長島一由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長島 一由
ながしま かずよし
生年月日 (1967-01-18) 1967年1月18日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
出身校 早稲田大学
青山学院大学大学院
東京大学大学院
横浜国立大学大学院
東京藝術大学大学院
前職 フジテレビジョン社員
現職 逗子市議会議員
所属政党無所属→)
民主党→)
無所属→)
希望の党→)
無所属
称号 博士(学術・横浜国立大学)
修士(法学・東京大学)
修士(映像・東京藝術大学)
修士(国際政治学・青山学院大学)
教育学士(早稲田大学)
配偶者 妻・長島有里
(前逗子市議会議員)[1]
公式サイト 元逗子市長【公式】長島一由HP

当選回数 1回
在任期間 2022年4月6日 -

選挙区 神奈川4区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月31日 - 2012年11月16日

当選回数 3回[2]
在任期間 1998年12月25日 - 2006年12月24日

当選回数 1回
在任期間 1997年4月27日 - 1998年11月4日
テンプレートを表示

長島 一由(ながしま かずよし、1967年1月18日 - )は、日本政治家映画監督

フジテレビ報道記者・ディレクター、リクルートWorks誌編集長、鎌倉市議会議員(1期)、神奈川県逗子市長(3期)、衆議院議員(1期)などを歴任した。現在は逗子市議会議員、精神保健福祉士、なぎさ映像代表[3]

来歴[編集]

神奈川県で生まれた。「一由」の名前の由来は「将来、国会に出る時に備えて選挙で名前が書きやすいように」と祖母が命名した[4]

1990年早稲田大学教育学部を卒業後、フジテレビジョンに入社し、報道局政経部記者として農林水産省記者クラブ、旧建設省記者クラブ、ニュースJAPANディレクターなどを務めた。フジテレビ在職中の1993年青山学院大学大学院国際政治研究科修士課程を修了する。ニュースJAPANのディレクターとしてFNN報道特集の制作に携わり、のちに初監督したドキュメンタリー映画『The Calling -神様から与えられたお仕事-』の主人公である浅井力也の幼少期を密着取材した『小さな天才画家 -絵に託された想い-』を製作した[5][6]

フジテレビ在職中の1996年東京大学大学院法学政治学研究科へ入学する。

衆議院議員選挙[編集]

1996年第41回衆議院議員総選挙に神奈川4区から無所属で立候補して落選した。フジテレビは選挙休職制度があり、出馬しても会社を辞める必要がないために決意出来た、とのちに語る。将来のために貯蓄していた1040万円から、衆議院選挙の供託金に300万円を費やして残額でできることをやろうと志した[7]

鎌倉市議会議員[編集]

1997年鎌倉市議会議員選挙に立候補して当選した。鎌倉市議会議員を務めた約1年7か月間に、鎌倉市の談合疑惑事件を追及して公正取引委員会へ告発したが、市議会一般質問で「鎌倉市の公共事業のほとんどが談合」などの発言を巡り、発言を取り消せ、取り消さない、と市議会が2週間も空転した[8]。事態収集のために発言の取り消しを容認しようとした同じ会派の議員の動きを知らなかった長島は、興奮して扉を破壊して会議室へ突入し、後日修理代約3万円を議会事務局に支払ったが、長島は最後まで発言を取り消さなかった。本件を契機に鎌倉市が全国地方自治体で初めて入札予定価格の公表[9]を始めると、他自治体から問い合わせや視察があり、地方からでも世の中を変えられると長島は実感した[10][11]

逗子市長[編集]

1998年に鎌倉市議会議員を任期途中で辞職して逗子市長選挙に無所属で立候補した。現職市長ら3人を破り、全国最年少市長として初当選した[11][12]。鎌倉市長選挙に立候補しなかった理由に、逗子市の方が小回りが利いて、逗子発のモデル事業が展開しやすいからと語る[13]

