志位和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 志位 和夫
Kazuo Shii.jpg
生年月日 1954年7月29日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県四街道市
出身校 東京大学工学部物理工学科
学位・資格 工学士
前職 政党職員
所属委員会 国家基本政策委員会
世襲
選出選挙区 旧千葉1区→)
比例南関東ブロック
当選回数 8回
所属党派 日本共産党
党役職 委員長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1017号室
ウェブサイト 日本共産党幹部会委員長 衆議院議員 志位和夫のホームページ
テンプレートを表示

志位 和夫(しい かずお、1954年7月29日 - )は、日本政治家衆議院議員(通算8期)。

1990年から2000年まで日本共産党書記局長2000年から日本共産党委員長

経歴[編集]

千葉県印旛郡四街道町(現・四街道市)生まれ。千葉大学教育学部附属小学校千葉大学教育学部附属中学校千葉県立千葉高等学校東京大学工学部物理工学科卒業。

大学1年生の時、小選挙区制反対運動をきっかけに日本共産党に入党した。宮本顕治の長男・宮本太郎家庭教師を務めていた。大学卒業後、党東京都委員会に就職、早稲田大学などの青年学生運動を担当。1982年(昭和57年)から日本共産党中央委員会で勤務した。伊里一智事件での活躍を認められ、宮本顕治による抜擢で1987年(昭和62年)の第18回党大会で准中央委員に選出され、1988年(昭和63年)に書記局員に任命される。

1989年(平成元年)に党中央委員に昇格し(日本共産党規約によれば、中央委員に欠員が出た場合は日本共産党中央委員会総会の決定で准中央委員を中央委員に昇格させることができる)、1990年第19回党大会)で中央委員に再選され、第1回中央委員会総会で当時35歳の若さで党書記局長になる。この時以降、党幹部としてマスメディアに積極的に登場するようになった。議席を持たない非国会議員であったが、1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙旧千葉1区より出馬して初当選して衆議院議員となった。以後、比例単独1位による連続当選。

2000年(平成12年)の第22回党大会から不破哲三の後任として党委員長となった。2001年(平成13年)には党のTVCMに出演、ベルトを締めながら「身を引き締めて頑張ります!」と訴えた。

2006年(平成18年)、日本共産党の委員長として初めて韓国を訪問。日本が韓国併合時代に政治犯を収容した西大門刑務所跡の歴史館を日本の政治家として初めて視察し、追悼碑に献花をした[1]。その際、歴史館館長と会談をし、日本共産党は当時から朝鮮愛国者の独立の闘いに連帯しており、韓国とはこれまでいろいろな事情で交流できなかったが、歴史認識は同じであり、これからは交流をしていきたいと話した[2]

2008年(平成20年)10月、ニコニコ動画に「志位和夫チャンネル」を開設[3]2010年(平成22年)4月、歴代党委員長の中で初めて訪米した。

TPP参加問題に関しては、国家経済主権に関わる問題として、当初より「売国」や「亡国」などの表現を使い、菅内閣及び野田内閣のTPP参加方針を批判している[4][5][6][7][8][9]

主張[編集]

自衛隊海外派遣問題[編集]

2005年スマトラ沖地震2008年四川大地震の際には人道支援による自衛隊海外派遣を否定しない発言をしている[10]

安全保障に対する見解[編集]

日米安保条約反対」「自衛隊憲法違反」という立場をとっている。ただし、自衛隊については即時廃止ではなく、国民の合意を得ながら段階的に解消するとしている。詳しくは日本共産党を参照(急迫不正の主権侵害があれば、自衛隊も活用するとした「自衛隊『活用』」論)。

2015年9月19日参議院安全保障関連法の採決を控えた頃、衆議院内閣不信任決議案に賛成の立場から討論を行った。討論の中で安倍政権の3つの大罪 ①憲法平和主義を壊す、「海外で戦争する国」への暴走 ②解釈改憲による立憲主義の根底からの破壊 ③異論や批判に耳を傾けない民主主義否定の姿勢 を主張して野党席から大きな拍手が起こった。その一方で安全保障関連法は与党強行採決された[11][12]

翌日の9月20日には最終的に安保法廃止で一致する政党・団体・個人による選挙協力を行う内容の国民連合政府構想の提案を行った[13]

中国・北朝鮮に対する見解[編集]

