奥ノ木信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥ノ木 信夫
おくのき のぶお
生年月日 (1951-04-29) 1951年4月29日(68歳)
出生地 埼玉県川口市
出身校 早稲田大学法学部
前職 埼玉県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト おくのき信夫(奥ノ木のぶお) 弱いところに光を当てる

当選回数 2回
在任期間 2014年2月9日 - 現職

選挙区 南第2区(川口市)
当選回数 5回
在任期間 1995年4月 - 2014年1月14日

当選回数 1回
在任期間 1991年4月 - 1995年4月
テンプレートを表示

奥ノ木 信夫(おくのき のぶお、1951年4月29日[1] - )は、日本政治家埼玉県川口市長(2期)。

埼玉県議会議員(5期)、川口市議会議員(1期)を歴任した。

来歴[編集]

埼玉県川口市出身。西川口幼稚園、川口市立仲町小学校川口市立仲町中学校埼玉県立浦和高等学校卒業。1975年3月、早稲田大学法学部卒業[2]

1991年4月、川口市議会議員選挙に出馬し、初当選。1995年4月、埼玉県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。2009年3月から2010年3月まで埼玉県議会議長をつとめた[1]

2013年12月25日、川口市長の岡村幸四郎が急性腎不全のため在任死去[3]。翌年の2014年1月14日、奥ノ木は川口市長選挙に出馬するために県議を辞職[4]

2014年2月9日に行われた川口市長選挙に、自民党と公明党の推薦を得て無所属で出馬。3人の候補者を破り初当選。投票率は27.32%で、過去最低となった[5]。同日、市長に就任。

2018年2月4日に行われた川口市長選挙では、再び自民党と公明党の推薦を得て無所属で出馬し、共産党が推薦・社民党川口総支部が支持する元埼玉県議を破り再選した。投票率は22.9%で、過去最低を記録した[6]

人物[編集]

  • 2019年9月8日、市内の高校1年生が、川口市立榛松中学校在校時に受けたいじめを苦にして「教育委員会は大ウソつき」との走り書きを残して飛び降り自殺。9月12日の市議会一般質問で茂呂修平教育長が謝罪し、「遺族とまだ会っていない」と答えた。議場や傍聴席からは「市議会で謝罪するより、遺族が先ではないか」と批判の声が上がった[8]。また、別の市内中学校の元男子生徒が、いじめで不登校となったのは学校や市教育委員会の対応が不適切だったとして市に損害賠償を求める訴訟を起こした。9月18日、奥ノ木は口頭弁論において、いじめ防止対策推進法について「欠陥がある」とし、市側に不法行為はないと主張。法を執行する立場の自治体が法を否定する異例の主張で、識者から「危険な発想だ」と批判が出た[9]
市の対応の不手際が次々と明るみとなる中[10]、奥ノ木は9月議会に茂呂修平教育長の再任議案を提出。最終日の9月27日、再任議案は賛成多数で可決。責任論が浮上している教育長の人事案件をめぐり、議会は紛糾した[11]。奥ノ木はホームページに掲げる「公平公正であること。弱いところに光をあてる」というスローガンとは裏腹に、「いじめ問題について教育長は自ら直接対応する努力をしている」と言って茂呂の立場を優先した[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 市長プロフィール・経歴等川口市
  2. ^ プロフィール 奥ノ木信夫公式サイト
  3. ^ “埼玉・川口市長の岡村幸四郎さん死去 60歳”. 朝日新聞. (2013年12月25日). http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312250276.html 2013年12月25日閲覧。 
  4. ^ “選挙:川口市長選 奥ノ木氏推薦を自民県連が決定 /埼玉”. 毎日新聞. (2014年1月15日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140115ddlk11010224000c.html 2014年3月26日閲覧。 
  5. ^ “奥ノ木氏が激戦制し初当選 中核市準備室設置へ”. msn産経ニュース. (2014年2月10日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140210/stm14021021180005-n1.htm 2014年3月26日閲覧。 
  6. ^ “川口市長選 奥ノ木信夫氏が再選”. 毎日新聞. (2018年2月5日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180205/k00/00e/010/112000c 2018年4月16日閲覧。 
  7. ^ 井上峻輔 (2019年8月3日). “【埼玉】知事選の構図 複雑化 与野党対決?保守分裂?”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201908/CK2019080302000160.html 2019年8月27日閲覧。 
  8. ^ “埼玉)15歳いじめ自殺 川口市教委、まだ遺族と未接触”. 朝日新聞. (2019年9月13日). https://www.asahi.com/articles/ASM9D4CVKM9DUTNB007.html 2019年10月2日閲覧。 
  9. ^ 近藤統義 (2019年9月19日). “川口の元中学生損賠訴訟 市側「いじめ防止法に欠陥」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201909/CK2019091902000167.html 2019年10月2日閲覧。 
  10. ^ “【年の瀬記者ノート】川口いじめ問題 市教委のお粗末対応に唖然”. 産経新聞. (2018年12月29日). https://www.sankei.com/region/news/181229/rgn1812290024-n1.html 2019年10月2日閲覧。 
  11. ^ 堤恭太 (2019年9月28日). “埼玉)反対討論させず いじめ問われる川口市教育長再任”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM9W4Q4MM9WUTNB00T.html 2019年10月2日閲覧。 
  12. ^ “遺書で「大ウソつき」と書かれた川口市教委…茂呂教育長が再任 市長提案、市議会で可決 批判的な質問続出”. 埼玉新聞. (2019年9月30日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/09/30/11_.html 2019年10月2日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
岡村幸四郎
Flag of Kawaguchi, Saitama.svg 埼玉県川口市長
第24 - 25代:2014年 -
次代:
(現職)