松戸徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松戸 徹
まつど とおる
生年月日 (1954-11-09) 1954年11月9日(63歳)[1]
出生地 日本の旗 千葉県八千代市
出身校 東京理科大学理学部
所属政党 無所属
公式サイト まつど徹公式ウェブサイト

Flag of Funabashi, Chiba.svg 第22・23代 千葉県船橋市長
当選回数 2回
在任期間 2013年7月19日 - 現職
テンプレートを表示

松戸 徹(まつど とおる、1954年11月9日 - )は、日本政治家千葉県船橋市長(第22・23代)。

来歴[編集]

千葉県八千代市生まれ[2]千葉県立薬園台高等学校東京理科大学理学部物理学科卒業[3]1978年船橋市役所に入庁し、船橋市教育委員会社会教育部社会教育課、社会教育部浜町公民館、広報部広報公聴課、秘書課長を経て、2007年より市長公室長[3]2009年藤代孝七船橋市長の下で船橋市副市長に起用され、2013年3月まで務めた[3]

2012年12月、船橋市長の藤代孝七が5選不出馬を表明[4]。藤代の不出馬を受け、船橋市長選への立候補を表明した[5]自民民主公明3党の推薦に加え、藤代の支援も受けて立候補し、同年6月23日投開票の船橋市長選で、日本維新の会の推薦を受けた元千葉県議会議員の西尾憲一日本共産党の推薦を受けた斉藤和子(のち衆議院議員)、市民団体代表の野屋敷いとこらを破り、6人が立候補した混戦を制して初当選した[6]

2016年11月、翌年の船橋市長選に再選を目指して出馬する意向を表明[7]。前回同様、自民・民進・公明3党の推薦を受け、4年前の船橋市長選で破った西尾憲一ら3人の対立候補を下し、再選を果たした[8][9]

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第12回副市長 松戸徹氏 - MyFuna - MyFunaねっと(まいふなねっと)
  2. ^ a b c “船橋市長選 候補者の横顔(上)(届け出順)”. 産経新聞. (2017年6月14日). http://www.sankei.com/region/news/170614/rgn1706140036-n1.html 2017年9月23日閲覧。 
  3. ^ a b c プロフィール - まつど徹公式ウェブサイト
  4. ^ “「一定の区切り」続投せず 市長選不出馬正式表明 船橋市長4期の藤代氏”. 千葉日報. (2012年12月4日). http://www.chibanippo.co.jp/news/local/112859 2017年9月23日閲覧。 
  5. ^ “松戸副市長が出馬表明 市長後継「新しい姿つくる」 船橋市長選”. 千葉日報. (2013年1月17日). https://www.chibanippo.co.jp/senkyo/2013/c/funabashi/119083 2017年9月23日閲覧。 
  6. ^ “千葉・船橋市長に松戸氏初当選”. 日本経済新聞. (2013年6月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2301T_T20C13A6PE8000/ 2017年9月23日閲覧。 
  7. ^ “船橋市長、再選出馬を表明「日本一元気な町にしたい」 千葉”. 産経新聞. (2016年11月30日). http://www.sankei.com/region/news/161130/rgn1611300049-n1.html 2017年9月23日閲覧。 
  8. ^ “船橋市長に松戸氏再選 投票率28.10%で過去最低 千葉”. 産経新聞. (2017年6月19日). http://www.sankei.com/region/news/170619/rgn1706190021-n1.html 2017年9月23日閲覧。 
  9. ^ “「船橋の未来へ」訓示 松戸徹市長2期目スタート”. 東京新聞. (2017年6月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201706/CK2017062102000190.html 2017年9月23日閲覧。 

外部リンク[編集]


公職
先代:
藤代孝七
Flag of Funabashi, Chiba.svg 千葉県船橋市長
第22・23代:2013年 -
次代:
(現職)