイソジン会見に関与”. ニュースソクラ. (2021年6月17日). https://socra.net/society/%E5%90%89%E6%9D%91%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A2%E4%BC%9A%E8%A6%8B%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%9E%90%E8%80%85%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%80/ 2021年7月15日閲覧。 
  68. ^ “山中竹春 一連の報道に関わる報告会見@横浜市庁舎(2021年7月13日)”. (2021年7月13日). https://www.youtube.com/watch?v=IjVhSjPpOqc 2021年7月15日閲覧。 
  69. ^ “新型コロナウイルス感染症におけるポビドンヨードの効果と横浜市長選に関連する報道について”. https://takeharu-yamanaka.yokohama/news_01.html 2021年7月21日閲覧。 
  70. ^ “山中氏「うがい薬解析した事実ない」大阪府知事の「イソジン会見」めぐり反論 横浜市長選”. 東京新聞. (2021年7月13日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/116487 2021年7月15日閲覧。 
  71. ^ 臨床研究実施計画・研究概要公開システム”. jrct.niph.go.jp. 2022年2月13日閲覧。
  72. ^ 日経メディカル. “大阪イソジン会見後日談、有意差が出た臨床研究に思う” (日本語). 日経メディカル. 2022年2月13日閲覧。
  73. ^ 横浜市長選、山中竹春氏は「NIH リサーチフェロー」の経歴への疑問にどう答えるのか - 郷原信郎(ゴウハラノブオ) | 選挙ドットコム” (日本語). 選挙ドットコム. 2022年6月8日閲覧。
  74. ^ 横浜市長選挙、立憲民主党は江田憲司氏の「独断専行」を容認するのか〜菅支配からの脱却を - 郷原信郎(ゴウハラノブオ) | 選挙ドットコム” (日本語). 選挙ドットコム. 2022年6月8日閲覧。
  75. ^ 弁護士の郷原信郎氏、出馬取りやめ 「落選運動」に専念へ 横浜市長選” (日本語). カナロコ by 神奈川新聞. 2022年6月8日閲覧。
  76. ^ 市長定例記者会見(令和3年12月23日)” (日本語). www.city.yokohama.lg.jp. 2022年6月8日閲覧。
  77. ^ 市長定例記者会見(令和4年1月13日)” (日本語). www.city.yokohama.lg.jp. 2022年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代
林文子
横浜市旗 横浜市長
第33代 : 2021年 -
次代
現職