高橋鯛蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 鯛蔵(たかはし たいぞう、1899年明治32年)1月15日[1] - 没年不明)は、昭和時代の政治家神奈川県逗子市長。

経歴[編集]

神奈川県に生まれる[1]。1950年(昭和25年)逗子町総務課長を経て、1954年(昭和29年)3月に助役となり、同年4月の市制施行とともに逗子市助役に就任した[1]

1969年(昭和44年)8月、逗子市長に当選し、1期務めた[1]。在任中は終末処理場や浄水管理センターの建設、福祉会館の建設による都市的環境の整備に尽力した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会 編集 『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』 第1、歴代知事編纂会、1983年。