倉持麟太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くらもち りんたろう
倉持 麟太郎
生誕 (1983-01-16) 1983年1月16日(39歳)
日本の旗 日本 東京都渋谷区
国籍日本の旗 日本
出身校慶應義塾大学法学部法律学科卒業
中央大学法科大学院修了
職業弁護士
活動期間2012年 -
著名な実績山尾志桜里衆議院議員の政策顧問

倉持 麟太郎(くらもち りんたろう、1983年1月16日 - )は、日本弁護士第二東京弁護士会所属。弁護士法人Next代表弁護士[1]。弁護の専門分野は離婚・男女問題・企業法務[2]

経歴・人物[編集]

東京都渋谷区出身。慶應義塾大学の在学中、駒村圭吾に出会い、駒村ゼミの二期生となった[3]。2005年に同慶應義塾大学法学部法律学科を卒業、2008年に中央大学法科大学院を修めた。

2012年に司法修習修了後に弁護士登録し、弁護士法人仁平総合法律事務所に所属[4]。2014年11月に同所を退所し独立、川邉賢一郎ら同期の弁護士3名で「弁護士法人Next」を開設した[5]。2015年4月に結婚、同年男子が生まれた[6]

慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師(憲法)・東京雇用労働相談センター担当弁護士[7]日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事・第二東京弁護士会憲法問題検討委員会幹事などを務める傍ら、TOKYO MXの『モーニングCROSS』内で日替わりのコメンテーターとして出演した。

2016年10月3日、漫画家で評論家の小林よしのりが主催する討論会『ゴー宣道場』の師範(講師)の1人になったことを、ゴー宣道場公式ホームページ内のブログで報告した[8]

2017年4月頃、「弁護士法人Next」代表に就任[注 1]

山尾志桜里衆議院議員との関わり[編集]

2017年8月14日、妻が「左脳大脳動脈狭窄症」と診断される[11]。妻は倉持のすすめで翌8月15日から仕事を休み、長男を連れて実家で療養生活に入った[6]。9月1日に行われた民進党代表選挙前原誠司が当選。翌9月2日、前原は山尾志桜里衆議院議員を党幹事長に内定[12]。同日、倉持は名古屋市中区で開かれた「山尾しおりとあなたの納涼まつり」に参加[13][14]。終了後、倉持と山尾は新幹線に乗って帰京し、品川区のホテルに宿泊した[15]

同年9月3日夜、都内で山尾といるところを写真に撮られ、「週刊文春」の取材を受けた[16]。9月4日、倉持は妻に「自分は狙われ、ハメられた。政治に深入りし過ぎた。山尾さんは40代でいい年齢なので、相手として作られてしまった」と打ち明けた[6]。同日、前原のもとに「週刊誌が山尾と倉持との交際疑惑を取材している」との情報が入る[17][12]。9月5日午前、テレビ東京のニュース番組『Mプラス11』が「前原が幹事長起用を断念した理由は、私生活を巡るスキャンダル」と報道[17]。同日午後の両院議員総会で山尾の幹事長起用案は取り消された[18]。翌9月6日、週刊文春電子版は「倉持は妻が実家で療養中、山尾と週4回逢瀬を重ねている」と報じ、倉持と山尾が不倫関係にあることを明かした[19][20][21]。山尾は9月7日、同党に離党届を提出[22][注 2]

倉持と山尾は離党記者会見や自身のブログの中で、二人の間に男女関係はないと反論。倉持はあくまで山尾の政策ブレーンであること、仕事の作業や打ち合わせを倉持の自宅で深夜まで行う場合もあったこと[注 3]、文春掲載のホテルには山尾一人で宿泊したことなどを説明、結果的に誤解を招く行動を取ってしまい様々な方々に御迷惑をお掛けしたと陳謝した[24][25][26][27][28]

同年9月9日、倉持が蓮舫参議院議員の二重国籍問題の担当弁護士であったことが東京スポーツで報道された[29]

同年10月22日、衆議院議員選挙執行。山尾は比例復活が望めない無所属で選挙戦に挑み、自民党現職の鈴木淳司を834票差で破り3期目の当選を果たした。11月7日、倉持が山尾事務所の政策顧問に近く就任すると報じられた[30]

