山中竹春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山中 竹春
やまなか たけはる
Takeharu Yamanaka 2021-8-9.jpg
2021年8月9日、港南台駅前にて
生年月日 (1972-09-27) 1972年9月27日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県秩父市
出身校 早稲田大学政治経済学部卒業
早稲田大学理工学部数学科卒業
早稲田大学大学院理工学研究科修了
前職 横浜市立大学医学部教授
所属政党 無所属
配偶者 山中真木子
公式サイト 山中竹春(やまなか たけはる) OFFICIAL WEB SITE

Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 第33代 横浜市長
当選回数 1回
在任期間 2021年8月30日 - 現職
テンプレートを表示

山中 竹春(やまなか たけはる、1972年9月27日 - )は、日本の科学者政治家横浜市長(1期)[1]。元横浜市立大学医学部教授[2]、元横浜市立大学大学院データサイエンス研究科長。

来歴[編集]

埼玉県秩父市に生まれる[3]。秩父市立秩父第一中学校卒業[要出典]早稲田大学本庄高等学院在学中はラグビー部に所属[4]

1991年3月、同校卒業。同年4月、早稲田大学政治経済学部に入学[注 1]

早稲田大学政治経済学部を卒業した年は、横浜市立大学公式サイトや日本医療研究開発機構の文書、リサーチマップなどの記述により長い間「1995年」とされてきた[8][9][10]。しかし2021年の横浜市長選挙の際、連合神奈川が公式サイトに「1996年」と記し[11]、山中の落選運動を行った郷原信郎も1996年説を主張したことで混乱が生じた[注 2]。2021年10月6日、横浜市会の委員会で公明党の行田朝仁議員が山中に経歴詐称問題(後述)に関して質問し、山中が「1996年卒業」と明言したことでようやく決着した[15]

1996年、早稲田大学理工学部数学科学士入学。1998年3月、同大学同学科卒業[16]

2000年3月、早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻を修了[17]。同年、九州大学医学部附属病院(現・九州大学病院)に助手として採用される[10]

2002年、アメリカ国立衛生研究所(NIH)に留学[18]。付属研究室の「Epigenetics & Stem Cell Biology Laboratory」に所属した[19]。同年から2004年までアメリカ国立衛生研究所のリサーチフェローを務める[10][12][20]。2003年10月16日、博士号(理学・早稲田大学)を取得[21]

2004年から2005年まで先端医療振興財団(現・神戸医療産業都市推進機構)の研究員を務める。2006年、国立病院機構九州がんセンター室長に就任。2012年から2014年にかけて国立がん研究センターの室長、部長などを務める[10]

2014年、横浜市立大学医学部教授となる。データサイエンス学部設置準備委員会委員長[17][22]として同学部と大学院の設置に尽力。2018年、データサイエンス学部と大学院が設置される。同年、特命副学長、2019年に学長補佐、2020年に大学院データサイエンス研究科[8]などに就いた。学外で内閣府と文部科学省の委員会委員[23]日本癌治療学会、日本計量生物学会、日本統計学会、日本医療安全学会、稲門医師会で理事・評議員・委員などを務めた。

2021年横浜市長選挙[編集]

2021年6月に横浜市立大学医学部を退職し、同年8月の横浜市長選挙に立候補した。港南台駅前にて。
2021年9月1日、総合防災訓練にてオンラインで対面した内閣総理大臣菅義偉(手前中央)と山中(奥右のモニター)。横浜市長選挙後、菅と山中が対面するのは初めて

横浜市では林文子市長が菅義偉の後ろ盾を得て、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を推進。2019年8月の記者会見でその方針は疑う余地のないものとなった[24]。誘致反対を唱える市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」は2020年12月、是非を問う住民投票条例の制定を求める署名を、請求に必要な法定数の約3倍の19万3,193人分集めた[25]

2021年1月8日、住民投票を行うための条例案は市議会で否決されるが、署名数の多さは立憲民主党に自信をもたせた。同党は同年8月に行われる横浜市長選挙について「著名候補を担ぎ、野党で一本化できれば勝てない選挙ではない」との展望を抱く。同年3月、立憲民主党は、県連最高顧問の江田憲司と県連代表の阿部知子をトップとする市長選準備会を発足させた。3月中に候補者を選定する方針だったが、決定に至らなかったため、4月8日の準備会で江田は「責任を持って候補を探す」と述べた[26]。候補者選定を一任された江田は4月12日、第三者を通して山中に初めて面会した[27]

同年4月19日、「週刊新潮」の電子版が、横浜市長選挙について「菅首相の意中の人として、三原じゅん子厚労副大臣の名が上がっている」と報じた[28]。このとき江田は「自民党から三原じゅん子が出てきたらどうするんだ。勝てる候補をたてなきゃ」と公言したとされる。党内では、3月に結成された市民団体「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」[29]と調整しながら擁立を進めるべきだという声もあったが、江田は山中と元横浜DeNAベイスターズ社長の池田純[30]の2人に候補者が絞られた5月下旬に初めて、市民団体に具体的な状況を示した。この進め方に対し、市民団体側は「ともに署名活動を行ってきた候補者が望ましい」と再考を促した[31]

ちょうどその頃、山中が世間から注目を浴びる出来事が5月12日にあった。山中は横浜市立大学医学部教授として、新型コロナウイルス感染症に関する日本初の中和抗体の研究結果を発表[32]。大々的に報道され、江田は翌5月13日、自身のブログに「横浜の誇りですね。横浜市立大学と山中竹春教授」と綴った[33]。山中はその後テレビ番組にも出演。江田らの間で「コロナの専門家」というキーワードが浮かび、IR誘致反対を争点に掲げるのではなく、山中を立ててコロナ対策を連呼する作戦が企図された[27]

IR反対を訴え、菅義偉との関係が悪化していた横浜港ハーバーリゾート協会会長の藤木幸夫も、候補者選定を江田に任せていた。山中に決めた江田は6月14日午前、山中を連れて藤木を訪問。藤木の支持をとりつけた[34][30]。6月15日、立憲民主党神奈川県連は山中を擁立するべく最終調整に入った[35]。6月16日、毎日新聞読売新聞が、立憲民主党が候補を山中にしぼったと報道[35][36]。報道を受けて横浜市立大学は同日午後、大学関係者に「(大学は)教職員の選挙活動及び政治活動へ関与することはありません」という趣旨のメールを送信[37]。山中は同日、東京新聞の取材に「立憲民主党など野党勢力の推薦や支持を得られれば出馬する」意向で、IR誘致に反対を明言[38]。山中によれば、6月18日夕方、横浜市立大学理事長の小山内いづ美に辞意を伝えた[39]。ただし小山内は「17日の夕方、本人から私宛に電話があった」と証言しており、両者の発言内容に食い違いが生じている[40]。6月29日、立憲民主党の推薦を受けて立候補する意向を正式に表明した。市大関係者の一部は「前向きな理由とはいえ、これから成果が期待できる研究者を失うのは痛い」と語った[41]。同大学医学部を6月末で退職[37]

