橘秀徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
元衆議院議員 橘 秀徳
生年月日 (1969-06-24) 1969年6月24日(48歳)
出生地 東京都
出身校 中央大学法学部政治学
前職 議員秘書
現職 民主党神奈川県第13区総支部代表
所属政党 民主党
称号 法学士
公式サイト たちばな秀徳
当選回数 1回
テンプレートを表示

橘 秀徳(たちばな ひでのり、1969年6月24日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

東京都出身。東京都立井草高等学校中央大学法学部政治学科卒業。

大学卒業後、内閣法制局に事務官として勤務。その後、議員秘書に転身する。2002年松下政経塾に入塾。第23期生。特に少子高齢化問題を研究する(同期に三日月大造など)。2005年に卒塾し、原口一博の政策秘書となる。

民主党の公募に応募し、合格。神奈川13区の候補者となる。

2009年第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で神奈川13区から出馬し、自由民主党甘利明らを破って初当選した。

2010年民主党代表選挙では小沢一郎を支持した。

2012年内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[1]衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、反対票を投じた。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では神奈川13区に出馬したが、選挙区は4位で敗れ比例復活もならず落選した。

2015年4月26日に投開票が予定されている大和市長選挙に出馬することを表明したが[2]、次点で落選[3]

主な所属団体・議員連盟[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 野田は「消費税の引き上げを現在の衆議院議員の任期終了後となる14年4月を予定しているため、公約違反ではありません」と述べている。j-cast2012年1月27日
  2. ^ 橘氏が出馬を表明 | 大和 | タウンニュース
  3. ^ 統一地方選2015大和市長選東京新聞2015年6月16日閲覧

外部リンク[編集]