大森雅夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大森雅夫
おおもり まさお
生年月日 (1954-02-25) 1954年2月25日(64歳)
出生地 日本の旗 岡山県岡山市北区東古松
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員建設省国土交通省
所属政党 無所属
公式サイト 大森まさお公式ホームページ

当選回数 2回
在任期間 2013年10月9日 - 現職
テンプレートを表示

大森 雅夫(おおもり まさお、1954年2月25日 - )は、日本政治家建設国土交通官僚岡山県岡山市長(2期)。

来歴[編集]

岡山県岡山市北区東古松生まれ。岡山市立鹿田小学校、岡山市立桑田中学校岡山県立岡山操山高等学校東京大学法学部卒業。1978年、大学を卒業し建設省に入省。本省での勤務の他、国土庁内閣府熊本県への出向も経験した。2012年9月より国土交通省国土政策局長2013年6月に退官。

同年10月、岡山市長選挙に自由民主党民主党公明党日本維新の会岡山県総支部・連合岡山の推薦を受け、無所属で出馬。元官僚で知名度不足を危ぶむ声もあったが、選挙戦では強固な組織力をバックにつけ、元衆議院議員高井崇志や元衆議院議員・岡山市議会議員熊代昭彦ら4候補を破り、初当選した。選挙戦では2期8年間の高谷市政、特に行財政改革路線の継承を訴えた。

10月9日岡山市役所に初登庁し、正式に岡山市長に就任した。

2017年10月、岡山市長選挙に自由民主党・民進党・公明党・岡山維新の会・連合岡山の推薦を受け、無所属で再び出馬。中心市街地のにぎわい創出や観光振興などに取り組んだ1期目の成果をアピールし、幅広い層の支持を集め再選した[1]

人物[編集]

  • 家族は妻、1男1女。
  • 趣味はテニス、旅行、読書(特に歴史小説)。
  • 座右の銘は「天は自ら助くるものを助く」。
  • 2006年に発覚したタウンミーティング 小泉内閣の国民対話のやらせ問題に際し、問題発生時に内閣府大臣官房会計課長の職にあったため、厳重注意処分を受けた。

年譜[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡山市長に大森氏再選=共産系新人破る”. 時事通信 (2017年10月1日). 2017年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]