山尾志桜里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山尾 志桜里
やまお しおり
衆議院議員山尾志桜里.jpg
生年月日 1974年7月24日(42歳)
出生地 日本の旗 宮城県仙台市[1]
出身校 東京大学法学部
前職 検察官
所属政党 民主党→)
民進党
称号 法学士(東京大学・1999年)
公式サイト 山尾しおり(山尾志桜里)/衆議院議員/民進党 愛知県第7区 総支部長

選挙区 愛知7区
当選回数 2回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 -
テンプレートを表示

山尾 志桜里(やまお しおり、1974年7月24日 - )は、日本政治家検察官民進党所属の衆議院議員(2期)。前民進党政務調査会長。旧姓は菅野(かんの)。

来歴[編集]

宮城県仙台市生まれ[2]聖徳学園小学校東京学芸大学附属大泉中学校東京学芸大学教育学部附属高等学校卒業。高校に進学するまでは医学部志望だったが在学中に法律家志望に転じ、東京大学文科I類に入学。ラクロス部ではマネージャーを務め、3年次から東京大学法学部に進学。1999年に東大を卒業し、2002年司法試験に合格した[3]。司法修習を経て、2004年検察官任官。東京地方検察庁千葉地方検察庁名古屋地方検察庁岡崎支部に勤務し、2007年に退官。

2009年第45回衆議院議員総選挙民主党公認で愛知7区から出馬し、自由民主党前職の鈴木淳司を7万票超の大差で破り、初当選した。2010年民主党代表選挙では現職の菅直人の推薦人に名を連ね、菅は小沢一郎を破り再選された。

2015年10月12日、衆議院法務委員会理事として衆議院法務委員長奥野信亮(右から3人目)、衆議院法務委員会理事伊藤忠彦(左から2人目)、衆議院法務委員会委員清水忠史(右から2人目)と共に経済協力機構事務次長玉木林太郎(左端)、経済協力開発機構日本政府代表部特命全権大使兒玉和夫(右端)と会談

2012年第46回衆議院議員総選挙に民主党公認で愛知7区から出馬したが、自民党元職の鈴木淳司に敗れ[4]重複立候補していた比例東海ブロックでも次点で落選した[5]2013年10月30日、次期衆議院議員総選挙における愛知7区の公認候補者に内定[6]2014年第47回衆議院議員総選挙に際しては、東海四県(愛知岐阜三重静岡)の中部電力管内の小選挙区から民主党公認で立候補した候補者の多くが連合傘下の中部電力労働組合から選挙支援を受けるため、核燃料サイクル原子力の平和利用を明記した政策協定を結んだが[7]、山尾は協定を結ばず、中電労組からの選挙支援も受けない考えを表明した[8]。また、映画監督の山田洋次が山尾の支持を表明した[9]。総選挙では、愛知7区で自民党前職の鈴木淳司を約5千票差で破り、2年ぶりに国政に復帰した。

2015年1月の民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[10]が、細野は決選投票で岡田克也に敗れた[11]

2016年3月27日、民主党と維新の党が合流し、改革結集の会の一部議員や無所属議員も参加して民進党が結成される[12]と、同党の政調会長に就任[13]

政策・主張[編集]

2015年10月12日、衆議院法務委員会理事として衆議院法務委員長奥野信亮(左列前から2人目)、衆議院法務委員会理事伊藤忠彦(右列前から1人目)、衆議院法務委員会委員清水忠史(右列前から2人目)と共に経済協力機構事務次長玉木林太郎(右列前から3人目)、経済協力開発機構日本政府代表部特命全権大使兒玉和夫(左列前から3人目)と会談

発言[編集]

  • 2016年2月4日衆議院予算委員会軽減税率について「財源1兆円のうち6千億円は未定。一方、増税を決めた時の国民との約束である子育て支援充実策のうちの3千億円の財源が未定だ。軽減税率と引き換えに子育て支援の充実策が削られるのではないかという強い懸念がある」として安倍総理に対し、「財源が見つかっていないこの3千億円は、これは全て必要な社会保障に入るのかどうか」と質問した。安倍は、「軽減税率導入に際して、必要な社会保障費を切ることはない。いま話のあった子育て支援の3千億円については、各年度の予算編成過程の中で検討していくことになる」と答弁した[19]
  • 2016年2月19日衆議院予算委員会の質問にて「保育園落ちた、日本死ね」と題した匿名ブログについて取り上げたが、安倍首相は「匿名である以上、本当なのかどうかも含め確かめようがない」と答弁[20][21]

批判[編集]

  • 2016年6月26日にNHK番組で、共産党の藤野保史が防衛費を「人を殺すための予算」と述べたことについて、同席した他の議員がこぞってこの発言を批判、発言の取り消しを勧める中で、なんら咎めることなく事実上この発言を追認した。この件について、身内の民進党福岡県連幹部からも「あの発言をおかしいと思う見識が、山尾氏にないことこそおかしい。共産をかばっているようで、『野合』といわれても仕方がない」と批判されている[22]

人物[編集]

年譜[編集]

政治資金問題[編集]

政治資金団体「桜友会」が、2012年分の政治資金収支報告書に山尾から政治資金規正法で定める上限額を超える1114万円の寄附を受けたと記載していたことや、山尾が代表を務める民主党愛知県第7支部が桜友会から2012年に10回にわたって計899万円の寄附を受けたと収支報告書に記載したにも関わらず、桜友会側の収支報告書には5回分423万円分の寄附しか記載されていなかったことが、2016年3月31日付の週刊新潮に報じられた[26][27]