「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」は中心メンバーの小林節が離脱するなど紆余曲折はあったが[31]、7月1日、山中の支持を決定[42][31]。7月8日までに社民党が山中の支援を確認[43]した。7月17日に自身の政治団体「横浜をコロナとカジノから守る会」(横浜市中区尾上町)の事務所開きを行い、藤木幸夫が代表に就任した[44]。7月21日、日本共産党神奈川県委員会が山中の支援を決定[45]。7月27日、連合神奈川が山中の推薦を決定[46]。7月29日、「無敗の男」と呼ばれ、選挙手法を伝授するため全国行脚中の中村喜四郎衆議院議員が横浜市に入った。中村は立憲民主党の中谷一馬青柳陽一郎を連れて自民党に近い約30の団体を回った。中村はいずれの団体に対してもアポイントメントは取らなかった。門前払いされるところも少なくなかったが、「警戒されるから冷たい反応がある。野党が本気になっていることを見せるのが大事なんだ」と中谷らに伝えた[47]

選挙告示から2日後の8月10日、朝日新聞が電話調査の結果を公表。「小此木がわずかな差で先行し、山中と林が激しく追う展開」と報じられたが[48]、選挙公報に掲げた「候補者のなかで唯一のコロナ専門家」というキャッチフレーズ[49]は市民に幅広く浸透。有効なコロナ対策を講じられない菅政権への批判と結びつき[50]、選挙中盤で情勢は逆転した。8月18日、中村喜四郎と青柳陽一郎は前回冷たくあしらわれた団体を再訪問。青柳は団体幹部に「みなさんは自民党候補に10-0で賭けていますが、両方に足をかけておいた方がいいのではないですか」と語りかけた。その後、小此木を支援する2つの団体が山中陣営に推薦状を持ってきた[47]

8月22日、NHKなど複数のメディアは投票締め切りの午後8時に「山中当選確実」と報道。506,392票(33.59%)を獲得し[51]、他候補を大差で破り初当選した[52][53][1]。小此木を支援した自民党横浜市連は「最大の敗因は横浜での菅首相の不人気」と総括した[54]。8月30日、横浜市役所に初登庁[55]、市長就任[56]

人物[編集]

新型コロナウイルスに関する日本初の抗体研究発表[編集]

2020年12月2日、山中は横浜市立大学などの合同研究グループを代表して会見し[注 3]新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「中和抗体」についての新たな調査結果を発表した[57]

2021年5月12日、さらにコロナに関する日本初の抗体研究の結果を発表。データに基づく客観的な結果として、全国的な注目を集めた[58][32][59][60]

同年5月13日、東京都医師会尾崎治夫会長は、自身のフェイスブックに「東京都医師会も研究に協力している横浜市立大学の山中教授の研究結果が出ました。日本人のデータをもとに、オリジナリティあふれる手法を用いた研究で、その結果も、今高齢者接種が始まっているファイザー社のワクチンがどの変異株にも有効であるという結果でした」と投稿した[61]

同日、江田憲司衆議院議員は自身のブログに「(この結果は)横浜の誇り」とした上で、「こうしたデータ、エビデンスに基づくものこそが安心感を与え」「これまで“欧米では”という話しかなかったのが、はじめて“日本では”という形で結実した」と投稿した[33]片山さつき参議院議員も「山中先生のような人がいれば、コロナの分析はずっと進み」「データと科学で政策を決めていける」と評価した[62]

吉村府知事「イソジン会見」問題[編集]

2020年8月4日、大阪府知事吉村洋文は、松井一郎大阪市長大阪はびきの医療センター研究者と共同で記者会見を開き、「ポビドンヨードを使ったうがい薬を使って、うがいをすることでコロナの陽性者が減る」という研究結果を発表[63]。この説明の際に吉村が使用したフリップボードにデータの解析者として山中の名前が記されていた[64]

2021年6月16日、立憲民主党が市長選に向けて山中擁立の方向で調整していることが報じられると[35]、翌6月17日、インターネットメディア「ニュースソクラ」が「横浜市長選候補の山中教授 あのイソジン会見に関与」と題した記事を配信した[65]

山中は、大阪府に会見時のフリップボードから自身の名前を削除するよう求めた。7月9日、大阪府はインターネットに掲載している会見資料から山中の名前を削除した[66]

同年7月13日、山中は記者会見を開き、「研究チームに参加した事実はございません」と関与を否定[67]。フリップボードの名前については「無断で掲載されたと認識しております」と述べた。また、ニュースソクラの運営会社に法的措置を含めて対応するとした通知書を送ったと明かした[68]

同日、自身のウェブサイトに「新型コロナウイルス感染症におけるポビドンヨードの効果と横浜市長選に関連する報道について」との記事を掲載[69]。その中で、従前より全国の研究機関等からの要請に対して週に一回程度データサイエンス領域の助言を行っており、本事案も大阪はびきの医療センターの研究者に「可視化手法などに限ってアドバイス等を行った」ものであると経緯を説明。当然ながら「単にサポートやアドバイスを助言すること」と「解析者として責任ある立場で研究チームに参加すること」は異なるが、それらが混同されていたことによる事案であった。さらに、今回の一連の報道は「事実と異なるフリップ記載から生じたもの」であるとして、報道各社に対し適切な対応を依頼した[要出典]

同年7月15日、「ニュースソクラ」は編集長・土屋直也名義で「山中が会見で述べた内容は全て虚偽。撤回及び謝罪をこちらが求める」と返した[66]

パワハラ・アカハラ・経歴詐称疑惑[編集]

2021年8月2日、「FLASH」の電子版が、山中が高圧的な言動により複数の部下を退職に追い込むなど、横浜市立大学を退職する前に多くのパワーハラスメントアカデミックハラスメントを行っていたとする記事を配信した[37]

