山田賢司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田 賢司
やまだ けんじ
YAMADA, Kenji.jpg
生年月日 (1966-04-20) 1966年4月20日(51歳)[1]
出生地 日本の旗 大阪府[2]
出身校 神戸大学法学部卒業
前職 信託銀行員、ボランティア団体代表
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 山田賢司公式サイト

選挙区 兵庫7区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[3] - 現職
テンプレートを表示

山田 賢司(やまだ けんじ、1966年4月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

人物[編集]

大阪府出身。1985年米国インディアナ州ノースビュー高校卒業、1986年大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎卒業、1990年神戸大学法学部を卒業。同年、住友銀行に入行し、通商産業省に出向。2006年よりSG信託銀行に勤務しつつ、芦屋・西宮を中心として子供向けボランティア活動に従事[4]2010年に芦屋キワニスクラブ会長に就任[5]

尖閣諸島中国漁船衝突事件をきっかけに政治家を志す[6]。自民党兵庫県連の公募に応じ[6]2012年第46回衆議院議員総選挙兵庫7区から自民党公認で立候補。民主党前職の石井登志郎らを破り初当選した[3]2014年第47回衆議院議員総選挙で再選。2017年第48回衆議院議員総選挙で3選。

主張[編集]

  • 日本のTPP参加に反対[7]
  • 日本の核武装について、検討を始めるべきとしている[7]
  • 原子力発電所に対して否定的であり、代替エネルギーとしてメタンハイドレートを提案している[8]
  • 女性宮家の創設に反対[7]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に反対[9]
  • 消費増税の先送りを評価するとしている[10]
  • 当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだとしている[10]
  • 外国人労働者の受け入れ推進には、どちらかといえば反対としている[10]
  • 原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだとしている[10]

拉致問題[編集]

  • 自民党拉致対策本部のアクションプラン検討チーム事務局長として被害者帰国実現に向けた提言をとりまとめ安倍総理に提言した[11]
  • 2017年9月 超党派の衆参両院議員で構成される拉致議連の代表の1人として、他の議員や横田拓也とともに、国家安全保障会議国防総省国務省の高官や、上下両院議員、大手研究機関の上級研究員などと会談し、救出の必要性を訴えた[12]

発言[編集]

2015年2月17日の衆議院本会議代表質問において、ISILによる日本人拘束事件に関連する代表質問を行っていた日本共産党委員長志位和夫に向けて「さすがテロ政党!」との野次を飛ばした。同月19日、自民党の小此木八郎国対委員長代理と国会内の共産党控室を訪れ、自身が野次を飛ばしたことを名乗り出て謝罪した[13][14]

その他[編集]

  • 2013年、山田の公設秘書が、電車内で痴漢をしたとして滋賀県迷惑行為等防止条例違反の疑いで大津署現行犯逮捕された[15]
  • 2015年4月の西宮市議会議員選挙に落選した元公設秘書が、自身の選挙を山田が全く応援しなかったとして2015年7月、事務所勤務時代に毎月秘書給与を事務所に戻させられたなど週刊誌に実名で告発した[16]

元秘書は、2014年に山田事務所を辞めた後の2015年2月から5月に提出された山田の3つの政治団体の政治資金収支報告書に勝手に名前を使われた他、金額に95万円の食い違いがあるなど、虚偽の記載があるとして2015年12月に再び神戸地検告発した[17]が、いずれも不起訴となった[18]。 なお、元秘書は、自分が収支報告書提出作業を終了したと自身のFacebookに投稿している[19]。 元秘書は、自身のブログでこれらの告発を行なった後、2016年2月西宮市内の路上の車内で死亡しているのが発見された[20]。現在、死亡した元秘書のブログから告発に関する記事は除去されている[21]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 時事ドットコム:衆議院議員選挙2012
  2. ^ 山田賢司: 兵庫7区 : プロフィル : 衆院選2012 : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  3. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日兵庫県選挙管理委員会告示第78号(衆議院議員総選挙における当選人の住所及び氏名等)
  4. ^ 公式HP経歴
  5. ^ 芦屋キワニスクラブ第4期会長芦屋キワニスクラブHP
  6. ^ a b 政官要覧 平成28年春号
  7. ^ a b c “2012衆院選 兵庫7区 山田賢司”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナル2013年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130101025327/http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A28007004004 2014年9月17日閲覧。 
  8. ^ 平成26年4月8日第186回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ a b c d 朝日新聞×ANN 2017衆院選
  11. ^ 拉致問題解決 13項目を首相に提言 自民の対策本部 神戸新聞 2017年4月12日
  12. ^ トランプ氏の拉致言及に一役買った元海兵隊の高官 横田拓也さんの話に身を乗り出し「大統領に必ず知らせる」JBpress2017年9月25日
  13. ^ 「共産党=テロ政党」野次、「自民=ネオナチ」発言、どちらが“歴史的事実”に即しているか産経新聞
  14. ^ 「テロ政党」のやじを謝罪 自民・山田氏が共産に 47NEWS(よんななニュース) 2015年2月19日[リンク切れ]
  15. ^ 「自民・山田賢司衆院議員の秘書、痴漢で逮捕 」、産経新聞、2013年2月15日
  16. ^ 「実名告白 元公設第一秘書が刑事告訴『私は自民党代議士に給料をピンハネされ続けた』」 週刊現代 2015年8月1日号
  17. ^ 「自民兵庫7区の山田議員を告発 政治資金収支報告書にうその記載と」、産経新聞、2016年4月20日。
  18. ^ “虚偽収支報告で告発 山田衆議院議員不起訴処分に 神戸地検”. 神戸新聞. (2016年12月17日) 
  19. ^ Facebookの該当記事
  20. ^ “衆院議員の元男性秘書 練炭自殺か 西宮の路上”. 神戸新聞. (2016年2月12日). http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201602/0008799258.shtml 
  21. ^ 秘書の公式ブログ(削除前)WEBアーカイブ秘書の公式ブログ(削除後)
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y Yahoo!みんなの政治 山田賢司
  23. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  24. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]