就任時は31歳で、36歳まで全国最年少市長であった。就任翌月に市内で催された成人式に当時20歳の妻が参加し、「夫が市長、妻が新成人」と報道された[14][15]

就任後に全国で初めて、市長交際費を廃止[16]し、教育長を全国公募で任命[17]し、公立学校全校で少人数授業を採用[18]した。文化教育ゾーン整備事業に市民選択方式を導入して事業費用を約100億円を約67億円に圧縮し、図書館、文化ホール、温水プール、逗子小学校を順次建て替えた。図書館はスウェーデンハンゲ市の図書館を参考にデザインした。市道の歩道について、3年間で交差点の段差解消を13.6%から100%に整備し、バリアフリー化を図った[10]

2002年に逗子海岸花火大会を、市長のカウントダウンで開始、音楽と一体化、グランドフィナーレに集中投資した[19]2002年に、日経の全国672自治体透明度ランキングで逗子市が1位となる[20][21]となる。2002年に逗子市長に再選[22]される。逗子市まちづくり条例、逗子市景観条例、逗子市みどり条例を制定して東京ドーム約15個分の緑地を保全した[23]

2003年8月に在日米軍池子住宅地区横浜市域側について住宅追加建設案が出されると、日本政府、神奈川県、逗子市による過去の三者合意に反するため市民に是非を問うとして市長を辞して市長選に立候補し、9月14日の市長選で3選された[24]。逗子市は池子米軍家族住宅の追加建設について防衛施設庁と係争して敗訴した。2018年に国は計画を断念した[25]

2004年に日経の全国683自治体効率化・活性化度ランキングで逗子市が1位となる。市長在任7年間で経費が約55億5000万円の削減された[26][27]。全国透明度ランキングは3回連続で全国1位となった。2004年に、市民の開示請求に対して「公文書は存在しない」と市が回答した場合に情報公開審査委員が必要と判断すれば市は新たな文書作成が求められる、と情報公開条例を改正した[28][29]。2004年にポルトガルナザレ市と国際友好都市として提携した[30]

2005年に、逗子海岸にランドマークとなる太陽の季節記念碑の建立を発案して11月に除幕式を催した[31]

2006年4月から映画専門大学院大学客員教授を務め、国政へ転身するため、同年12月の市長選挙に立候補せず任期満了で退任した。

衆議院議員[編集]

2012年5月30日、演説する長島

2007年1月から3月までアメリカワシントンブルッキングス研究所客員研究員を兼任[10]した。

2009年第45回衆議院議員総選挙神奈川4区から民主党公認で立候補して初当選する[32]

内閣府行政刷新会議事業仕分人[33]やテロ対策特別委員会理事[34]を務める。逗子市長時代に構造改革特区提案して不採用とされた年金時効の延長などを実現した[35][36]

2012年11月16日に衆議院が解散すると、「任期の中で自分の使命を果たした」として11月21日に第46回衆議院議員総選挙は出馬しないことを正式に表明した[37]。逗子市長在任中から衆議院議員を退任するまでの間、政治献金を一切受け取らなかった、と自著に記した[38]

2013年からリクルートワークス研究所主幹研究員兼編集長として、スウェーデンデンマークフィンランドなどの働き方改革や育改革などを扱う[39]。衆議院議員在職中から横浜国立大学大学院社会科学研究科博士後期課程に在籍し、リクルート在職中の2014年に『議会による行政統制』[40]で博士を修得した。

2015年4月に東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻修士課程に入学し、6月にリクルートを退職する。2016年3月に監督兼プロデューサーを務めた映画『The Calling -神様から与えられたお仕事-』(THE CALLING -FROM THE HEAVEN-) が2016年第36回ハワイ国際映画祭で入選となり[41]ベストドキュメンタリー観客賞にノミネートされた[42]ストックホルムヘルシンキカンガサラなどで上映された[43]

2017年に東京芸術大学大学院映像研究科を修了[44]する。

2017年横浜市長選挙、2022年逗子市長選挙[編集]