同日、山中は自身のウェブサイトに「事実無根の報道について」との記事を掲載。報道について「記事内容は憶測をもとに事実無根の内容を記載したものであり、関係者のプライバシー侵害につながる」と抗議を表明。「回答と異なる内容の記事が一方的に公開された場合は、取材に関する事実関係を公表する旨事前に記載していた」として、光文社編集部からの質問状2通と、それに対する回答文を公表した。また記事によれば、自身のサイトに掲載した質問状と回答文のPDFファイルは一部、黒塗りされていたが、本文は全文、テキストのまま保存、作成されてあった。そのため、2021年に山中が論文の著者から外したとされる2人の解析担当者の実名、2019年11月17日に山中が横浜市立大学データサイエンス学部長に送信したメールで言及した2人の学校関係者の名字が当初読める状態にあった。8月4日夜、山中は質問状と回答文を、PDFファイルからJPEGファイルに変換し直して再度掲載。黒塗りの本来の効果は果たされた[70][71][72]

8月5日、ジャーナリストの及川健二は情報サイト「ニュースサイトしらべぇ」に横浜市長選挙に関する記事を寄稿。及川が横浜市立大学側・大学関係者にあたったところ、「ハラスメント委員会に山中を告発したケースは1件もない」という調査結果が得られたという。これを元に及川は「(山中のパワハラ・アカハラ疑惑は)完全なフェイクニュースだと確信するに至った」と記述した[73]

同日、立憲民主党に公開質問状を送付するなどして山中の市長としての不適格性を問題にしつつ立候補を表明していた弁護士の郷原信郎は、自身のサイトで立候補取りやめと、小此木、山中の落選運動を行うことを公表した[74]。 郷原はそれとともに山中のパワハラ疑惑、人物について言及。「FLASH」が指摘する内容は信憑性が高いと述べるとともに、横浜市大の関係者内部からと思える匿名文書を引用し、そこに書かれていることが事実だとすると、「山中氏は、データサイエンティスト、コロナの専門家を売りにして市長選に立候補することを表明しているが、それらはすべて『虚飾』で、(中略)あるように見せかけて自分のポストを得てきた人物だということになる。私は、同分野の専門家を含む知人や関係者に話を聞き、情報を収集するなどして、上記匿名文書の信憑性を確認した」と書いた[72]

8月6日、「Business Journal」(サイゾーが運営するニュースサイト)は、横浜市立大学医学部の水木信久教授の「山中氏が在職中に学内でハラスメントをしていたという話は聞いたことがありません」というコメントを記事に掲載 [75]。立憲民主党は、党神奈川県連合のツイッターに「ニュースサイトしらべぇ」の記事と「Business Journal」の記事のリンクを掲示している[76][77]

同日、郷原は自身のサイトを更新。「山中がリサーチマップに公開していたアメリカ国立衛生研究所で2002年から2004年にかけてリサーチフェローを務めていたとする情報[10]は詐称の疑いがある」「山中はリサーチマップに公開していた内容を、市長選出馬の話が表面化した段階で削除した。研究者の経歴を持つ人間として、その実績をアピールして市長選挙に立候補するのだから、削除することは通常あり得ない」と述べた[78][注 4]

8月7日、「FLASH」の電子版が、8月2日に配信した山中のパワハラ疑惑への反論において、山中が被害者の実名が分かる状態で自身のウェブサイト上に公開していたとする記事を配信した[70]

8月17日、郷原は自身のサイトに、山中からパワハラ被害を受けたと証言する人物(以下、Aとする)が録音した山中との電話の会話の音声データを公表。郷原はAの音声部分は消去し、会話の文字起こしをあわせて掲載した[83]

8月18日、及川健二は再び情報サイト「ニュースサイトしらべぇ」に記事を寄稿。及川は、山中陣営が音声データの声は山中であると認めたことを明らかにし、さらに陣営の内部文章とされる文書を公開。文書では「今般、インターネットの動画投稿サイトにおいて、『山中竹春パワハラ音声』といった音声録音が字幕入りで流されていた。これは、約2年前の会話が無断で録音されたものであり、この時期にインターネット上で流布されていることについて、大きな問題を感じる。この会話は、切り取って掲載した人物の意図と全く違う状況でかわされたものである。2019年頃、外部団体から多額の研究費の拠出も受けた研究を横浜市立大学で行なっており、内外の研究機関10箇所程度と共同して行う医学研究の非常に重要なプロジェクトだった。この音声は、当該研究の担当者が期日までに海外の研究機関等に必要な連絡や書面作成を行わなかったことが明らかになり、また、突如としてプロジェクトから離脱する意思を示したことから、プロジェクトの継続が危ぶまれることとなった状況下で当該人物と山中竹春とで行なった会話の一部である。この人物による職務不履行はこれまでにもあり、納期のある研究等において支障をきたす状況が続いていた」と説明がなされていた[84]

この報道を受けて8月19日、郷原はサイトを更新。内部文書とされる文書でいうところの「プロジェクト」は「SUNRISE-DI試験」であり、「担当者」とは「FLASH」の記事で被害者として紹介された「Cさん」に間違いないと述べた。その上で、音声データを提供したAは横浜市立大学と契約を締結しようとしていた小企業の役員だと明かし、Aと「Cさん」は別人であると述べた[85]

8月22日、投票締め切りの午後8時と同時に山中の当選確実が報じられた。朝日新聞は1分後、「感染爆発下の横浜市長選、『コロナ専門家』が制す」と題した記事を配信した[86]

同日、郷原はサイトを更新。「山中氏が医師でも医学者でもないのに、選挙公報で『コロナの専門家』[49]と記載していることについて、虚偽事項公表罪に該当するのではないかとの指摘がある。『コロナの専門家』というのは、多くの人が『感染症医学の専門家』という意味で理解している。山中氏本人に『虚偽の事実』という認識がなければ犯罪は成立しないが、有権者に重大な誤解を与えていることは確かである」と述べた[87]

8月24日、「日本タイムズ」発行人の川上道大は、山中に「強要未遂」や「経歴詐称」などの疑いがあるとして横浜地方検察庁に告発状を提出した[88]

8月30日、市長就任会見が開催される。山中は経歴に関する疑義を問われた際、以下のように回答した。

記者 - 2002年から2004年までアメリカの国立衛生研究所でリサーチフェローをしていたのは事実か。
山中 - ナショナル・インスティテューツ・オブ・ヘルス、NIHで研究員をやっていたことに関して詐称はない。
記者 - リサーチフェローという肩書でよろしいか。
山中 - 研究員をあらわす一般的な用語としてリサーチフェローという言葉を使ったことはある。ただリサーチフェローに関しては様々な定義がある。様々というか、機関ごとに定義が違う場合がある。
記者 - それではリサーチフェローであったことは事実だということか。
山中 - 研究員であったことに関しては詐称はない。あるいはフェローという言葉を使ったこともある。 — 横浜市長就任記者会見、2021年8月30日、横浜市役所9階[82]

