寄本勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寄本 勝美(よりもと かつみ、1940年4月9日 - 2011年3月28日[1])は、日本行政学者環境政策学者。

経歴[編集]

和歌山県田辺市生まれ。1964年早稲田大学政治経済学部卒業。1967年、早稲田大学政治経済学部助手。1970年、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。1978年、早稲田大学政治経済学部教授。1994年、京都大学博士(法学)。博士論文は「自治の形成と市民:ピッツバーグ市政研究」。

早稲田大学政治経済学部学生担当教務主任、政治経済学部長(1994年~1998年)、常任理事(1998年~2001年)等を歴任。専攻は、行政学、地方自治論、環境政策。自らの学生時代には政治経済学部に自治行政学科があり、その出身であることに誇りと責任感を持ち、学生、地方公務員、政治家、一般市民への学問の還元を模索してきた。ごみ問題についてのフィールド・ワークはその最も大きな成果である。後藤一郎に師事したことから、藤原保信(第二政治経済学部で後藤に師事)に兄事した。

2011年3月28日、東京都東村山市の自宅で死去。70歳没[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「現場の思想」と地方自治――清掃労働から考える』(学陽書房, 1981年)
  • 『自治の現場と「参加」――住民協働の地方自治』(学陽書房, 1989年)
  • 『ごみとリサイクル』(岩波書店岩波新書], 1990年)
  • 『自治の形成と市民――ピッツバーグ市政研究』(東京大学出版会, 1993年)
  • 『現場からみた分権論――ごみ処理・リサイクル問題を事例とした政府間関係の模索』(地方自治総合研究所, 1994年)
  • 『政策の形成と市民――容器包装リサイクル法の制定過程』(有斐閣, 1998年)
  • 『リサイクル社会への道』(岩波書店[岩波新書], 2003年)
  • 『リサイクル政策の形成と市民参加』(有斐閣, 2009年)

編著[編集]

  • 『事例・地方自治(11)清掃』(ほるぷ出版, 1983年)
  • 『21世紀の地方自治戦略(14)地球時代の環境政策』(ぎょうせい, 1992年)
  • 『公共を支える民――市民主権の地方自治』(コモンズ, 2001年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 訃報:寄本勝美さん70歳=早稲田大教授、地方自治専攻 - 毎日jp(毎日新聞)

外部リンク[編集]