産経新聞は、2015年11月7日にテレビ東京の番組に出演し、「中国北朝鮮にリアルな危険はない」、と報じている[14]。北朝鮮が翌年1月6日に4回目の核実験を行うと、志位は「地域と世界の平和と安定に対するきわめて重大な逆行であり、北朝鮮の核開発の放棄を求めた累次の国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙である」、「国際社会が一致して、政治的外交的努力を強め、北朝鮮に核兵器を放棄させるための実効ある措置をとることを、強く求める」と述べた[15]

米軍基地に関して[編集]

2016年1月28日の衆議院本会議代表質問沖縄県民の度重なる新基地建設反対の民意が選挙結果によって示されたことを踏まえ、辺野古への新基地建設に強く抗議した[16]

労働者雇用問題[編集]

2008年2月8日衆議院予算委員会で質問に立ち、労働者派遣事業について規制強化を要求した。小泉政権の規制緩和により解禁された日雇い労働者について、日雇い労働者の劣悪な勤務実態の実例を列挙し、政府に規制強化を要求した。また、派遣労働者に過酷な労働を強いる労働者派遣業者や宅配業者の実名を挙げ、政府に対策を要望した。それに答えて内閣総理大臣福田康夫厚生労働省の研究会に規制強化を検討させる考えを表明した。質疑の様子はYouTubeなどにアップロードされ多数閲覧された。ニコニコ動画では投稿3日でコメント数が4000件を超える[17]など、大きな反響を呼んだ。

2008年12月11日記者会見で、大企業などによる中途解雇や雇い止めに対して非正規労働者らが労働組合などを結成し、撤回を求めていることについて「労働者の社会的反撃が始まった。労働者が団結して不当な首切りから雇用を守る闘いが発展することは大事。我が党は今、労働者が反撃に立ち上がる流れに強く連帯して闘いを展開していきたい」と語り、積極支援する姿勢を強調した[18]。ただし、労働組合の関係者からリストラ阻止に向けた取り組みを求められた際、拒絶したことがある[19]

2015年2月23日衆議院予算委員会で長時間労働の問題について審議を行った。審議の中で日本経団連経済同友会役員企業35社の残業上限協定のデータを取り上げ、33社が月45時間の大臣告示を超えた協定、28社が政府が「過労死ライン」と定める月80時間以上の協定を結んでいる実態を明らかにした。この審議の中で志位は「月45時間の大臣告示の規制を法律化し法的拘束力を持ったものにすべき」と主張した[20][21]

地方参政権[編集]

永住外国人には(地方参政権において)選挙権だけでなく被選挙権も与えるべきと[22]在日本大韓民国民団の新年会に出席した際に述べた[23]

選択的夫婦別姓制度[編集]

選択的夫婦別姓制度導入には賛成の立場をとる[24][25]。「本当の意味での両性の平等、個人の尊厳、基本的人権の観点から認めるべきだ」と述べる[26]

人物[編集]

家族・親族[編集]

実父は元・千葉県船橋市議会議員(日本共産党)の志位明義(1929年 - 2005年)であり、両親とも教員日本共産党員であった。

旧日本陸軍中将志位正人(1889年10月22日 - 1945年5月6日)は実祖父、第二次世界大戦終戦時の日本軍第3方面軍参謀少佐)でシベリア抑留後は外務省職員でありKGBのスパイだった志位正二は伯父。

所属団体・議員連盟[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行年 選挙区 政党 得票順位
第40回衆議院議員総選挙 1993年 千葉1区 日本共産党 9人中5位
第41回衆議院議員総選挙 1996年 比例南関東ブロック 日本共産党 (党単独1位)
第42回衆議院議員総選挙 2000年 比例南関東ブロック 日本共産党 (党単独1位)
第43回衆議院議員総選挙 2003年 比例南関東ブロック 日本共産党 (党単独1位)
第44回衆議院議員総選挙 2005年 比例南関東ブロック 日本共産党 (党単独1位)
第45回衆議院議員総選挙 2009年 比例南関東ブロック 日本共産党 (党単独1位)
第46回衆議院議員総選挙 2012年 比例南関東ブロック 日本共産党 (党単独1位)
第47回衆議院議員総選挙 2014年 比例南関東ブロック 日本共産党 (党単独1位)
当選回数8回(衆議院議員8)

党委員長就任以来の党勢[編集]

