加山俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加山 俊夫
かやま としお
Toshio Kayama -Dec. 2011.jpg
生年月日 (1945-02-18) 1945年2月18日(74歳)
出生地 埼玉県北足立郡大和町(現和光市
出身校 東京経済大学
前職 相模原市助役
公式サイト 加山としお オフィシャルサイト

当選回数 3回
在任期間 2007年4月22日 - 現職
テンプレートを表示

加山 俊夫(かやま としお、1945年2月18日‐)は、日本政治家神奈川県相模原市長(3期)。

来歴[編集]

埼玉県北足立郡大和町(現和光市)生まれ。3歳の時に相模原町(当時)に転居した。相模原市立旭中学校卒業。1963年(昭和38年)3月、神奈川県立相原高等学校卒業。同年4月、相模原市役所に就職。1967年(昭和42年)3月、働きながら東京経済大学経済学部の夜間部を卒業した。相模原市都市整備部長、経済部長、消防長、都市部長を経て、2004年(平成16年)4月から相模原市助役に就任した[1]

2007年(平成19年)2月、小川勇夫相模原市長が体調を崩して入院し、市長を辞職する意向を表明。小川は加山を後継指名し、3月8日に辞職願を提出。加山は3月14日に市長選挙への出馬を表明。4月22日執行の市長選挙では元相模原市収入役の候補者が立候補し、元市職員同士の争いを加山が制して初当選を果たした。加山の得票数は、133,611票。投票率は、47.38%。

なお、小川前市長は辞職後、同年3月11日の県北合併(相模原市、津久井郡城山町津久井町相模湖町藤野町)完了を見届け、10日後の3月21日に逝去した。

2011年(平成23年)4月10日執行の市長選挙では民主党自由民主党公明党の支援を受け、新人2人を破り再選[2]。投票率は50.60%。

2015年(平成27年)4月12日、自民、公明、民主の推薦を受けて立候補し、共産党公認の新人を破り3選[3]

2018年(平成30年)12月17日、市長選4選へ向けて自民党市議団と政策協定を結んだ[4]2019年(平成31年)4月の市長選には加山のほか、自民党市議団に所属していた市議の宮崎雄一郎、自民党県議の八木大二郎、衆議院議員の本村賢太郎らが出馬の意向を示している[5][6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
小川勇夫
Flag of Sagamihara, Kanagawa.svg 神奈川県相模原市
2007年 -
次代:
(現職)