9月6日、郷原は、花上喜代志市議と今野典人市議が市長選をめぐり横浜市立大学当局に不当な圧力をかけたとして、事実解明と再発防止を求める請願書を市議会に提出した。請願書では、「市会議員らが市立大当局に対して、立候補予定者だった山中を称賛し大学として推薦するかのような文書を発出させる不当圧力事案が発生した」と指摘がなされた。郷原は提出後、記者会見し、当該圧力事案には山中本人も加わっていたと主張した。請願書は9月24日の政策・総務・財政委員会で審査された[89][90]

市長就任記者会見の質疑に参加した記者は会見後、アメリカ国立衛生研究所の付属機関「アメリカ国立環境健康科学研究所(NIEHS)」に、電話とメールで山中の在籍情報を問い合わせた。9月16日、記者はNIEHSの返信メールをニュースサイトに公開。NIEHSは「His formal title at NIEHS was "Visiting Fellow". He worked in a research laboratory.」と回答し、山中の肩書が「リサーチ・フェロー」ではなく「ビジティング・フェロー」であったこと、ビジティング・フェローの在籍期間が「2003年11月1日~2004年6月30日」であったことが明らかにされた[91]

告発状を横浜地検に提出していた「日本タイムズ」の川上道大は代理人を郷原に依頼。郷原は地検側と協議を行い、正式受理に向けて必要な補足事項を調整。9月13日付で修正版の告発状を提出し、横浜地検は10月5日に受理した。告発状によると、山中は2019年12月、横浜市立大学に対して営業活動を行っていた会社社長に対し、義務がないにもかかわらず外国人の関係者に向けた英文のメール作成などを要求。拒否した社長に「日本の大学病院に多く入れられなくなるよ」などと伝えた、としている[92][93]

その他[編集]

  • 「文系から理系に移ったのはなぜか」との問いに、「データに語らせて、その結果に基づき意思決定していくアプローチは様々な問題に有効であり、そこには文系も理系もないのではないか」と答えている[18]
  • 臨床腫瘍学会誌などへ多くの論文を寄稿。論文は『Journal of Molecular Cell Biology』『The Lancet Oncology』『Clinical Cancer Research』『Annals of Surgery』『World Journal of Surgery』などに掲載された[94][95]
  • 2020年開催の日本癌治療学会学術集会では医師以外で初めて最優秀演題賞を受賞した[96]

市政・公約[編集]

旧市庁舎の売却問題[編集]

林文子市長時代の2020年1月31日、中区本町に地上32階建の市役所新庁舎が完成した[97]。そして同区港町の旧市庁舎街区については、三井不動産を代表とする企業コンソーシアム「KANNAI8」によって再開発されることが決まり[98]、同年12月25日、建物の売買予約契約が締結された[99]

ところが、耐震工事に62億5千万円もかけた市庁舎の建物[100]を7,667万5千円で三井不動産らに売却してしまうこと、事業者との定期借地契約の内容が平米あたり月額1000円であることなどが問題視される。2021年5月27日、林は市民団体「横浜市民の財産を守る会」から売却契約の差し止めを求める住民訴訟を起こされ[101]、6月9日には、市議の太田正孝と井上桜から同様の住民訴訟を起こされた[102]

山中は市長選出馬表明後、「横浜では住民自治がないがしろにされてきた」「住民自治を取り戻し、市民が参加する機会をどれだけ増やすかということが重要だ」「横浜市政が市民の意見を聞くという態度を示すことが大切だ」と語り、林市政を批判[103]。「デジタルを活用した市民参加・住民自治の確立」を選挙公約の一つに掲げた[49]。建物売買予約契約の本契約の期限が同年9月末と迫っていたことから、山中の街頭演説にかけつけた立憲民主党の衆議院議員は「これは森友加計の問題とまったく同じだ」と訴えた[104]。選挙期間中、解決を期待する市民から売却問題について質問を受けた際、山本は「自分が市長になればまず調査する。情報を公開し、対案も考える」と答えた[105]

2021年8月22日に行われた市長選で山中は初当選。9月16日に行われた市議会本会議で、売却価格の妥当性について「早急に確認する」と述べ、本契約の決裁権を都市整備局長から自身に移管することを表明した[106][107]。9月24日、市民団体「横浜市の旧市庁舎の未来に住民意思の反映を求める会」(高橋健太郎代表)は、ネット署名とともに、本契約の一旦停止を市に求めた[108]

同年9月30日、価格検証の結果「価格算定は妥当」と判断した山中は「KANNAI8」と本契約を結んだ[109]

「新たな劇場」建設中止による財源確保[編集]

前市長の林文子は、西区の「みなとみらい21地区60・61街区」に「世界トップレベルのバレエ・オペラの日常的公演」ができるような劇場を建設する構想を立て[110]、2019年6月14日、「横浜市新たな劇場整備検討委員会」を設置した[111]。委員会は何度も開かれ、観客席数は県民ホール並みの2500席規模で、4面舞台やオーケストラピットを備え、ダンサーの負担軽減のため弾性があるバレエ床を設ける。建設費は約480億円、開業後の運営費は年約45億円と試算。収入は市費が年約14億円で残りはチケット収入や国の補助金などをあてこむ、などの計画がかたまっていった[110]

山中は「オペラ座建設(615億円)の中止で財源確保」を公約に掲げ[49]、2021年8月の市長選に当選。市長就任後、整備中止を明言し、9月16日の市議会一般質問でも「将来に向け、新たな劇場計画にかかる負担として615億円は不要になる」と答弁した[112]

ところが同年10月6日の市議会決算第一・第二特別委員会連合審査会で、草間剛議員の質問に対し、「新たな劇場は事業化されておらず、整備費は予算化されていない。公約は、劇場計画を中止することで615億円の財源が生み出されるような誤解を生む表現であり、適切ではなかった」と答弁。劇場整備の中止によって直ちに財源を生み出すことはできないとの認識を示した[112]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 山中の早稲田大学本庄高等学院の同級生に東京都議会議員の風間穣(1973年2月4日生まれ)[5]がいる。風間は1991年に高校を卒業し、同年に早稲田大学に進学した[6]。自身のサイトで「竹春と僕は早大本庄高校の同級生で、早稲田大学政治経済学部への進学も一緒でした」と証言している[7]
  2. ^ 山中の早稲田大学政治経済学部卒業の年を示す出典をそれぞれ分けて整理すると、以下のとおりになる。
    (1)1995年説 (2)1996年説
  3. ^ 山中は第一著者でもCorresponding authorでもなかったが、合同研究グループを代表して会見に出席した。
  4. ^ アメリカ国立衛生研究所はリサーチフェローを次のように定義している。「リサーチフェローは博士号を所得しているNIHの有給職員である。期間限定ではあるが、任命により雇用の更新はされ得る」[79][80]文部科学省の科学技術・学術政策研究所が公表した調査文書でも同様の説明がなされている[81]。しかし山中がベクトル場に関する論文で博士号を取得した日は「2003年10月16日」とされ[21]、郷原は、博士号未取得の2002年に山中がリサーチフェローの職に就いていたのは考えにくいと述べた[78]。この問題は8月30日の市長就任会見でも指摘され、記者から「矛盾が生じる」と問われると、山中は「そこは言葉の問題なのではないかと。使い方(の問題)なのではないかと思います」と回答した[82]