さらに、第7支部は同じ2012年に年間230万円分のガソリン代を出費したと記載、同じ店舗で一日10万円分のガソリン代を出費するなど他の問題箇所も指摘されている[27]。政治活動としては額が大きすぎるとの指摘も上がっており[28]、民進党の岡田克也代表も「きちんと調査し、あまり時間をかけずに説明することが求められている」としているが[29]、山尾は「事実を確認中」を繰り返し[30]、その後、4月6日になって記者会見を行い、ガソリン代に関してはプリペイドカードで支出されたとされていたが、料金をチャージした形跡がなく、支部と無関係に支出されていたことを明らかにした上で、既に退職した元公設秘書が私的に流用したと主張したが、連絡は取れないとし証拠も提示しなかった。桜友会が寄附の上限を超える寄附を受けていたことについては事務的ミスであると主張した。さらに2014年の収支報告書でも「新築祝い」名目で選挙区内の店舗に2万1000円の支出についての記載があったことも判明したが、こちらについては記載ミスと釈明した[31][32]。4月20日の記者会見においては、ガソリン代の出費に関して元公設秘書側と真相究明に向けて双方の弁護士で交渉していることを明らかにし、元公設秘書に対する法的措置も含めた対応を検討している、と述べた[33]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山尾志桜里: 東海比例 民主党 : プロフィル : 衆院選2012”. YOMIURI ONLINE. 2014年12月8日閲覧。
  2. ^ 山尾志桜里: 東海比例 民主党 : プロフィル : 衆院選2012”. YOMIURI ONLINE. 2014年12月8日閲覧。
  3. ^ 山尾しおりのプロフィール
  4. ^ YomiuriOnline 愛知 小選挙区 開票結果
  5. ^ Yomiuri Online 2012衆院選 東海ブロック 開票結果
  6. ^ 次期衆院選、第一次公認内定
  7. ^ “民主候補が原発推進協定 中電労組と東海の18人”. 中日新聞. (2014年12月9日). http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2014120902000053.html 2014年12月10日閲覧。 
  8. ^ 私は、中電労組と原発推進協定を結んでいません:山尾しおりのブログ
  9. ^ 山田洋次監督からのメッセージ:山尾しおりのブログ
  10. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事通信社. (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月8日閲覧。 
  11. ^ “〈民主代表選〉新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00000030-mai-pol 2015年1月18日閲覧。 
  12. ^ “民進党が結成大会 衆参156人、代表に岡田克也氏選出”. 朝日新聞. (2016年3月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ3W5212J3WUTFK00G.html 2016年3月29日閲覧。 
  13. ^ “待機児童問題 「政府、子供に金出さず」 民進党・山尾政調会長”. 毎日新聞. (2016年3月29日). http://mainichi.jp/articles/20160329/ddm/002/010/065000c 2016年3月29日閲覧。 
  14. ^ 「最高裁が認めなかった選択的夫婦別姓「政治で実現してほしい」国会議員に訴える」、弁護士ドットコムニュース、2016年4月13日。
  15. ^ 「民主党の山尾政調会長が民法改正案提出に意欲 公明党矢倉議員も『全力で頑張る』と誓約 4月13日」、ジェンダー情報、週刊金曜日。
  16. ^ “2012衆院選 愛知7区 山尾志桜里”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23007003003 2014年4月3日閲覧。 
  17. ^ a b c d e 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  18. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  19. ^ 民主党公式ページ 山尾志桜里の質問
  20. ^ 衆議院インターネット中継 予算委員会 山尾志桜里の質問
  21. ^ 山尾志桜里氏ってどんな人?「保育園落ちた日本死ね」を紹介、 民進党政調会長に起用へ
  22. ^ 共産・藤野保史氏発言 「自衛隊に助けられた」地震被災者は猛反発…民進陣営から悲鳴「共産共闘は間違いだった」 産経新聞
  23. ^ 山尾志桜里のプロフィール
  24. ^ アントニオ猪木倍賞美津子夫妻の実娘
  25. ^ 菅野志桜里『アニーの100日受験物語』(ごま書房、1995年
  26. ^ 民進・山尾氏、収支報告書訂正 本人が上限額超える寄付朝日新聞 2016年3月31日
  27. ^ a b 民進・山尾 志桜里氏の政治資金収支報告書に差額 「現在確認中」FNN news 2016年3月31日
  28. ^ 山尾氏に政治資金問題「事実関係を確認中」読売テレビ 2016年3月31日
  29. ^ 岡田民進代表「山尾氏は説明を」時事通信 2016年3月31日
  30. ^ はや失態!?民進党エース・山尾政調会長、政治資金疑惑にダンマリ産経新聞 2016年3月31日
  31. ^ 民進・山尾政調会長 ガソリン代支出は元秘書の「私的利用の可能性」産経新聞 2016年4月6日
  32. ^ ガソリン代支出、不適切と謝罪=山尾政調会長、辞任は否定時事通信 2016年4月6日
  33. ^ 民進・山尾政調会長 元秘書と弁護士間で交渉 多額ガソリン代計上問題 産経新聞 2016年4月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
結成
民進党政務調査会長
2016年
次代:
大串博志