横尾龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横尾 龍(よこお しげみ、男性、1883年(明治16年)7月21日1957年(昭和32年)1月7日)は、日本の実業家、政治家。通商産業大臣

来歴[編集]

佐賀県小城郡芦刈町(現・小城市)に生まれる。佐賀県尋常中学校唐津分校第五高等学校を経て、1907年東京帝国大学工科大学造船科を卒業、三菱長崎造船所に入社する。その後鈴木商店に転職し、1929年播磨造船所(IHIの前身企業の一つ)専務取締役となる。1943年社長に就任。

戦後の1949年兵庫県選挙区で行われた参議院補欠選挙に民主自由党より立候補し当選。1950年第3次吉田内閣第1次改造内閣にて通商産業大臣として入閣する。1953年に早くも政界を引退。

1957年1月7日、肺炎のため逝去。享年73。


公職
先代:
高瀬荘太郎
日本の旗 通商産業大臣
第5代:1950年 - 1951年
次代:
高橋龍太郎