龍馬プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

龍馬プロジェクト(りょうまプロジェクト)は、日本地方議員らによる超党派の政策提言・実現のための団体。2010年6月に吹田新選会神谷宗幣を中心に発足した。政党に擬した組織を持ち、総務省にも政治団体として届出をし、政治資金収支報告書の報告を行っている[1]

概要[編集]

20歳代〜40歳代までの政治家を中心に構成されており、2017年4月現在は約200名の議員・首長が活動中とされている[2]。各種の研修会や塾を開いたり、地方政治家の発掘・連携を目指して選挙で候補者を公認・支援する活動も行っている[3]。経済の停滞、年金をはじめとした社会保障への不安、生活保護のあり方、若者の就職難、後を絶たない残虐な犯罪、我が子に対する虐待などといった問題に対して地方議員が想いをすり合せ、政策提言し、実現していくことを目的としている。

会長の神谷による「結成の想い」には「純粋に国益を考え奔走する、若く行動力のある政治家」を坂本龍馬になぞらえ、「現代の下級武士とも言える我々地方議員が、坂本龍馬の如く全国を飛び回り、草の根活動で想いある青年を探し、政治の世界に引っ張っていくこと、そして地方でくすぶっている可能性ある政治家に声をかけ繋げていくことで、国民の信頼を受け止められる政治集団を超党派で作ろう」というのが龍馬プロジェクトであると表現されている[4]。名前に「龍馬」を冠するなど、歴史用語を多用しているが、公式サイトにある「龍馬プロジェクトの想い」などにも諸所に「独立自尊の精神」「敬神崇祖の心」と言った語句が並び、復古主義的な性格が見られる。

自由民主党所属議員や林英臣政経塾の塾生らが中心となっている。主たる事務所の所在地は吹田新選会事務所および神谷宗幣事務所と同じ住所(吹田市千里山西)においている[1][5]

政策[編集]

マニフェスト」にあたる政策の基本事項は「国是十則」と呼ばれ、「地方議員でも国のあり方を考えた国家ビジョンを持つべきだ」[6]という考え方の下、皇室、憲法、教育、国防、資源、政治、経済、国土、安心、暮らしの10項目について基本方針を示している[7]

地方分権や公益経済の実現なども掲げられているが、その政策の基本的性格は、憲法改正、国防増強、国防軍創設といった保守主義的な考え方に依拠したものである[要出典]

メンバー[編集]

役員[編集]

  • 事務局
    • 幹事長 - 石川勝(吹田新選会・前吹田市議会議員)
    • 副幹事長 - 北川元気(無所属(会派・志士の会)・彦根市議会議員)、植竹哲也(政治家志望)
  • 総務局
    • 総務局長 - 竹内太司朗(無所属(会派・守口新政会)・守口市議会議員)
    • 総務局次長 - 池田裕一(自民党・豊島区議会議員)、足立将一(吹田新選会・吹田市議会議員)

首長会[編集]

国会議員参与[編集]

部会[編集]

  • 広報委員会
    • 委員長 - 松田賢(無所属・尾張旭市議会議員)
  • 女性部会
    • 委員長 - 杉田水脈(自民党・衆議院議員)

2017年11月現在[8]

その他[編集]

  • 2014年3月-6月にかけ、クラウドファンディングサイトのShooting Starで『古事記の紙芝居をつくって、全国の神社に寄贈し、地域の寺子屋を開催!』というプロジェクトへの出資を呼び掛け、サポーター80人から計1,155,981円の支援を集めた[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b 龍馬プロジェクト全国会‐政治資金収支報告書平成28年11月25日公表(平成27年分定期公表) (PDF)
  2. ^ 日本最年少市長も県知事も輩出!全国で200名もの若手政治家たちが所属する「龍馬プロジェクト」会長の神谷宗幣氏インタビュー - 選挙ドットコム
  3. ^ 「[政治の現場]後半戦ルポ(中)地域政党同士の争い」読売新聞4頁(2011年4月21日・東京朝刊)
  4. ^ 結成への思い - 龍馬プロジェクト
  5. ^ 連絡先・お問い合わせ - 龍馬プロジェクト
  6. ^ 「龍馬プロジェクト」は「維新」を超えるか 若手議員が集結する新勢力、ビジョンある国家を目指す:JBpress(日本ビジネスプレス)
  7. ^ ビジョンと国是十則-龍馬プロジェクト
  8. ^ メンバー紹介 - 龍馬プロジェクト
  9. ^ 『古事記の紙芝居をつくって、全国の神社に寄贈し、地域の寺子屋を開催!』 | 支援コメント | クラウドファンディングサイト - ShootingStar(シューティングスター)

関連項目[編集]

関連図書[編集]

  • 龍馬プロジェクト―超党派の若手政治家たちが日本再興の大きなうねりを創りだす! - 龍馬プロジェクト〔編著〕(2010年、カナリア書房・刊、ISBN 978-4778201647

外部リンク[編集]