鈴木馨祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 馨祐
すずき けいすけ
Suzuki keisuke 01.jpg
外務副大臣在任中に公表された肖像写真
生年月日 (1977-02-09) 1977年2月9日(45歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 東京大学法学部第3類
前職 国家公務員大蔵省財務省
現職 自由民主党広報副本部長
衆議院議員
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 鈴木けいすけ 公式ホームページ 〜I Believe in Japan〜

選挙区比例南関東ブロック→)
神奈川7区
当選回数 5回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

鈴木 馨祐(すずき けいすけ、1977年2月9日 - )は、日本政治家、元大蔵官僚自由民主党所属の衆議院議員(5期)、衆議院法務委員長自由民主党広報副本部長。

国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官第3次安倍内閣)、自由民主党青年局長財務副大臣外務副大臣自由民主党財務金融部会長を歴任した。

来歴[編集]

東京大学法学部第3類(政治コース)卒業後、大蔵省(現:財務省)に入省[1]国際局総務課に配属される[2]2000年7月、国際局開発政策課。その後、福岡国税局勤務、ジョージタウン大学フェロー、ニューヨーク副領事、厚生労働省職業安定局出向(係長職)などを経て2005年8月に退官。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙比例南関東ブロック単独で自民党から立候補し、初当選。

2006年12月9日、麻生派(為公会)の旗揚げに参加。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では、引退表明した同じ派閥の鈴木恒夫の後継者として神奈川7区から立候補(同じ苗字だが血縁関係はない)したが落選。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では、再度神奈川7区から立候補し当選、国政[要曖昧さ回避]に復帰した。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙で3選。第3次安倍内閣国土交通大臣政務官土地・建設産業鉄道自動車観光及び気象の担当[3])兼内閣府大臣政務官に任命される[4]

2017年10月、アール・エフ・ラジオ日本黒田有彩と組んで「SPARK IGNITION」担当開始。10月22日第48回衆議院議員総選挙で、立憲民主党中谷一馬希望の党の新人を破り4選(中谷は比例復活)[5]

2018年10月4日第4次安倍改造内閣財務副大臣(担務は税制改正、関税改正、国際問題、参議院関係の事務)に就任[6]

2019年9月13日第4次安倍第2次改造内閣外務副大臣(担当は中東アフリカ北米中南米国際協力地球環境問題など)に就任[7][8]

2020年10月、財務省金融庁所管の政策を扱う自民党財務金融部会長に就任[9]。同年11月、自民党金融調査会幹事長代行を併任する[10]

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で中谷に接戦に追い込まれるも辛勝し5選。同年11月、自民党金融調査会幹事長[11]

略歴[編集]

  • 1977年2月9日 イギリスロンドン生まれ
  • 1989年3月 目黒区立不動小学校卒業
  • 1992年3月 開成中学校卒業
  • 1995年3月 開成高等学校卒業
  • 1999年
  • 2005年
    • 8月 財務省退官
    • 9月11日 第44回衆議院議員総選挙(比例南関東ブロック、自民党公認)1期目当選
  • 2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認、公明党推薦[12])落選
  • 2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認)2期目当選
  • 2014年
    • 12月14日 第47回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認)3期目当選
    • 12月25日 国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官就任
  • 2017年
  • 2021年
    • 10月31日 第49回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認)5期目当選

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2012年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[14]。2014年、2017年の朝日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[15][16]
  • 9条改憲について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[17]。2017年の毎日新聞社のアンケートで「改正して、自衛隊の役割や限界を明記すべき」と回答[18]
  • 2014年7月1日、政府は従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認することを閣議で決定[19]。この閣議決定を評価するかとの問いに対し、同年の朝日新聞社のアンケートで「大いに評価する」と回答[15]。集団的自衛権の行使に賛成かとの問いに対し、同年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[17]

外交・安全保障[編集]

  • 「政府が尖閣諸島を国有化したことを評価するか」との問いに対し、2012年の毎日新聞社のアンケートで「評価する」と回答[14]
  • 従軍慰安婦に対する旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し議論について、2014年の毎日新聞社のアンケートで回答しなかった[17]