2017年7月30日にカジノ断固反対として横浜市長選挙に無所属で立候補し、269,897票で現職の林文子市長の次点となり落選する[45]

9月28日に民進党は希望の党へ合流を決定[46]し、10月3日午前に新党「立憲民主党」が設立され[47]、10月3日午後に希望の党は衆院選の第1次公認192人を発表し、民進党現職の篠原豪がいる神奈川1区へ刺客として長島が送られた[48]。10月22日の第48回衆議院議員総選挙は、自民党の松本純が小選挙区で当選し、立憲民主党の篠原は比例復活で当選した。長島は3番目の得票数で落選し、比例区でも復活しなかった。この選挙で長島を誹謗中傷するインターネット上の記事を神奈川県警刑事告訴し、犯人を損害賠償請求で提訴して市長選挙費用相当の賠償金を得た[49]

2018年1月5日に、横浜市長選挙に挑戦した記録映像をまとめて監督した二作目の長編ドキュメンタリー映画『大選挙 BIG ELECTION』の特別試写会を逗子文化プラザさざなみホールで催した[50]

2022年2月8日、神奈川新聞は長島が「2022年3月27日投開票の逗子市議会議員に立候補し、当選した場合は市議として市に各種提案を続け、任期満了による12月24日の逗子市長選挙に立候補し、市議を自動失職する。」「失職することで事実上の市議定数1減を実現することが目的の一つ」と報じた[51]。3月27日に逗子市議会議員に初当選し、12月の逗子市長選挙に向けて政治活動している。精神保健福祉士試験に合格して3月23日に登録した。

人物[編集]

  • 川崎市武蔵小杉で生まれる。釣りが大好きで母方の祖母が住む横須賀の観音崎へ毎週末に出かけ、小学6年生の卒業アルバムに将来の夢は「石原裕次郎加山雄三小笠原諸島に行って1トンのイソマグロを釣り上げる」と記した。中学3年生でひとりで小笠原へ釣りにで出かけ、ユースホステルで知り合った大学生に受験について習う。高校のときに弁護士になろうと志望校を設定してから親身に勉強を始めた[52]
  • フジテレビの入社試験は4回の面接試験があった。長島の面接官のひとりに、報道センター編集長でのちに参議院議員になった澤雄二がいた。長島が入社後に「お前覚えているか、俺はお前の面接官をやったんだぞ。ウインドはどれくらいだって聞いたら、お前が『日本一です』というから、そりゃおもしれーってことで二重マルつけてやったんだぞ」と声をかけられた。当時は二次面接で二重マルを付けられた受験者はほぼ自動的に最終面接まで進むことができた[52]
  • 趣味はウィンドサーフィンで、18歳から始め、1987年全日本インカレ新人戦で優勝[53]した。1988年にボードセイリング・オリンピッククラス全日本選手権1位となり、バルセロナ五輪強化選手に選出された[54]。1989年にウインドサーファークラス世界大会(イタリアシチリア島)で3位に入賞した[55][56]。運動は得意ではなく、中学校のときに柔道部の主将を務めたが軽量級で、たびたび負けていた。柔道とウインドサーフィンは活用する筋肉が同じで、日本は軽風が多くウインドサーフィンのレースは体重が軽く、ウインドサーフィンを始めて2週間でかなりのところまで行けると実感した[52]。2012年にRS-Oneクラス世界選手権(フィリピンボラカイ島)マスターズクラスで準優勝[57]し、2019年にウインドサーファークラス世界選手権(イタリア・ガルダ湖)でフリースタイル部門で決勝進出して世界6位となる[58]。2014年からウインドサーフィン世界選手権出場支援選抜(テクノ293ジャパンカップ)実行委員長を務める[59]
  • 映画、映像製作をライフワークのひとつとして、フジテレビ退職後、逗子市長時代に監督、撮影して逗子市のプロモーションビデオを制作した。出演:松任谷由実みのもんたほか[60]。逗子湘南ロケーション映画祭を企画、実施した。最終審査委員は長島のほか、元フジテレビ・ゼネラルディレクター横澤彪、映画『家族ゲーム』プロデューサーの佐々木史朗、シナリオセンター講師の坂井昌三[61]。逗子市フィルムコミッションを立ち上げ、映画やドラマの誘致に取り組んだ[62]。映画・映像によるまちづくりの取り組みを著書『フィルムコミッションガイド』(WAVE出版)に取りまとめ、大学で客員教授を務めた[63]
  • リクルートで雑誌の編集長として、映画『テルマエ・ロマエ』をヒットさせたフジテレビの同期59人のひとりであった武内英樹監督を取材した[64]。この取材後、久しぶりの宴席で「長島、やっぱりテレビよりも映画のほうが面白いよ!観客の反応がダイレクトだから」と武内に刺激されて、芸大を受験して入学した[65]。2010年に好きな映画として「『ローマの休日』とか100回くらい見てます。記者になりたいと思ったきっかけの映画。『スミス都へ行く』は、政治家になってから見た映画。政治の良心みたいなものを感じさせてくれる作品。フランク・キャプラが監督で、別のキャプラ作品を見た。『昼下がりの情事』は全体の構成と、なんといってもラストシーンが卓越していて、何度見ても涙するし、感動します」[66]と語る。
  • 2019年から石垣島・湘南国際ドキュメンタリー映画祭の実行委員長及び最終審査委員を務めている[67][68]
  • 妻の長島有里は元逗子市議会議員であった。1996年10月の衆議院選挙のボランティアに参加した有里と初めて出会い、半年後の鎌倉市議会議員選挙で付き合って3日で結婚しようと決めた[69]。長女のかれんはウインドサーフィンで2019年に世界選手権3位入賞、全日本学生チャンピオンになった[70][71]。次女もいる。