出典[編集]

  1. ^ a b “横浜市長選、山中氏が初当選 首相支援の小此木氏ら破る”. 朝日新聞. (2021年8月22日). https://www.asahi.com/articles/ASP8Q4WB7P8NUTIL04G.html 2021年8月22日閲覧。 
  2. ^ 横浜市立大学研究者情報データベース”. 20210808閲覧。
  3. ^ 横浜新市長の山中氏、データサイエンスの専門家”. 2021年8月23日閲覧。
  4. ^ “揺れる横浜市長選挙、立憲推薦の山中竹春氏と若手のエース中谷一馬氏に聞いた(上)”. Business Journal (サイゾー). (2021年7月29日). https://biz-journal.jp/2021/07/post_240477.html 2021年8月7日閲覧。 
  5. ^ 区市町村議会議員 | 立憲民主党東京都連合会
  6. ^ 風間ゆたか 東京都議会議員(世田谷区選出) 立憲民主党
  7. ^ 横浜市長選挙で山中竹春くん勝利! | 風間ゆたか 東京都議会議員(世田谷区選出) 立憲民主党
  8. ^ a b c 教室員紹介 山中竹春”. 横浜市立大学医学部臨床統計学教室. 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月13日閲覧。
  9. ^ a b 第6回 日本医療研究開発機構 レギュラトリーサイエンス公開シンポジウム国立研究開発法人日本医療研究開発機構
  10. ^ a b c d e f “山中竹春”. researchmap. オリジナルの2021年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210615191246/https://researchmap.jp/read0132060 2021年8月8日閲覧。 
  11. ^ a b 8月22日投開票の横浜市長選挙に「山中 竹春」さんの推薦を決定!”. 連合神奈川 (2021年7月27日). 2021年9月22日閲覧。
  12. ^ a b ここがヘンだよアカデミアの臨床研究 山中竹春先生和歌山県立医科大学附属病院臨床研究センター
  13. ^ 第12回 横浜市立大学大学院データサイエンス研究科 研究科長 医学部臨床統計学教室 教授 山中竹春氏数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム
  14. ^ “「市長選問題」から「横浜市政の重大問題」となった“山中竹春氏のウソと恫喝””. 郷原信郎が斬る. (2021年9月22日). https://nobuogohara.com/2021/09/22/%e3%80%8c%e5%b8%82%e9%95%b7%e9%81%b8%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%80%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e3%80%8c%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%b8%82%e6%94%bf%e3%81%ae%e9%87%8d%e5%a4%a7%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%aa/ 2021年9月23日閲覧。 
  15. ^ “横浜市・山中市長の日本語崩壊「AではあるがAではない」に等しい論理矛盾”. SAKISIRU (ソーシャルラボ). (2021年10月6日). https://sakisiru.jp/11725 2021年10月7日閲覧。 
  16. ^ J.Dobson, Annette『一般化線形モデル入門 原著第2版』田中豊、森川俊彦、山中竹春、冨田誠訳、共立出版、2008年9月8日。ISBN 978-4320018679
  17. ^ a b データサイエンス・AIと共生する豊かな社会へ。鍵を握る文系学生の教育”. 2021年5月12日閲覧。
  18. ^ a b “Researchers 教員紹介 山中竹春”. 横浜市立大学. オリジナルの2021年8月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210815063424/https://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ycuds/hds/researchers/yamanaka.html 2021年9月1日閲覧。 
  19. ^ “【独自】横浜市・山中竹春市長、英文の履歴書でも経歴詐称か 博士号の取得時期を1年繰り上げ”. SAKISIRU (ソーシャルラボ). (2021年9月23日). https://sakisiru.jp/10598 2021年9月23日閲覧。 
  20. ^ 第11回 LINK-Jネットワーキング・トーク「データに語らせる不透明な時代のビジネスとアカデミアのあり方」一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
  21. ^ a b 山中竹春「Vector fields in g1(M) on 3-manifolds, their characterization / 3次元g1(M)のベクトル場とその特徴付けについて」早稲田大学 博士論文 (理学)乙第1830号、2003年、 NAID 5000002707642021年9月1日閲覧。
  22. ^ “「大学選びに異変あり データサイエンス3大学「MUSYC」人気急騰!」(3/3ページ)”. AERA.dot. (2019年5月8日). https://dot.asahi.com/aera/2019050700061.html?page=3 2021年5月13日閲覧。 
  23. ^ 数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度検討会議 (PDF)”. 首相官邸. 2021年5月14日閲覧。
  24. ^ 武井宏之、土屋香乃子 太田成美、寺崎省子 (2019年8月23日). “横浜市長、慎重一転「IR誘致」 反対派「だまし討ち」”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM8Q7KWCM8QULOB009.html 2019年8月23日閲覧。 
  25. ^ “IR賛否、住民投票を請求 市民団体が19万超署名―横浜市”. 時事ドットコムニュース. (2020年12月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122300514&g=pol 2021年8月4日閲覧。 
  26. ^ 丸山耀平、杉戸祐子 (2021年4月27日). “IR誘致反対派 統一候補目指す…連休明けまでの擁立は不透明<「模索」2021 横浜市長選(上)>”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/100716 2021年9月11日閲覧。 
  27. ^ a b “横浜市長選、山中氏圧勝の裏に何が 苦々しく見守る「仲間」も”. 毎日新聞. (2021年8月25日). https://mainichi.jp/articles/20210824/k00/00m/010/392000c 2021年8月25日閲覧。 
  28. ^ “菅首相もお墨付き 三原じゅん子厚労副大臣の名前が上がりだした 8月22日投票の横浜市長選”. デイリー新潮. (2021年4月19日). https://www.dailyshincho.jp/article/2021/04190600/ 2021年8月4日閲覧。 
  29. ^ “カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」結成”. カジノ誘致反対横浜連絡会. (2021年4月2日). https://no-casino.yokohama/archives/2650 2021年8月4日閲覧。 
  30. ^ a b “【スクープ】横浜市長選 立憲・江田代行が強引擁立の候補が総スカン”. ニュースソクラ. (2021年6月15日). https://news.yahoo.co.jp/articles/4fdc64a87f10981b00cbb34b8c3b3bdef01df650 2021年8月4日閲覧。 