その他[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートで「賛成」と回答[16]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年のアンケートで「賛成」と回答[16]
  • アベノミクスについて、2014年の毎日新聞社のアンケートで「評価する」と回答[17]。2017年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらかと言えば評価する」と回答[16]、同年の毎日新聞社のアンケートでは「評価する」と回答[18]
  • 原子力発電所は日本に必要だと思うか」との問いに対し、2014年の毎日新聞社のアンケートで「必要」と回答[17]
  • 首相の靖国神社参拝について、2014年、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[15][16]
  • 「『道徳』を小中学校の授業で教え、子供を評価することに賛成か、反対か」との問いに対し、2014年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[17]
  • ドナルド・トランプ大統領を信頼できるか」との問いに対し、2017年の毎日新聞社のアンケートで「信頼できる」と回答[18]

所属団体・議員連盟[編集]

所属する議員連盟[20]

  • 次世代の税制を考える会 幹事世話人
  • 監査法人の監視・監督のための国際機関(IFIAR)を日本に誘致する議員の会 会長
  • 地球環境国際議員連盟(GLOBE japan) 事務総長
  • NGO・NPOの戦略的あり方を検討する会 事務局長
  • 核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)日本 事務局長
  • 国際連合食糧農業機関(FAO)議員連盟 事務局長
  • 北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟 事務局次長
  • グラウンド・ゴルフ振興議員連盟 幹事
  • 日本・台湾 経済文化交流を促進する若手議員の会(日台若手議連) 幹事

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 28 比例南関東 自由民主党 ー票 ー% 22 ー/ー 8/10
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 32 神奈川7区 自由民主党 10万9844票 39.99% 1 2/3 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 35 神奈川7区 自由民主党 10万5920票 42.13% 1 1/5 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 37 神奈川7区 自由民主党 10万1088票 44.38% 1 1/5 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 40 神奈川7区 自由民主党 10万3324票 47.00% 1 1/3 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 44 神奈川7区 自由民主党 12万8870票 50.86% 1 1/2 /

著書[編集]

寄稿[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木馨祐プロフィール
  2. ^ 神奈川7区(港北・都筑区) 鈴木恒夫衆議院議員次期衆院選不出馬表明 かながわ自民党
  3. ^ 鈴木馨祐 国土交通大臣政務官・内閣府政務官退任にあたって
  4. ^ 財務副大臣に菅原氏 国交政務官は鈴木氏”. 日本経済新聞. 2014年12月25日閲覧。
  5. ^ 神奈川-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  6. ^ 活動報告>平成30年10月4日 財務副大臣に就任
  7. ^ “副大臣決まる、第4次安倍第2次改造内閣”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-9/2019091601.html 2019年9月17日閲覧。 
  8. ^ 政治家 鈴木けいすけの国政日々雑感 財務副大臣を退任し外務副大臣に就任
  9. ^ 2020年10月6日のツイート
  10. ^ 調査会・特別委員会・特命委員会 2020/11/12
  11. ^ 調査会・特別委員会・特命委員会 2022/4/8
  12. ^ 公明、比例15人を公認…自民128人も追加推薦 読売新聞 2009年8月6日
  13. ^ SPARK IGNITIONアール・エフ・ラジオ日本
  14. ^ a b c 神奈川7区 鈴木馨祐”. 2012衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  15. ^ a b c 政策課題 政党・候補者のスタンスは”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選. 朝日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g 鈴木馨祐”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  17. ^ a b c d e f 神奈川7区 鈴木馨祐”. 2014衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  18. ^ a b c “第48回衆院選 自民 神奈川7区 鈴木馨祐”. 毎日新聞社. オリジナルの2017年10月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171022211813/https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A14007001001 2022年5月19日閲覧。 
  19. ^ “憲法解釈変更を閣議決定 集団的自衛権の行使容認”. 日本経済新聞. (2014年7月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0103O_R00C14A7MM8000/ 2022年5月19日閲覧。 
  20. ^ https://www.suzukikeisuke.jp/profile/d_profile.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
阿部俊子
佐藤正久
日本の旗 外務副大臣
若宮健嗣と共同

2019年 -2020年
次代
鷲尾英一郎
宇都隆史
先代
上野賢一郎
木原稔
日本の旗 財務副大臣
上野賢一郎と共同

2018年 -2019年
次代
遠山清彦
藤川政人
先代
土井亨
中原八一
坂井学
日本の旗 国土交通大臣政務官
上野賢一郎
青木一彦と共同

2014年 - 2015年
次代
宮内秀樹
江島潔
津島淳
党職
先代
牧原秀樹
自由民主党青年局長
2016年 - 2018年
次代
佐々木紀
議会
先代
義家弘介
日本の旗 衆議院法務委員長
2021年 -
次代
現職