書籍[編集]

  • 単著
  • 共著
    • 『青年市長 ニッポンの新世紀』(河出書房新社)全国青年市長会編
  • 長島が主人公または、取り上げられた書籍
    • 絶望に効くクスリ』(山田玲司
    • 『金なし知名度なしで選挙に出る法』(石原里紗)
    • 『若き挑戦者たち』(古田秘馬)
    • 『35歳までに仕事運をつかむ魔法の言葉』(神山典士)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “横浜市長選 候補者の横顔”. 東京新聞. (2017年7月20日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201707/CK2017072002000189.html 2017年7月28日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ うち1回は出直し選挙のため実質的な任期は2期。
  3. ^ 長島 一由” (日本語). www.facebook.com. 2021年12月21日閲覧。
  4. ^ 第174回国会 法務委員会 2010年2月24日 身内には政治家はいないが、生まれた日がたまたま第31回衆議院選挙期間中だった。名前の由来はアルバムにある生後間もない写真のキャプションに祖母が記載してあった。
  5. ^ 長島一由著『報道ディレクター』BNN社 1997年2月
  6. ^ 脳性まひと闘う画家20年 映画に 逗子の長島さん 学生と制作 読売新聞 2016年3月20日
  7. ^ 当選者インタビュー ― 長島一由議員(民主党)”. senkyoyohin.com. 2021年12月21日閲覧。
  8. ^ [経歴も発言も行動も型破り 長島現象 有権者「何かやってくれそう」]朝日新聞 1999年1月27日号
  9. ^ [神奈川県鎌倉市 入札予定価格の事前公表へ] 読売新聞 1997年6月12日
  10. ^ a b c 長島一由著『浮動票の時代』講談社 2007年10月
  11. ^ a b 長島一由著『普通の人が夢をかなえる50のヒント』ポプラ社 2002年11月
  12. ^ 共同通信 逗子市長に長島氏初当選 家族らと喜ぶ長島一由氏  初当選を決め、家族や支持者に囲まれ喜ぶ長島一由氏 1998年12月13日
  13. ^ 当選者インタビュー ― 長島一由議員(民主党)”. senkyoyohin.com. 2021年12月21日閲覧。
  14. ^ 共同通信 夫は市長、妻は新成人 長島市長と新成人の妻  神奈川県逗子市主催の成人式にそろって出席した長島一由市長と新成人の妻、由里さん=15日午前、逗子市民体育館 1999年1月15日
  15. ^ [妻の成人式で挨拶、逗子のウインドサーフィン市長は31歳]FOCUS 1998年12月30日号
  16. ^ [市長交際費廃止します。逗子市長表明] 朝日新聞 1999年1月9日
  17. ^ [神奈川・逗子 市レベルで初。教育長を一般公募]日本経済新聞 2001年8月29日
  18. ^ [神奈川県逗子市 全国に先駆けて公立学校全校で少人数授業実施へ] 読売新聞 2002年1月17日
  19. ^ モナコモンテカルロの国際花火大会を参考にしたと語る。
  20. ^ 市長就任時は256位
  21. ^ 逗子市PRビデオ 2008年9月18日
  22. ^ 共同通信現職最年少の長島氏再選 再選を喜ぶ長島氏 神奈川県逗子市長選で再選を決め支援者と喜ぶ長島一由氏 2002年12月1日
  23. ^ 逗子市長記者会見公式発表資料 神奈川県逗子市 2006年4月6日