  31. ^ a b c 有吉桃子 (2021年7月21日). “横浜 IR・カジノに揺れる 史上最大の混戦を制すのは”. NHK. https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/64028.html 2021年8月4日閲覧。 
  32. ^ a b ANNニュース 変異ウイルスにワクチン効くの?驚きの"研究結果"(2021年5月12日)”. 2021年6月12日閲覧。
  33. ^ a b 横浜の誇り・・・山中横浜市大教授、ワクチンが変異株にも有効なことを実証”. 江田けんじNET (2021年5月13日). 2021年5月14日閲覧。
  34. ^ “横浜市カジノ誘致に反対 「ハマのドン」藤木氏が会見(2021年8月3日)”. THE PAGE. (2021年8月3日). https://www.youtube.com/watch?v=oPd9uiI8jMM 2021年8月4日閲覧。 
  35. ^ a b c “横浜市長選、立憲が山中竹春・横浜市大教授を擁立へ”. 毎日新聞. (2021年6月16日). https://mainichi.jp/articles/20210615/k00/00m/010/220000c 2021年7月28日閲覧。 
  36. ^ “横浜市長選、立民が山中竹春・市立大教授擁立で調整…コロナ抗体研究手がける”. 読売新聞. (2021年6月16日). https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20210616-OYT1T50110/ 2021年9月19日閲覧。 
  37. ^ a b c 横浜市長選「野党統一候補」がパワハラメール…学内から告発「この数年で15人以上辞めている」 | Smart FLASH/スマフラ 光文社週刊誌” (日本語). Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ (2021年8月2日). 2021年8月3日閲覧。
  38. ^ 丸山耀平、志村彰太 (2021年6月17日). “横浜市長選、IR反対派の横浜市大・山中教授が出馬意向”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/111007 2021年7月28日閲覧。 
  39. ^ 横浜市長定例記者会見(2021年9月17日)。
  40. ^ “横浜市・山中竹春市長の口癖は「あいつ、ぱーちくりんだから」市立大関係者が証言”. SAKISIRU (ソーシャルラボ). (2021年9月28日). https://sakisiru.jp/10677 2021年9月28日閲覧。 
  41. ^ “「名物教授」山中氏、まさかの転身 背景に江田流説得術?”. 神奈川新聞. (2021年7月2日)). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-560434.html 2021年7月15日閲覧。 
  42. ^ “IR反対団体、山中氏の支持決定 「思い実現する候補者」”. 神奈川新聞. (2021年7月2日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-561646.html 2021年8月4日閲覧。 
  43. ^ “社民県連合、山中氏を支援へ「カジノ反対、市民重視で一致」”. 神奈川新聞. (2021年7月8日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-568318.html 2021年7月28日閲覧。 
  44. ^ 足立優心、武井宏之 (2021年7月17日). “「ハマのドン」、山中竹春氏への支援表明 横浜市長選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP7K54NCP7KULOB00V.html 2021年7月28日閲覧。 
  45. ^ “横浜市長選で共産党、山中氏を支援”. 日本経済新聞. (2021年7月21日). https://r.nikkei.com/article/DGXZQOCC215PJ0R20C21A7000000 2021年7月28日閲覧。 
  46. ^ “連合神奈川、山中氏を推薦 14項目で政策協定へ”. 神奈川新聞. (2021年7月28日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-596979.html 2021年7月28日閲覧。 
  47. ^ a b 吉川真布 (2021年8月24日). “中村喜氏、自民切り崩し伝授 若手連れアポなし団体回り 横浜市長選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/DA3S15019680.html 2021年8月30日閲覧。 
  48. ^ “小此木氏わずかに先行、山中氏ら猛追 横浜市長選情勢調査”. 朝日新聞. (2021年8月10日). https://www.asahi.com/articles/ASP8B6X94P8BUZPS001.html 2021年8月22日閲覧。 
  49. ^ a b c d “横浜市長選挙(選挙公報)(令和3年8月22日執行)”. 横浜市選挙管理委員会. (2021年8月8日). https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/senkyo/data/20210822_mayor.files/senkyokouhou.pdf 2021年8月25日閲覧。 
  50. ^ “横浜市長選 政権不信が与党の惨敗招いた”. 読売新聞. (2021年8月24日). https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20210823-OYT1T50193/ 2021年8月25日閲覧。 
  51. ^ 横浜市長選挙(令和3年8月22日執行)”. 横浜市. 2021年8月23日閲覧。
  52. ^ “横浜市長選 立民推薦の山中竹春氏 当選確実 小此木氏ら及ばず”. NHK. (2021年8月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210822/k10013216971000.html 2021年8月22日閲覧。 
  53. ^ “【詳報】横浜市長選挙 野党支援の山中氏が当選確実 菅政権に打撃「厳しい結果。これが民意」”. 東京新聞. (2021年8月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/125870 2021年8月22日閲覧。 
  54. ^ 泉宏 (2021年8月23日). “横浜市長選、菅首相を襲った「最側近惨敗」の痛撃 自民総裁選先行論が支配的、「9月解散」は困難に”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/articles/-/450280 2021年8月25日閲覧。 
  55. ^ 横浜新市長の山中竹春氏が初登庁 IR中止、コロナ対策へ関係構築課題”. 日刊スポーツ (2021年8月30日). 2021年8月30日閲覧。
  56. ^ 任期満了日 - 神奈川県ホームページ
  57. ^ “新型コロナ感染防ぐ「抗体」 感染から半年後 98%の人に残る”. 日本放送協会. (2020年12月2日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201202/k10012741951000.html 2021年5月13日閲覧。 
  58. ^ “変異ウイルスにワクチンは効くの?”. 日本放送協会. (2021年5月12日)). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210512/k10013025511000.html 2021年5月13日閲覧。 
  59. ^ “新型コロナ中和抗体 1年後も回復者の9割以上で持続 横浜市大”. 日本放送協会. (2021年5月20日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210520/k10013041211000.html 2021年5月23日閲覧。 
  60. ^ FNNニュース 感染1年後も97%「抗体」 変異ウイルスには再感染リスクも(2021年5月20日)”. 2021年6月12日閲覧。
  61. ^ 尾崎治夫 Facebook 2021年5月13日付
