磯﨑仁彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磯﨑 仁彦
いそざき よしひこ
Isozaki.jpg
生年月日 (1957-09-08) 1957年9月8日(64歳)
出生地 日本の旗 日本 香川県丸亀市
出身校 東京大学法学部
前職 全日本空輸株式会社従業員
現職 参議院議員
内閣官房副長官(政務担当)
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト いそざき仁彦|自由民主党 参議院議員

日本の旗 内閣官房副長官
(政務担当)
内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
在任期間 2021年10月4日 - 現職

選挙区 香川県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

磯﨑 仁彦(いそざき よしひこ、1957年9月8日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、内閣官房副長官

参議院環境委員長内閣府副大臣経済産業副大臣経済産業大臣政務官内閣府大臣政務官、自由民主党副幹事長などを歴任。有用微生物利活用推進議員連盟自民党たばこ議員連盟などに所属。

概要[編集]

香川県丸亀市出身。香川県立丸亀高等学校を経て、1983年(昭和58年)3月、東京大学法学部卒業。同年4月、全日本空輸に入社。大阪や本社で27年間勤務、2010年3月、CSR推進リスクマネジメント部長を最後に退社。同年、自民党香川県連の公募に一般人で唯一応募し、第22回参議院議員通常選挙の自民党公認候補予定者として選ばれる。 同年4月、自由民主党香川県参議院選挙区第1支部支部長に就任[1]

2010年7月、第22回参議院議員通常選挙香川県選挙区に自由民主党から出馬し、高松市副市長で無所属の岡内須美子を約4万5千票差で破り、初当選[2]

2013年9月、経済産業大臣政務官内閣府大臣政務官に就任(2014年9月、退任)。

2014年9月、自由民主党副幹事長に就任(2015年12月、退任)。

2016年1月、参議院環境委員長に就任(2016年9月、退任)。

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙で香川県選挙区から出馬し、日本共産党の田辺健一らをダブルスコア以上の大差をつけて破り、再選。

2016年8月、自民党環境部会長に就任[3]

政策・主張[編集]

  • 憲法改正に賛成[4][5]
  • 消費税の10%を超える増税に賛成[5]
  • 戦前日本軍慰安婦強制連行したとする主張に反対しており、米紙「慰安婦」否定意見広告にも賛同した[6]
  • 2010年のアンケートで、選択的夫婦別姓制度の導入に「反対」と回答[4]
  • 2021年1月30日、磯﨑ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして磯﨑らを批判した[7][8][9][10][11]

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール|いそざき仁彦
  2. ^ 磯崎仁彦:プロフィール
  3. ^ 自民党.部会長が内定 農林部は小泉進次郎氏が留任
  4. ^ a b 毎日新聞2010年参院選アンケート
  5. ^ a b “2016参院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2016/asahitodai/koho.html?k=B00001CB0 2020年4月19日閲覧。 
  6. ^ しんぶん赤旗 2013年1月6日
  7. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  8. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  9. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  10. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  11. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “選択的夫婦別姓 自民議員が反対派に思うこと「理解不足と差別思想を感じた」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94526 2021年4月7日閲覧。 
  12. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  13. ^ 在職2年目通知表”. http://www.isozaki-yoshihiko.com/. いそざき仁彦. 2018年12月17日閲覧。
  14. ^ 最新の護る会|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road

外部リンク[編集]

公職
先代:
岡田直樹
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当・参議院)
2021年 -
次代:
現職
先代:
越智隆雄
赤間二郎
田中良生
坂井学
葉梨康弘
水落敏栄
武藤容治
秋元司
伊藤忠彦
山本朋広
日本の旗 内閣府副大臣
左藤章
田中良生
中根一幸
佐藤ゆかり
浮島とも子
塚田一郎
秋元司
原田憲治と共同

2018年 - 2019年
次代:
大塚拓
平将明
宮下一郎
寺田稔
亀岡偉民
松本洋平
御法川信英
石原宏高
山本朋広
先代:
西銘恒三郎
武藤容治
日本の旗 経済産業副大臣
関芳弘と共同

2018年 - 2019年
次代:
牧原秀樹
松本洋平
先代:
佐藤ゆかり
平将明
日本の旗 経済産業大臣政務官
田中良生と共同

2013年 - 2014年
次代:
関芳弘
岩井茂樹
先代:
山際大志郎
亀岡偉民
島尻安伊子
北村茂男
平将明
秋野公造
日本の旗 内閣府大臣政務官
亀岡偉民
小泉進次郎
福岡資麿
伊藤忠彦
浮島智子と共同

2013年 - 2014年
次代:
越智隆雄
松本洋平
小泉進次郎
大塚拓
岩井茂樹
大塚高司
福山守
石川博崇
議会
先代:
島尻安伊子
日本の旗 参議院環境委員長
2016年
次代:
森まさこ