  24. ^ 共同通信 逗子市長に長島氏3選 当選喜ぶ長島氏  自宅で支持者らに囲まれ、妻有里さん(手前右)と当選を喜ぶ長島一由氏。中央下は長女かれんちゃん=14日夜、神奈川県逗子市 2003年9月14日
  25. ^ 米軍池子住宅、建設中止を日米が合意 朝日新聞 2018年11月14日
  26. ^ 逗子市長記者会見公式発表資料神奈川県逗子市 2006年4月6日
  27. ^ 逗子市PRビデオ 2008年9月18日
  28. ^ 公文書が不存在…なら作って 「自治体の仕組み参考に」朝日新聞 2019年12月22日
  29. ^ [神奈川県逗子市 非公開でも20年経ったら原則情報公開 時限公開制度を全国初導入] 逗子市プレスリリース資料 2006年1月26日
  30. ^ 逗子市公式サイト 国際友好都市 (ナザレ市)
  31. ^ 太陽の季節記念碑除幕式:逗子フォト”. www.city.zushi.kanagawa.jp. 2021年2月20日閲覧。
  32. ^ 若年で当選した首長の一覧” (日本語). 若年で当選した首長の一覧. 2021年2月19日閲覧。
  33. ^ 事業仕分け第3弾(特別会計)仕分け人 衆議院議員 長島一由:B-2農業系保険 2010年11月7日
  34. ^ 第177回国会 海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会 2011年8月23日
  35. ^ 第181回国会 厚生労働委員会 2012年11月7日
  36. ^ 第180回国会 内閣委員会 2012年7月27日
  37. ^ 12神奈川衆院選:「使命果たした」、長島一由氏が不出馬正式表明”. 神奈川新聞 (2012年11月22日). 2012年11月22日閲覧。
  38. ^ 長島一由著『浮動票の時代』講談社、2007年10月。
  39. ^ Works121号 第1特集 北欧流「時間価値」の創造 リクルートワークス研究所 2013年12月
  40. ^ 長島一由、議会による行政統制の研究Parliamentary Control over Public Administration
  41. ^ “THE CALLING FROM THE HEAVEN”Directed by Kazuyoshi Nagashima.The Hawaii Herald 2016年10月31日
  42. ^ [ハワイ国際映画祭招待作品に 脳性まひの画家20年間追う 逗子の長島さんら制作 読売新聞 2016年10月21日
  43. ^ calling -from the heaven-ドキュメンタリー日本映画上映会のお知らせ en mötesplats för japaner i Stockholm och intresserade av japansk kultur 2016年8月16日
  44. ^ 【TABLO】低調フジテレビを救うか 映画『翔んで埼玉』の武内監督の謙虚さが好評価 同期にもすごい人たちが 2019年3月6日
  45. ^ 【速報】林氏が3選 横浜市長選 神奈川新聞 2017年7月30日
  46. ^ “民進 事実上の新党合流を了承 両院総会で”. NHK. (2017年9月28日). オリジナルの2017年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170928110319/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170928/k10011160191000.html 2022年2月2日閲覧。 