選挙 当選者数 前回選挙との差 比例区得票率 前回選挙との差
第19回参議院議員通常選挙 5 -10 7.91% -6.69%
第43回衆議院議員総選挙 9 -11 7.76% -3.47%
第20回参議院議員通常選挙 4 -1 7.80% -0.11%
第44回衆議院議員総選挙 9 ±0 7.25% -0.51%
第21回参議院議員通常選挙 3 -1 7.48% -0.32%
第45回衆議院議員総選挙 9 ±0 7.03% -0.22%
第22回参議院議員通常選挙 3 ±0 6.10% -1.38%
第46回衆議院議員総選挙 8 -1 6.13% -0.90%
第23回参議院議員通常選挙 8 +5 9.68% +3.58%
第47回衆議院議員総選挙 21 +13 11.37% +5.24%

著書[編集]

演説内容を本にまとめたものが多い。

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2006年9月5日朝日新聞
  2. ^ 2006年9月6日しんぶん赤旗
  3. ^ ニコ動に共産党・志位委員長の公式チャンネル開設、国会質問やインタビュー - マイコミジャーナル
  4. ^ TPPこんな「亡国政治」許せません、2012年2月20日閲覧
  5. ^ TPP参加阻止――大義は国民のたたかいにある、2012年2月20日閲覧
  6. ^ TPP参加阻止へ共同 千葉県民集会 志位委員長あいさつに会場沸く、2012年2月20日閲覧
  7. ^ TPP・復興増税で論戦、2012年2月20日閲覧
  8. ^ 亡国の政治に反対貫く、2012年2月20日閲覧
  9. ^ 志位委員長『財界さっぽろ』で語る、2012年2月20日閲覧
  10. ^ 日本共産党 宮本たけし
  11. ^ 2015年9月17日 安倍内閣不信任決議案に対する志位委員長の賛成討論志位和夫公式ホームページ
  12. ^ 安全保障関連法に対する志位委員長の反対討論志位和夫公式ホームページ
  13. ^ 安保法制廃止の「国民連合政府」の実現をよびかけます志位和夫公式ホームページ
  14. ^ 共産・志位委員長「中国、北朝鮮にリアルな危険ない」産経ニュース(2015年11月7日13時30分配信)2016年1月7日閲覧
  15. ^ 北朝鮮の核実験を糾弾する日本共産党(2016年1月6日掲載)2016年1月7日閲覧
  16. ^ 2016年1月28日(木) 志位委員長の代表質問
  17. ^ 山田孝男「ハケンと志位和夫のGJ=専門編集委員・山田孝男」『風知草:ハケンと志位和夫のGJ=専門編集委員・山田孝男(毎日新聞より引用)毎日新聞社2008年2月18日
  18. ^ 中途解雇への抗議「労働者の反撃」共産・志位氏朝日新聞
  19. ^ 「虎視眈々 共産の行動隊長はオペラファン」1998年8月25日付『朝日新聞』7面
  20. ^ 政治の責任で働くものの命を守れ 雇用大改悪の根幹を突き崩す志位和夫公式ホームページ
  21. ^ 日本経団連・経済同友会役員企業35社の残業上限協定志位和夫公式ホームページ
  22. ^ 日本共産党は外国人の国政への参政権を認めていないが、地方参政権に関しては最高裁判例に従い認めている
  23. ^ しんぶん赤旗 民団の新年会に志位委員長が出席
  24. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  25. ^ 第166回国会 法務委員会 請願1277号
  26. ^ 「(教えて!結婚と法律:5)夫婦別姓、各政党の立場は?」朝日新聞、2015年12月2日
  27. ^ 公式プロフィール
  28. ^ 駒場祭講演会、2004年
  29. ^ 特集「日本共産党第19回大会」
  30. ^ 公式プロフィール
  31. ^ “아베의 시대착오 용납 못한다” (朝鮮語) ハンギョレ 2006.9.13付記事
  32. ^ 共産党の志位委員長が躍進手応え語る 日刊スポーツ 2014年12月6日付
  33. ^ 『政治家の本棚』朝日新聞社 (2002年04月) p.392
  34. ^ 『赤旗』1994年2月23日付
  35. ^ 「年男」同士の自共対決 首相「午年で、へっへっへ」 志位氏「午年で、ふふふ」
  36. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


党職
先代:
不破哲三
日本共産党委員長
第5代:2000年 -
次代:
現職
先代:
金子満広
日本共産党書記局長
第3代:1990年 - 2000年
次代:
市田忠義