藤井比早之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤井 比早之
ふじい ひさゆき
Hisayuki Fujii.jpg
公式肖像写真(2011年撮影)
生年月日 (1971-09-11) 1971年9月11日(50歳)
出生地 兵庫県西脇市
出身校 東京大学法学部
前職 彦根市副市長
総務省旧・自治省官僚
所属政党 自由民主党菅義偉G
公式サイト 藤井ひさゆき公式サイト

選挙区 兵庫4区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職
テンプレートを表示

藤井 比早之(ふじい ひさゆき、1971年9月11日 - )は、日本政治家、元総務官僚自由民主党所属の衆議院議員(4期)。

デジタル副大臣内閣府副大臣新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進縦割り打破行政改革規制改革沖縄及び北方領土問題対策等担当)(菅義偉内閣)、国土交通大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、彦根市副市長を歴任。

来歴[編集]

2017年6月30日、米国住宅都市開発長官ベン・カーソンの会談

兵庫県西脇市出身[2]西脇市立西脇小学校兵庫教育大学附属中学校兵庫県立小野高等学校東京大学法学部卒業[2]

1995年自治省(現総務省)入省[3]総務副大臣秘書官、内閣官房参事官補佐等を務め、2009年彦根市副市長に就任[4][3]

総務省を退官後、2012年第46回衆議院議員総選挙自由民主党公認で兵庫4区から出馬。前職の民主党高橋昭一日本維新の会清水貴之を下して初当選[5]2014年第47回衆議院議員総選挙でも再選[6]

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、国土交通大臣政務官に就任[7]

2017年の第48回衆議院議員総選挙で3選。

2020年9月18日、菅義偉内閣内閣府副大臣(縦割り打破、行政改革、規制改革、デジタル改革、デジタル庁新設、情報通信技術(IT)政策、マイナンバー制度、沖縄及び北方対策等担当)に就任。

2021年1月19日、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当副大臣に就任。

2021年9月1日、初代デジタル副大臣に就任。

2021年の第49回衆議院議員総選挙で4選。

政策[編集]

  • 日本酒の原料となる最高級酒米・山田錦の生産調整(減反)枠外での増反・増産を可能となり、生産者、酒蔵、生産者ともに三方良しの制度へ改正[8]
  • 選挙の際に聴覚障害者向けに筆記で発言を説明する担当者(要約筆記者)に対する報酬支払の解禁[9]
  • 原発は日本に必要[10]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[11]

人物[編集]

  • 地元の声を受け、酒米減反政策の対象から外すことに取り組んだ結果、地元の酒米「山田錦」の増産につながったと語っている[12][13]
  • 自身のポスターを指差しポーズで作成したところ、地元の子どもたちから「ひさゆきビーム」と言われたので、後に指先から光が出てるように加工した[14]

所属団体・議員連盟[編集]

議員連盟等

国会における主な役職[2]

  • 予算委員会 委員
  • 財務金融委員会 理事
  • 憲法審査会 委員
  • 農林水産委員会 委員
  • 国土交通委員会 委員
  • 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 理事
  • 科学技術・イノベーション推進特別委員会 理事

自由民主党における主な役職[2]

  • 国会対策委員会 副委員長
  • 農林部会 部会長代理

著書[編集]

寄稿[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月18日兵庫県選挙管理委員会告示第78号(衆議院議員総選挙における当選人の住所及び氏名等)
  2. ^ a b c d プロフィール『藤井ひさゆき』2016年1月31日閲覧
  3. ^ a b 国会議員 藤井 比早之(ふじい ひさゆき)『時事ドットコム』2016年1月31日閲覧
  4. ^ 藤井比早之君『衆議院』2016年1月31日閲覧
  5. ^ 兵庫 小選挙区 : 開票結果 : 総選挙2012『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年1月31日閲覧
  6. ^ 開票結果・速報(小選挙区・兵庫) : 衆院選2014(衆議院選挙)『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年1月31日閲覧
  7. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  8. ^ 神戸新聞 平成27年3月24日朝刊「三方良しの制度改正」、公式ページ:山田錦ものがたり
  9. ^ 産経ニュース2016年3月31日、セルポート神戸2016年4月21号「永田町より一筆啓上」[1]
  10. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  12. ^ 【候補者に聞く】藤井比早之氏 地域の懸案解決に尽力『神戸新聞NEXT』2014年12月4日
  13. ^ 【関西の議論】最高級「山田錦」奪い合い 〝冬の時代〟でもプレミアム銘柄には行列 国も規制緩和でブーム後押し(1/4ページ)『産経WEST』2015年5月5日
  14. ^ 【自民党"謙"聞録】12時間耐久カフェスタ Part.2_その11(2015.2.18)『自民党Youtubeチャンネル』2016年2月18日 29分39秒から
  15. ^ “2021年7月号_7面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_7%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  16. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
新設
日本の旗 デジタル副大臣
2021年
次代:
小林史明
先代:
赤沢亮正
三ッ林裕巳
丹羽秀樹
長坂康正
江島潔
堀内詔子
中山泰秀
渡辺猛之
日本の旗 内閣府副大臣
赤沢亮正
三ッ林裕巳
田野瀬太道丹羽秀樹
長坂康正
江島潔
堀内詔子
中山泰秀
岩井茂樹渡辺猛之と共同

2020年 - 2021年
次代:
大野敬太郎
黄川田仁志
赤池誠章
小林史明
池田佳隆
山本博司
細田健一
石井正弘
渡辺猛之
務台俊介
鬼木誠
先代:
宮内秀樹
江島潔
津島淳
日本の旗 国土交通大臣政務官
大野泰正
根本幸典と共同

2016年 - 2017年
次代:
­ 秋本真利
高橋克法
簗和生