  47. ^ “衆院選、3極走る 公示まで1週間”. 日本経済新聞. (2017年10月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21818450T01C17A0MM0000/ 2022年2月5日閲覧。 
  48. ^ “【衆院選】希望の党・第1次公認リスト(192人)(2/4ページ)”. 産経新聞 date=2017-10-3. https://www.sankei.com/article/20171003-NK7P4VUV5BN6FHCY22UVSGOJMY/2/ 2022年2月2日閲覧。 
  49. ^ 元逗子市長・長島氏が勝ち取った中傷ブロガーからの賠償と謝罪 2018年8月23日
  50. ^ 選挙戦の全貌、映画に元逗子市長、長島さん監督 タウンニュース 2018年1月1日
  51. ^ 山元信之、竹内瑠梨 (2022年2月8日). “逗子市長選 元職・長島氏が出馬へ 「効率化止まった”. 神奈川新聞. https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-828886.html 2022年2月8日閲覧。 
  52. ^ a b c 長島一由著『報道ディレクター』BNN社 1997年2月
  53. ^ 月刊ハイウインド1987年10月号
  54. ^ 月刊ハイウインド1989年1月号
  55. ^ 月刊ハイウインド1989年7月号
  56. ^ 月刊ウインドサーフクラブ1989年7月号
  57. ^ RS:One World Championship 2012 - YouTube 2013年1月16日
  58. ^ Windsurfing World Championship Free Style 2019 ウインドサーフィン世界選手権 長島一由 決勝進出で世界6位に!! - YouTube 2020年7月
  59. ^ テクノ293 ジャパンカップ 2019 世界選手権出場支援選抜レース Windsurfing Magazine  2019年3月29日
  60. ^ 逗子市PRビデオ - YouTube 2008年9月18日
  61. ^ 「逗子湘南ロケーション映画祭」-今年度の話題作を上映 湘南経済新聞 2007年12月7日 [出典無効]
  62. ^ 逗子市フィルムコミッション
  63. ^ 長島一由著『フィルムコミッションガイド』WAVE出版 2007年10月31日
  64. ^ 「一期一会」の心で可能性を広げ、演出家としてのキャリアを開花 演出家、映画監督 武内英樹 氏 リクルートWorks誌 No.125 2014年
  65. ^ 【TABLO】低調フジテレビを救うか 映画『翔んで埼玉』の武内監督の謙虚さが好評価 同期にもすごい人たちが 2019年3月6日
  66. ^ 【映画業界研究】 MOVIE Collection 2010年1月19日
  67. ^ 石垣島・湘南国際ドキュメンタリー映画祭公式サイト
  68. ^ 若者・シニア対話の場に 佐島と沖縄・石垣島で映画祭 神奈川新聞 2019年12月8日
  69. ^ [家族のこと話そう 長島一由さん(逗子市長)] 東京新聞 2000年1月9日
  70. ^ システムデザイン学科4年長嶋かれんさんが、全日本学生ボードセーリング選手権において優勝しました 2019年11月26日
  71. ^ システムデザイン学科4年長島かれんさんが,ポルトガルで行われたウィンドサーフィン世界選手権で3位入賞しました。 2019年5月13日

関連項目[編集]

  • 神奈川県出身の人物一覧
  • 武内英樹(長島入社時のフジテレビ同期のひとり。2020年日本アカデミー賞・監督賞受賞)
  • 澤雄二(長島入社時のフジテレビの面接官、元報道センター編集長、元参議院議員)

外部リンク[編集]