菅原一秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
菅原 一秀
すがわら いっしゅう
生年月日 (1962-01-07) 1962年1月7日(55歳)
出生地 日本の旗東京都練馬区
出身校 早稲田大学政治経済学部
前職 日商岩井従業員
所属政党 自由民主党(無派閥)
称号 学士
公式サイト すがわら一秀オフィシャルサイト

選挙区 東京9区→)
比例東京ブロック→)
東京9区
当選回数 5回
在任期間 2003年11月9日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 1997年 - 2000年

当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1997年
テンプレートを表示

菅原 一秀(すがわら いっしゅう、1962年1月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自由民主党副幹事長・東京都連会長代行。

財務副大臣第3次安倍内閣)、経済産業副大臣第2次安倍内閣)、厚生労働大臣政務官第1次安倍内閣)、東京都議会議員(1期)、練馬区議会議員(2期)等を務めた。

来歴[編集]

東京都練馬区生まれ。早稲田実業高等学校早稲田大学政治経済学部卒業。日商岩井に入社[1]

1991年練馬区議会議員選挙に出馬し、初当選。1995年に再選されるが、1997年に辞職。同年の東京都議会議員選挙に出馬し、当選。当選同期に、川井重勇(第47代都議会議長)、近藤弥生(足立区長)高島直樹(第46代都議会議長)、土屋敬之(元都議会議員)、中西一善(元衆議院議員)、松原忠義(大田区長)らがいる。2000年、都議を辞職し、第42回衆議院議員総選挙自由民主党公認で東京9区から出馬。民主党前職の吉田公一に敗れ、比例復活も叶わず落選。2003年第43回衆議院議員総選挙に再び東京9区から自民党公認で出馬し、前回敗れた吉田を下して当選した。2005年第44回衆議院議員総選挙では、東京9区で民主党新人の川島智太郎を破り、再選。当選後、自由民主党副幹事長に就任。第1次安倍内閣では厚生労働大臣政務官に任命された[1]

2009年8月3日発行の朝日新聞紙面にて、2007年に菅原の選出選挙区である東京9区の支持者らに対して1個約2千円のメロンを贈っていた、と報じられた[2]公職選挙法では、国会議員およびその後援団体の、選挙区内での金品の贈与が禁止されている[2]

2008年自由民主党総裁選挙では、同じ東京都選出で都連会長の石原伸晃の推薦人に名を連ねる[3]2009年第45回衆議院議員総選挙では東京9区で民主党新人の木内孝胤に敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、3選。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、東京9区で日本未来の党に鞍替えした木内らを破り、4選。選挙後に発足した第2次安倍内閣経済産業副大臣に任命された。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、東京9区で5選。選挙後に発足した第3次安倍内閣では、選挙区内の有権者への顔や名前入りのカレンダーの配布や政治資金収支報告書の一部不記載により公職選挙法違反の疑いが報道されたため[4]、再任を辞退した御法川信英に代わり、財務副大臣に任命された[5]

騒動[編集]

蓮舫に対するデマ[編集]

2016年6月、舛添要一都知事の辞職後に都知事への立候補が取りざたされていた民進党蓮舫代表代行について、「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」と発言するが、その発言の事実はなくネットのデマであることがわかり、「蓮舫氏のブログではなく、ネットで流れていた情報だった」と訂正した[6][7]

女性蔑視発言[編集]

2016年6月、元愛人A子氏に「女は25歳以下がいい。25歳以上は女じゃない」「子どもを産んだら女じゃない」などと暴言、さらにはモラル・ハラスメントを繰り返していたことを、週刊文春が報道した[6]。その後、愛人への暴言を報じた週間文春が買い占められた。

国会での野次[編集]

2016年2月、衆議院予算委員会で民進党の山尾志桜里議員が「保育園に落ちた日本死ね」と書かれたブログについて質問中、「匿名だよ、匿名」と野次を飛ばした[6]。その後ネット上では「言い訳にしか聞こえない」「論点すり替えてばっかり」などの批判が相次ぎ、国会前では「保育園落ちたの私だ」と書かれたプラカードを持った人々によるデモが行われ、2万7000筆以上を集めたネット署名が塩崎恭久厚生労働大臣に手渡された[8]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

関連項目[編集]

  • SAM - 日本のダンサー。菅原のかつてのダンス仲間[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式ホームページ プロフィール
  2. ^ a b “選挙区内支持者にメロン贈る? 自民・菅原一秀氏 - 2009総選挙”. 朝日新聞. (2009年8月3日). http://www.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200908030178.html 
  3. ^ “総裁選5候補の推薦人名簿”. 東京新聞. (2008年9月10日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2008/ntok0066/list/CK2008091002000314.html 2015年11月4日閲覧。 
  4. ^ “御法川副財務相:カレンダー無料配布 顔、名前入り──秋田3区”. 毎日新聞. (2014年10月24日). http://mainichi.jp/shimen/news/20141024dde041010053000c.html 
  5. ^ “御法川氏、財務副大臣再任を「固辞」”. 朝日新聞. (2014年10月24日). http://www.asahi.com/articles/ASGDV3T51GDVUBUB00B.html 2015年2月8日閲覧。 
  6. ^ a b c 菅原一秀「蓮舫が帰化して泣いた」デマを拡散
  7. ^ “「蓮舫氏は帰化し泣いた」自民・菅原氏発言、後から訂正”. 朝日新聞. (2016年6月18日). http://digital.asahi.com/articles/ASJ6K5GFYJ6KUTFK00M.html 
  8. ^ 「保育園野次」誰の発言かがそんなに問題なのか
  9. ^ a b “2012衆院選 東京9区 菅原 一秀”. 毎日新聞. (2012年12月17日). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A13009003003 
  10. ^ a b c d e f 2014衆院選 東京9区 菅原一秀毎日新聞2014-12-25
  11. ^ 公式ブログ
  12. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  13. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  14. ^ “自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバー”. しんぶん赤旗. (2014年9月15日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-09-15/2014091515_01_1.html 
  15. ^ オリパラ幹事長拝命 衆議院議員すがわら一秀オフィシャルブログ「直球勝負!!」 2015年11月16日
  16. ^ “SAMと政治家が“幻のダンスユニット”復活”. 東京スポーツ. (2014年10月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/318742/ 

外部リンク[編集]

公職
先代:
御法川信英
宮下一郎
日本の旗 財務副大臣
宮下一郎と共同

2014年 - 2015年
次代:
坂井学
岡田直樹
先代:
近藤洋介
松宮勲
日本の旗 経済産業副大臣
赤羽一嘉と共同

2012年 - 2013年
次代:
松島みどり
赤羽一嘉
先代:
西川京子
岡田広
日本の旗 厚生労働大臣政務官
松野博一と共同

2006年 - 2007年
次代:
松浪健太
伊藤渉