中山義隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中山 義隆
なかやま よしたか
生年月日 (1967-06-26) 1967年6月26日(51歳)
出生地 日本の旗 沖縄県石垣市登野城
出身校 近畿大学商経学部経営学科卒業
所属政党 無所属
公式サイト 中山よしたか公式ホームページ

Flag of Ishigaki, Okinawa.svg 第18-20代 石垣市長
当選回数 3回
在任期間 2010年3月20日[1] - 現職

当選回数 1回
在任期間 2006年9月28日 - 2009年
テンプレートを表示

中山 義隆(なかやま よしたか、1967年6月26日 - )は、日本政治家沖縄県石垣市長(3期)。元石垣市議会議員(1期)。また、県内9市の保守系市長で構成された市長連合「チーム沖縄」のメンバーである。

来歴[編集]

沖縄県石垣市登野城生まれ。沖縄県立八重山高等学校近畿大学商経学部経営学科卒業。大学卒業後、野村證券に入社。1996年まで勤務した。

2004年社団法人八重山青年会議所理事長に就任。2006年より日本青年会議所沖縄地区会長。同年9月、石垣市議会議員選挙に出馬し、初当選した。2009年11月、石垣市議を辞職。

2010年石垣市長選挙[編集]

2010年2月28日執行。自民党公明党の推薦を受け、無所属で石垣市長選挙に出馬。16,421票を獲得し、社民党日本共産党民主党沖縄社会大衆党が推薦し、5期目の当選を目指した大濵長照を大差で破って当選[2]

※当日有権者数:36,281人 最終投票率:77.42%(前回比:+11.54ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
中山義隆42無所属16,421票59.01%(推薦)自由民主党公明党
大濱長照62無所属11,407票40.99%(推薦)民主党社民党日本共産党沖縄社会大衆党

2014年石垣市長選挙[編集]

2014年3月2日執行。自民党、公明党の推薦を受け、任期満了に伴う石垣市長選挙に再出馬。15,903票を獲得し、返り咲きを目指した大濵を破って再選[3]

※当日有権者数:37,253人 最終投票率:75.19%(前回比:-2.23ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
中山義隆46無所属15,903票57.24%(推薦)自由民主党・公明党
大濱長照66無所属11,881票42.76%

2018年石垣市長選挙[編集]

2018年3月11日執行。自民党、公明党、日本維新の会幸福実現党の推薦を受け[4][5]、任期満了に伴う石垣市長選挙に再出馬[6]。13,822票を獲得し、民進党、共産党、自由党、社民党の推薦を受け翁長雄志知事が支える前市議・宮良操と元自民党の保守派新人の元県議、砂川利勝ら新人2人を破り、3選した[5][7][8]

※当日有権者数:38,640人 最終投票率:73.55%(前回比:-1.64ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
中山義隆50無所属13,822票48.98%(推薦)自由民主党・公明党・日本維新の会幸福実現党
宮良操61無所属9,526票33.76%(推薦)民進党、日本共産党、自由党、社会民主党、沖縄社会大衆党
砂川利勝54無所属4,872票17.26%

人物[編集]

施政方針演説の剽窃疑惑[編集]

2010年4月9日に石垣市議会で初めて行った施政方針演説の内容が、神奈川県小田原市長の加藤憲一の所信表明などと酷似していることが指摘された。中山は、施政方針演説の文案は政策チームが作ったもので、同様の文があることは知らなかったとしながらも、責任は自分にあるとし、市民や加藤に謝罪した。なお、中山は施政方針演説について、「自分で全文を書き上げた」、「中山カラー100%」と発言していた[9]

尖閣諸島への上陸を申請[編集]

固定資産税の調査のため尖閣諸島への上陸を政府に申請していたが、外務大臣前原誠司民主党)は否定的な見解を示し[10]、申請は受け入れられなかった。なお石垣市長による尖閣諸島上陸の申請は、中山に限らず歴代の市長が行ってきたが、中山は2011年6月10日、初めて文書による上陸許可を政府に要請している。この時の申請では、尖閣諸島戦時遭難事件の慰霊祭も上陸の目的の一つに挙げられた[11]

石垣島への自衛隊配備[編集]

2018年7月19日、「石垣島への部隊配備の必要性を理解した上でそれを了解し、市として協力体制を構築する」と、自衛隊配備を事実上受け入れると表明した[12]。なお、この受け入れ表明について批判もある[13][14]