  62. ^ あらゆるコロナ対策はデータで検証すべき!”. 2021年6月1日閲覧。
  63. ^ “吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答”. 毎日新聞. (2020年8月4日). https://mainichi.jp/articles/20200804/k00/00m/040/324000c 2020年8月7日閲覧。 
  64. ^ “「ポビドンヨード配合薬でうがいを」大阪府の吉村知事【会見ノーカット】”. SankeiNews. (2020年8月4日). https://www.youtube.com/watch?v=xpEPcfBiytc 2021年9月19日閲覧。 
  65. ^ “横浜市長選候補の山中教授 あのイソジン会見に関与”. ニュースソクラ. (2021年6月17日). https://socra.net/society/%E5%90%89%E6%9D%91%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A2%E4%BC%9A%E8%A6%8B%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%9E%90%E8%80%85%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%80/ 2021年7月15日閲覧。 
  66. ^ a b “横浜市長選候補 山中元教授の13日会見は真っ赤なウソ”. ニュースソクラ. (2021年7月15日). https://socra.net/politics/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E3%81%8C%E7%84%A1%E6%96%AD%E6%8E%B2%E8%BC%89%E3%82%92%E6%98%8E%E7%A2%BA%E3%81%AB%E5%90%A6%E5%AE%9A%E3%80%81%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%A8%E5%BC%9F%E5%AD%90%E3%82%82%E9%96%A2 2021年9月21日閲覧。 
  67. ^ “山中竹春 一連の報道に関わる報告会見@横浜市庁舎(2021年7月13日)”. (2021年7月13日). https://www.youtube.com/watch?v=IjVhSjPpOqc 2021年7月15日閲覧。 
  68. ^ “山中氏「うがい薬解析した事実ない」大阪府知事の「イソジン会見」めぐり反論 横浜市長選”. 東京新聞. (2021年7月13日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/116487 2021年7月15日閲覧。 
  69. ^ “新型コロナウイルス感染症におけるポビドンヨードの効果と横浜市長選に関連する報道について”. https://takeharu-yamanaka.yokohama/news_01.html 2021年7月21日閲覧。 
  70. ^ a b 「横浜市長選」注目候補・山中竹春氏が“パワハラ被害者”実名をHP上で晒し上げ” (日本語). Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌] (2021年8月7日). 2021年8月8日閲覧。
  71. ^ “事実無根の報道について”. 山中竹春(やまなか たけはる) OFFICIAL WEB SITE. https://takeharu-yamanaka.yokohama/news_00.html 2021年8月5日閲覧。 
  72. ^ a b “「小此木・山中候補落選運動」で “菅支配の完成”と“パワハラ市長”を阻止する!”. 郷原信郎が斬る. (2021年8月5日). https://nobuogohara.com/2021/08/05/%e3%80%8c%e5%b0%8f%e6%ad%a4%e6%9c%a8%e3%83%bb%e5%b1%b1%e4%b8%ad%e5%80%99%e8%a3%9c%e8%90%bd%e9%81%b8%e9%81%8b%e5%8b%95%e3%80%8d%e3%81%a7-%e8%8f%85%e6%94%af%e9%85%8d%e3%81%ae%e5%ae%8c%e6%88%90/ 2021年8月5日閲覧。 
  73. ^ 及川健二 (2021年8月5日). “菅首相が負けられないため加熱する横浜市長選 山中竹春元教授がフェイクニュース被害”. ニュースサイトしらべぇ. https://sirabee.com/2021/08/05/20162631251/ 2021年8月5日閲覧。 
  74. ^ “横浜市長選 郷原信郎氏が立候補取りやめを発表”. NHK. (2021年8月5日). https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210805/1000068355.html 2021年8月5日閲覧。 
  75. ^ “小此木氏が落選すれば菅首相は失脚か…横浜市長選が激戦、自民党は党利党略でIR賛成→反対に豹変”. Business Journal (サイゾー). (2021年8月6日). https://biz-journal.jp/2021/08/post_242367_3.html 2021年8月6日閲覧。 
  76. ^ 立憲民主党神奈川県連合 Twitter 2021年8月5日付
  77. ^ 立憲民主党神奈川県連合 Twitter 2021年8月6日付
  78. ^ a b “横浜市長選、山中竹春氏は「NIH リサーチフェロー」の経歴への疑問にどう答えるのか”. 郷原信郎が斬る. (2021年8月6日). https://nobuogohara.com/2021/08/06/%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%b8%82%e9%95%b7%e9%81%b8%e3%80%81%e5%b1%b1%e4%b8%ad%e7%ab%b9%e6%98%a5%e6%b0%8f%e3%81%af%e3%80%8cnih-%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ad%e3%83%bc/ 2021年8月30日閲覧。 
  79. ^ Research Fellow”. NIH Office of Intramural Research. 2021年8月31日閲覧。
  80. ^ Postdoc FAQs - Postdoctoral Training in the NIH Intramural Research Program: Postdoctoral Research Training Awards (IRTAs) and Visiting Fellows”. Office of Intramural Training & Education at the National Institutes of Health. 2021年8月31日閲覧。
  81. ^ 三浦有紀子、阿部浩一、今井寛「米国 NIH 在籍日本人研究者の現状について」 文部科学省科学技術政策研究所、2005年3月、pp. 9-11。
  82. ^ a b “横浜新市長の山中竹春氏が就任会見、IR誘致「早期に中止に向けたスケジュールつくる」(2021年8月30日)”. THE PAGE. (2021年8月30日). https://www.youtube.com/watch?v=w3fjqWHSyfI 2021年8月30日閲覧。 
  83. ^ “立憲民主党は、「パワハラ音声」を聞いても、山中氏推薦を維持するのか ~問われる候補者「品質保証責任」”. 郷原信郎が斬る. (2021年8月17日). https://nobuogohara.com/2021/08/17/%e7%ab%8b%e6%86%b2%e6%b0%91%e4%b8%bb%e5%85%9a%e3%81%af%e3%80%81%e3%80%8c%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%8f%e3%83%a9%e9%9f%b3%e5%a3%b0%e3%80%8d%e3%82%92%e8%81%9e%e3%81%84%e3%81%a6%e3%82%82%e3%80%81%e5%b1%b1/ 2021年8月20日閲覧。 
