鈴木馨祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 馨祐
すずき けいすけ
生年月日 (1977-02-09) 1977年2月9日(40歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 東京大学法学部第3類
前職 国家公務員財務省
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 鈴木けいすけ 公式ホームページ 〜I Believe in Japan〜

選挙区 比例南関東ブロック→)
神奈川7区
当選回数 4回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

鈴木 馨祐(すずき けいすけ、1977年2月9日 - )は、日本政治家官僚自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自由民主党青年局長

国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官第3次安倍内閣)を歴任した。

来歴[編集]

東京大学法学部第3類(政治コース)卒業後、大蔵省(現:財務省)に入省[1]。国際局総務課・開発政策課、福岡国税局勤務、ジョージタウン大学フェロー、ニューヨーク副領事、厚生労働省出向などを経て2005年8月に退官。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙比例南関東ブロック単独で自民党から立候補し、初当選。

2006年12月9日、麻生派(為公会)の旗揚げに参加。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では、引退表明した同じ派閥の鈴木恒夫の後継者として神奈川7区から立候補(同じ苗字だが血縁関係はない)したが落選。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では、再度神奈川7区から立候補し当選、国政に復帰した。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙で3選。第3次安倍内閣国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官に任命される[2]

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙で、立憲民主党中谷一馬希望の党の新人を破り4選(中谷は比例復活)[3]

略歴[編集]

  • 1977年2月9日 イギリスロンドン生まれ
  • 1989年3月 目黒区立不動小学校卒業
  • 1992年3月 開成中学校卒業
  • 1995年3月 開成高等学校卒業
  • 1999年
  • 2005年
    • 8月 財務省退官
    • 9月11日 第44回衆議院議員総選挙(比例南関東ブロック、自民党公認)1期目当選
  • 2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認、公明党推薦[4])落選
  • 2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認)2期目当選
  • 2014年
    • 12月14日 第47回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認)3期目当選
    • 12月25日 国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官就任
  • 2017年
    • 10月22日 第48回衆議院議員総選挙(神奈川7区、自民党公認)4期目当選

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 趣味は、音楽鑑賞(クラシックからロックまで)、絵画鑑賞、読書(歴史もの等)、スポーツ(ボート、自転車、ジム)、職業・国を越えた友人、知人との会話[1]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

寄稿[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴木馨祐プロフィール
  2. ^ 財務副大臣に菅原氏 国交政務官は鈴木氏”. 日本経済新聞. 2014年12月25日閲覧。
  3. ^ 神奈川-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  4. ^ 公明、比例15人を公認…自民128人も追加推薦 読売新聞 2009年8月6日
  5. ^ “2012衆院選 神奈川7区 鈴木馨祐”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A14007005005 2014年12月27日閲覧。 
  6. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  7. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
牧原秀樹
自由民主党青年局長
2016年 -
次代:
現職