2018年沖縄県知事選挙[編集]

2018年9月に行われた沖縄県知事選挙では、佐喜眞淳自民党公明党日本維新の会希望の党推薦)の石垣市における選対本部長を務めた[15]

著書[編集]

単著[編集]

  • 中山義隆 『中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~』 ワニブックス、2012年12月21日。ISBN 978-4847065378

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国会議員並びに県・市町村の長及び議会議員の任期満了日 - 沖縄県
  2. ^ 石垣市長選 中山氏が初当選 大濵氏の5選阻む - 琉球新報、2010年3月1日
  3. ^ 石垣市長選で与党系・中山氏再選 陸自配備に追い風 - 産経新聞、2014年3月2日
  4. ^ “「死守」か「奪還」か「市民党」か 三つどもえ激戦きょう審判 陸自配備計画に影響 石垣市長選”. 八重山日報. (2018年3月11日). https://www.yaeyama-nippo.com/2018/03/11/%E6%AD%BB%E5%AE%88-%E3%81%8B-%E5%A5%AA%E9%82%84-%E3%81%8B-%E5%B8%82%E6%B0%91%E5%85%9A-%E3%81%8B-%E4%B8%89%E3%81%A4%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%88%E6%BF%80%E6%88%A6%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E5%AF%A9%E5%88%A4-%E9%99%B8%E8%87%AA%E9%85%8D%E5%82%99%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%AB%E5%BD%B1%E9%9F%BF-%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B8%82%E9%95%B7%E9%81%B8/ 2019年1月5日閲覧。 
  5. ^ a b “4296票差の圧勝 三つどもえ戦を制す 革新系、市政奪還ならず”. 八重山毎日新聞. (2018年3月12日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/33149/ 2019年1月5日閲覧。 
  6. ^ “石垣市長選:中山義隆氏が出馬表明「明るい元気な市に」”. 沖縄タイムス. (2017年12月27日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/188896 2018年3月10日閲覧。 
  7. ^ “沖縄県石垣市長選、与党など支援の現職が3選”. 読売新聞. (2018年3月12日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20180311-OYT1T50090.html 2018年3月12日閲覧。 
  8. ^ “現職中山氏が3選 分裂戦制し保守市政死守 陸自配備計画、一歩前進 石垣市長選”. 八重山日報. (2018年3月12日). https://www.yaeyama-nippo.com/2018/03/12/%E7%8F%BE%E8%81%B7%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E6%B0%8F%E3%81%8C%EF%BC%93%E9%81%B8-%E5%88%86%E8%A3%82%E6%88%A6%E5%88%B6%E3%81%97%E4%BF%9D%E5%AE%88%E5%B8%82%E6%94%BF%E6%AD%BB%E5%AE%88-%E9%99%B8%E8%87%AA%E9%85%8D%E5%82%99%E8%A8%88%E7%94%BB-%E4%B8%80%E6%AD%A9%E5%89%8D%E9%80%B2-%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B8%82%E9%95%B7%E9%81%B8/ 2018年3月12日閲覧。 
  9. ^ 中山石垣市長、施政方針丸写し 「責任私に」謝罪 - 琉球新報、2010年5月23日
  10. ^ “石垣市の尖閣上陸に否定的=前原外相” (日本語). 時事通信. (2010年11月12日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201011/2010111200377 2010年11月27日閲覧。 
  11. ^ “石垣市長が「尖閣」上陸許可要請…慰霊祭で”. 読売新聞. (2011年6月10日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110610-OYT1T01045.htm 2011年6月10日閲覧。 
  12. ^ 石垣市長、事実上の陸自配備受け入れ表明 「協力体制を構築」沖縄タイムス
  13. ^ 八重山毎日新聞2018年7月19日号p9
  14. ^ “反対住民「やり方姑息」と怒り”. 八重山毎日新聞. (2018年7月19日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/33853/ 2018年7月19日閲覧。 
  15. ^ “終盤戦突入、最後の追い込み 沖縄県知事選”. 八重山毎日新聞. (2018年9月26日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/34202/ 2018年10月2日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
大濵長照
Flag of Ishigaki, Okinawa.svg 沖縄県石垣市長
2010年 -
次代:
現職