  84. ^ 及川健二 (2021年8月18日). “過熱する横浜市長選で山中竹春元教授の音声データが公開 陣営に直撃した”. ニュースサイトしらべぇ. https://sirabee.com/2021/08/18/20162641075/ 2021年8月20日閲覧。 
  85. ^ “音声公開への「反論書」で一層明白になった、横浜市長選山中竹春候補の「パワハラ体質」”. 郷原信郎が斬る. (2021年8月19日). https://nobuogohara.com/2021/08/19/%e9%9f%b3%e5%a3%b0%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%80%8c%e5%8f%8d%e8%ab%96%e6%9b%b8%e3%80%8d%e3%81%a7%e4%b8%80%e5%b1%a4%e6%98%8e%e7%99%bd%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%81%e6%a8%aa/ 2021年8月20日閲覧。 
  86. ^ 足立優心、末崎毅 (2021年8月22日). “感染爆発下の横浜市長選、「コロナ専門家」が制す”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP8Q54WHP8NUTIL04J.html 2021年8月30日閲覧。 
  87. ^ “【横浜市長選挙】山中竹春候補「圧勝」が立憲民主にもたらす“最悪の結果””. 郷原信郎が斬る. (2021年8月22日). https://nobuogohara.com/2021/08/22/%e3%80%90%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%b8%82%e9%95%b7%e9%81%b8%e6%8c%99%e3%80%91%e5%b1%b1%e4%b8%ad%e7%ab%b9%e6%98%a5%e5%80%99%e8%a3%9c%e3%80%8c%e5%9c%a7%e5%8b%9d%e3%80%8d%e3%81%8c%e7%ab%8b%e6%86%b2%e6%b0%91/ 2021年8月30日閲覧。 
  88. ^ “横浜市長選で初当選の山中竹春氏に「疑惑」横浜地検に刑事告発状提出”. SAKISIRU (ソーシャルラボ). (2021年8月26日). https://sakisiru.jp/9005 2021年8月26日閲覧。 
  89. ^ “「山中氏称賛するよう市議が横浜市大に圧力」郷原氏が請願書”. 神奈川新聞. (2021年9月7日). https://www.kanaloco.jp/news/government/article-669767.html 2021年9月7日閲覧。 
  90. ^ “山中竹春市長が横浜市立大学に“謝罪強要”か?郷原氏、議長に請願書”. SAKISIRU (ソーシャルラボ). (2021年9月6日). https://sakisiru.jp/9731 2021年9月7日閲覧。 
  91. ^ “【独自】横浜市・山中竹春市長の経歴詐称を示す"決定的証拠"を入手”. SAKISIRU (ソーシャルラボ). (2021年9月16日). https://sakisiru.jp/10265 2021年9月16日閲覧。 
  92. ^ “横浜・山中市長への告発受理 市立大教授時代に強要未遂疑い”. 神奈川新聞. (2021年10月5日). https://www.kanaloco.jp/news/social/article-701812.html 2021年10月6日閲覧。 
  93. ^ “【速報】横浜市・山中竹春市長に対する刑事告発受理”. SAKISIRU (ソーシャルラボ). (2021年10月5日). https://sakisiru.jp/10234 2021年10月6日閲覧。 
  94. ^ 新型コロナ変異株に対するワクチン接種者の約9割が 流行中の変異株に対する中和抗体を保有することが明らかに横浜市立大学
  95. ^ “山中竹春”. researchmap. オリジナルの2021年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160325200836/http://researchmap.jp:80/read0132060 2021年8月20日閲覧。 
  96. ^ 学術集会抄録アーカイブサイト”. archive.jsco.or.jp. 2021年8月8日閲覧。
  97. ^ 新市庁舎建設情報(2020年4月12日閲覧)の「1月31日に無事竣工を迎えました。」による。
  98. ^ “横浜市現市庁舎街区活用事業 2025年中の開業に向け基本協定書締結”. ヨコハマ経済新聞. (2020年2月1日). https://www.hamakei.com/headline/10777/ 2021年9月21日閲覧。 
  99. ^ 住民監査請求の監査結果について(2021年5月13日)横浜市監査事務局監査管理課
  100. ^ 「新市庁舎整備基本構想(案)」に対する市民意見募集の実施結果について”. 横浜市. 2021年9月21日閲覧。
  101. ^ “横浜の旧市庁舎「売却額が不当」 中止求め住民が市を提訴”. 神奈川新聞. (2021年5月27日). https://www.kanaloco.jp/news/government/article-518149.html 2021年9月22日閲覧。 
  102. ^ “横浜市議、旧庁舎売却差し止め求め 提訴”. 日本経済新聞. (2021年6月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60140210Z00C20A6L82000/ 2021年9月21日閲覧。 
  103. ^ “横浜市長選挙、立憲推薦の山中竹春氏、デジタル化推進”. Business Journal (サイゾー). (2021年8月2日). https://biz-journal.jp/2021/08/post_241041_3.html 2021年8月7日閲覧。 
  104. ^ 8/7 16:00- 山中竹春×中谷一馬×小川淳也 街頭演説会@センター南駅前広場”. 中谷一馬 (2021年8月7日). 2021年9月23日閲覧。
  105. ^ 横浜市議会 令和3年第3回市会定例会(2021年9月16日)。
  106. ^ “旧横浜市庁舎の売却価格 山中市長「妥当性を早急に確認」”. 神奈川新聞. (2021年9月17日). https://www.kanaloco.jp/news/government/article-681387.html 2021年9月21日閲覧。 
  107. ^ 樋口淳也、高田奈実 (2021年9月18日). “横浜市役所旧庁舎売却どうなる 9月末に期限 新市長の判断に注目”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210918/k00/00m/040/117000c 2021年9月20日閲覧。 
  108. ^ 武井宏之 (2021年9月29日). “旧横浜市庁舎5棟、7700万円売却に「たたき売り」批判 あす期限”. 朝日新聞. https://digital.asahi.com/articles/ASP9X76NYP9XULOB00T.html 2021年9月29日閲覧。 
  109. ^ “横浜市の旧市庁舎、予定通り売却 市長「価格は妥当」”. 日本経済新聞. (2021年9月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC305NG0Q1A930C2000000/ 2021年10月6日閲覧。 
  110. ^ a b 末崎毅 (2021年8月20日). “みなとみらいに劇場構想 建設費480億、根強い慎重論”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP8K6JB1P86ULOB022.html 2021年10月7日閲覧。 
  111. ^ 横浜市新たな劇場整備検討委員会(令和元年~令和3年度)横浜市
  112. ^ a b 丸山耀平 (2021年10月7日). “横浜市 劇場整備中止で財源確保 山中市長「適切ではなかった」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/135374 2021年10月7日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
林文子
横浜市旗 横浜市長
第33代 : 2021年 -
次代:
現職