末松信介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
末松 信介
すえまつ しんすけ
Shinsuke Suematsu in Takarazuka (04) IMG 2150 20130407.JPG
生年月日 (1955-12-17) 1955年12月17日(62歳)
出生地 日本の旗 兵庫県神戸市西区
出身校 関西学院大学法学部
前職 全日本空輸従業員
所属政党 自由民主党細田派
公式サイト 参議院議員 末松信介 ホームページ

選挙区 兵庫県選挙区
当選回数 3回
在任期間 2004年7月26日 - 現職

当選回数 6回
在任期間 1983年 - 1993年
1995年 - 2004年
テンプレートを表示

末松 信介(すえまつ しんすけ、1955年12月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(3期)。

国土交通副大臣内閣府副大臣復興副大臣第3次安倍第2次改造内閣)、財務大臣政務官福田康夫改造内閣麻生内閣)、参議院外交防衛委員長行政監視委員長兵庫県議会副議長(第104代)、兵庫県議会議員(6期)等を務めた。

来歴[編集]

兵庫県神戸市西区生まれ[1]神戸大学附属明石中学校三田学園高等学校関西学院大学法学部卒業[2]。大学卒業後、全日本空輸(ANA)に入社[1][2]

1983年兵庫県議会議員に初当選した[1][2]1987年1991年に再選。1993年、県議を3期目の任期途中で辞職し、第40回衆議院議員総選挙保守無所属旧兵庫1区(定数5)から出馬したが、得票数8位で落選した[2]1995年、県議に返り咲き、1996年に第104代兵庫県議会副議長に選出された[1][2]2001年より自由民主党兵庫県連政務調査会長2003年より同幹事長[1][2]

2004年第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で兵庫県選挙区(定数2)から出馬し、民主党新人の水岡俊一に次ぐ得票数2位で当選した[2]2008年福田康夫改造内閣財務大臣政務官に任命され、麻生内閣まで務めた。2009年より自民党兵庫県連会長[2]

2010年第22回参議院議員通常選挙では、自民党公認で兵庫県選挙区から出馬し、民主党現職の水岡俊一を上回る69万票あまりを獲得して再選。同年10月より参議院行政監視委員長[2]2013年参議院外交防衛委員長に就任[2]

2016年第24回参議院議員通常選挙では、定数が2から3に増員された兵庫県選挙区から自民党公認で出馬。この選挙では、公明党が24年ぶりに候補者を擁立し、おおさか維新の会も候補を擁立し自民党支持層の取り込みを図っていたが、得票数トップで再選を果たし、公明党新人の伊藤孝江、おおさか維新の会新人の片山大介がいずれも当選した[3]。同年8月、第3次安倍第2次改造内閣国土交通副大臣自動車鉄道土地建設産業等担当[4])、内閣府副大臣ならびに復興副大臣地震津波災害からの復興に関する事項担当)に任命され、3つの省庁の副大臣を兼務した[5]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

政治資金問題
2010年第22回参議院議員通常選挙に際し、自身が代表を務める自民党兵庫県参院選挙区第一支部から1157万円の寄付を受け、それを自身の政治資金収支報告書に記載していたが、支部の政治資金収支報告書にその寄付の記載がなく、また支部には1157万円もの金額を寄付できるだけの原資も存在しなかった[9]。また、末松の政治資金管理団体である「末松信介後援会」が2010年から2014年までの5年間にわたり、中学校の同窓会やヨットクラブ、書道教室等に計10回、20万4800円を会費の名目で支出しており、大阪市の市民団体「政治資金オンブズマン」により政治資金規正法違反(不記載)ならびに公職選挙法違反の疑いで神戸地方検察庁に告発された[9]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 末松 信介(すえまつ しんすけ):参議院
  2. ^ a b c d e f g h i j 参議院議員 末松信介 ホームページ - プロフィール
  3. ^ “自民の末松信介氏、組織票積み上げ3選…兵庫”. 読売新聞. (2016年7月10日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news/20160710-OYT1T50087.html 2017年10月22日閲覧。 
  4. ^ 末松副大臣会見要旨 2016年8月10日(水)
  5. ^ “副大臣:20人交代 閣議決定”. 毎日新聞. (2016年8月5日). http://mainichi.jp/articles/20160805/k00/00e/010/220000c 2017年10月22日閲覧。 
  6. ^ “超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ”. 産経新聞. (2011年4月14日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110414/stt11041410410005-n1.htm 2011年4月14日閲覧。 Archived 2011年4月15日, at the Wayback Machine.
  7. ^ a b c d “2016参院選 自民 兵庫 末松 信介”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B28000002002 2017年10月22日閲覧。 
  8. ^ “朝日新聞2016年参院選候補者アンケート”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2016/asahitodai/ 2016年6月23日閲覧。 
  9. ^ a b “出所不明の政治資金1157万円 自民 末松参院議員(兵庫選挙区)を告発”. しんぶん赤旗. (2016年2月5日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-05/2016020501_04_1.html 2017年10月22日閲覧。 

外部リンク[編集]

議会
先代:
加藤敏幸
日本の旗 参議院外交防衛委員長
2013年 - 2014年
次代:
片山さつき
先代:
伊達忠一
日本の旗 参議院行政監視委員長
2010年 - 2011年
次代:
福岡資麿
公職
先代:
土井亨山本順三
日本の旗 国土交通副大臣
田中良生と共同

2016年 - 2017年
次代:
­牧野京夫秋元司
先代:
高鳥修一松本文明福岡資麿松下新平盛山正仁冨岡勉高木陽介山本順三井上信治若宮健嗣
日本の旗 内閣府副大臣
石原宏高越智隆雄松本洋平赤間二郎盛山正仁水落敏栄高木陽介伊藤忠彦若宮健嗣と共同

2016年 - 2017年
次代:
­越智隆雄福田峰之松本文明坂井学葉梨康弘水落敏栄武藤容治秋元司伊藤忠彦山本朋広
先代:
長島忠美若松謙維山本順三
日本の旗 復興副大臣
橘慶一郎長沢広明と共同

2016年 - 2017年
次代:
­土井亨長沢広明秋元司
先代:
宮下一郎小泉昭男
日本の旗 財務大臣政務官
三ツ矢憲生と共同

2008年 - 2009年
次代:
大串博志古本伸一郎