同年11月27日、倉持が離婚し当時2歳だった長男の親権は倉持に渡った[31][6]

2018年3月22日発売の「週刊文春」3月29日号に、倉持の前妻は手記を寄稿した。「彼女は夫婦の寝室にまで上がり込んで、私の全てを奪っていった。事実を認め、その償いをしてもらいたい」と倉持と山尾の不倫を非難した。山尾に対して、慰謝料請求の裁判を起こす準備を進めていると語った[32][6][33]。3月22日、倉持が前妻の代理人弁護士に書面で「取材に応じたら子供に会わせない」と伝えた[34]。倉持の前妻は、3月26日放送のフジテレビ系の情報番組にVTR出演。「離婚時の取り決めでは週末に3日間、子どもへの面会が許可されていたが、突然、倉持から拒否された」と明かした[11]

同年5月下旬、山尾はIT会社役員の山尾恭生と離婚した[35]

2020年9月7日、『リベラルの敵はリベラルにあり』を筑摩書房から刊行[36]、憲法問題においては、「データ基本権の創設や思想良心の自由(19条)、表現の自由(21条)のアップデートが必要」と持論を展開した。改憲派の立場から「憲法改正をタブー視する我が国のリベラルは、そこに踏み込めない。それでいいのだろうか」と述べた[37]

倉持が単著を出版したこの頃からパートナーの山尾の思想的な保守回帰も加速化する。旧国民民主党と旧立憲民主党は政権奪回を目指し、同年7月から合流協議を再開するが[38]、8月11日に国民民主党代表の玉木雄一郎が合流新党への不参加を表明すると[39]、山尾も追随。8月12日、合流新党不参加を表明した[40]。また、9月1日発売の『正論』10月号に論文「理念欠く政党に政権交代はムリ」を発表。中道リベラル的な施策をとる立憲民主党を強く批判した。11月29日に参議院本会議場で「議会開設百三十年記念式典」が開催された際は、山尾は自身のツイッターに「改めて日本の統治機構の要に天皇が位置することを実感する」「大日本帝国憲法下での帝国議会と日本国憲法下での国会との連続性が意識される」と投稿した[41]

2021年4月26日、山尾の元夫の山尾恭生が、山尾に対し300万円の損害賠償請求訴訟を起こした。山尾は「弁護士法人Next」の弁護士を訴訟代理人に立てた[42]。二人は離婚に際し、子供の親権を山尾が、監護権を恭生が持つことを公正証書で定めていたが[43]、山尾は子供を恭生に面会させることを拒んだ。恭生が家庭裁判所に面会交流事件として調停を申し立てると、山尾が、子供が調査官による聴取を拒んでいるとの理由により、倉持に手続代理人弁護士を依頼し、倉持に子供の聴取を行わせていたことが裁判の記録で明らかとなった[44][42]

同年4月27日、週刊文春電子版が配信。山尾の議員パス不適切使用を報じるとともに、前妻が2020年10月3日に自宅で自殺していたことが明らかにされた[45][46]。離婚後は実家に戻っていたが、うつ病と診断され、抗うつ剤を処方されていたという[47][48]。山尾は2021年6月17日、次期衆院選不出馬を表明した[49]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

主な出演番組(インターネットも含む)[編集]

  • モーニングCROSSTOKYO MX)-日替わりコメンテーター
  • 情熱報道ライブ「ニューズ・オプエド®」金曜アンカー(NOBORDER NEWS TOKYO)
  • 倉持麟太郎の『このクソ素晴らしき世界』(毎週水曜日20:00よりYouTubeにて配信)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年3月時点では別人物が代表[9]、4月時点で倉持が代表とされている[10]
  2. ^ 2017年9月7日離党届提出。翌9月8日受理。
  3. ^ 倉持の妻は、山尾が倉持のマンションに深夜まで滞在していたと週刊文春が報じた8月28日・31日は、倉持の勧めもあって実家で病気療養をしている最中であり、「状況は分からない」と2017年9月8日放送の『モーニングショー』のインタビューで明かしている[23]

出典[編集]

