奥ノ木信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥ノ木 信夫
おくのき のぶお
生年月日 (1951-04-29) 1951年4月29日(68歳)
出生地 埼玉県川口市
出身校 早稲田大学法学部
前職 埼玉県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト おくのき信夫(奥ノ木のぶお) 弱いところに光を当てる

当選回数 2回
在任期間 2014年2月9日 - 現職

選挙区 南第2区(川口市)
当選回数 5回
在任期間 1995年4月 - 2014年1月14日

当選回数 1回
在任期間 1991年4月 - 1995年4月
テンプレートを表示

奥ノ木 信夫(おくのき のぶお、1951年4月29日[1] - )は、日本政治家埼玉県川口市長(2期)。

埼玉県議会議員(5期)、川口市議会議員(1期)を歴任した。

来歴[編集]

埼玉県川口市出身。西川口幼稚園、川口市立仲町小学校川口市立仲町中学校埼玉県立浦和高等学校卒業。1975年3月、早稲田大学法学部卒業[2]

1991年4月、川口市議会議員選挙に出馬し、初当選。1995年4月、埼玉県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。2009年3月から2010年3月まで埼玉県議会議長をつとめた[1]

2013年12月25日、川口市長の岡村幸四郎が急性腎不全のため在任死去[3]。翌年の2014年1月14日、奥ノ木は川口市長選挙に出馬するために県議を辞職[4]

2014年2月9日に行われた川口市長選挙に、自民党と公明党の推薦を得て無所属で出馬。3人の候補者を破り初当選。投票率は27.32%で、過去最低となった[5]。同日、市長に就任。

2018年2月4日に行われた川口市長選挙では、再び自民党と公明党の推薦を得て無所属で出馬し、共産党が推薦・社民党川口総支部が支持する元埼玉県議を破り再選した。投票率は22.9%で、過去最低を記録した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
岡村幸四郎
Flag of Kawaguchi, Saitama.svg 埼玉県川口市長
第24 - 25代:2014年 -
次代:
(現職)