  1. ^ 弁護士法人Next | 支店一覧・弁護士紹介
  2. ^ 倉持 麟太郎弁護士(弁護士ドットコム
  3. ^ 駒村圭吾研究会 | 秋学期初回ゼミに倉持麟太郎弁護士
  4. ^ MEMBER of 仁平総合法律事務所”. 仁平総合法律事務所. 2014年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月26日閲覧。
  5. ^ Style of Work 事務所探訪 Vol.89 弁護士法人Next”. アトーニーズマガジン Vol.50. C&Rリーガル・エージェンシー社 (2016年3月). 2019年6月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e 「倉持弁護士元妻慟哭手記 『山尾志桜里さん、夫と息子を返して』」 『週刊文春』2018年3月29日号、34-38頁。
  7. ^ 倉持麟太郎|WEBRONZA - 朝日新聞社
  8. ^ ゴー宣道場 倉持ブログ2016年10月3日 ご挨拶
  9. ^ 鈴木信行 (2017年3月17日). “部下の残業で書類送検された人の末路”. 日経ビジネス電子版. 日経BP. 2019年6月26日閲覧。
  10. ^ 倉持麟太郎 (2017年4月28日). “教室は本来、「間違える」ことを尊重する場所だ”. WEBRONZA. 朝日新聞社. 2017年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月26日閲覧。
  11. ^ a b “山尾氏と不倫疑惑弁護士元妻「地獄。子供を返して」”. 日刊スポーツ. (2018年3月26日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201803260000582.html 2021年4月28日閲覧。 
  12. ^ a b “民進党新執行部が発足 「山尾志桜里幹事長」は週刊誌の既婚男性との交際疑惑取材で断念”. 産経ニュース (産経新聞社). https://www.sankei.com/article/20170905-ZRFBRWLZFVIGXFIDRYJIHDSRWU/ 2017年9月5日閲覧。 
  13. ^ “山尾志桜里、9歳下のイケメン弁護士と「お泊まり禁断愛」”. 文春オンライン. (2017年11月29日). https://bunshun.jp/denshiban/articles/b532 2022年2月11日閲覧。 
  14. ^ “イケメン弁護士とダブル不倫疑惑の山尾氏 地元・名古屋で“禁断現場”目撃情報”. exciteニュース. (2017年9月9日). https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_760474/ 2021年4月28日閲覧。 
  15. ^ “「週4回密会」文春報じる 動画も公開 山尾氏はコメントせず”. 産経新聞 (産経新聞社). (2017年9月6日). https://www.sankei.com/article/20170906-KGFUC2L44BKBPFZON32DBZF324/ 2017年12月12日閲覧。 
  16. ^ 石松恒 (2017年9月6日). “(時時刻刻)前原民進、はや試練 「山尾幹事長」断念 目玉人事に「交際問題」直撃”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/DA3S13119301.html 2022年2月11日閲覧。 
  17. ^ a b 安積明子 (2017年9月6日). “民進党「山尾議員スキャンダル」はヤバすぎる 前原新体制にたれこめる暗雲”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/articles/-/187523 2022年2月9日閲覧。 
  18. ^ 別宮潤一 (2017年9月5日). “山尾氏の幹事長起用、週刊誌取材受け断念 本人は否定”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASK955FDKK95UTFK00R.html 2022年2月10日閲覧。 
  19. ^ “「週4回密会」文春報じる 動画も公開 山尾氏はコメントせず”. 産経新聞 (産経新聞社). (2017年9月6日). http://www.sankei.com/politics/news/170906/plt1709060041-n1.html 2017年12月12日閲覧。 
  20. ^ “山尾志桜里 幹事長撤回の理由は「9歳下弁護士との禁断愛」”. 週刊文春. (2017年9月7日). http://bunshun.jp/articles/-/4013 2017年9月17日閲覧。 
  21. ^ “ワイン持参でホテル合流?週4密会/不倫疑惑の経緯”. 日刊スポーツ. (2017年9月8日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1884500.html 2018年2月22日閲覧。 
  22. ^ “民進 山尾志桜里氏が離党届 既婚男性との交際報道受け”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年9月7日). オリジナルの2017年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170907120830/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170907/k10011130931000.html 2017年9月7日閲覧。 
  23. ^ “密会の日 「主人の勧めで実家で病気療養」弁護士の妻が「モーニングショー」で証言”. 産経新聞 (産経新聞社). (2017年9月6日). https://www.sankei.com/article/20170908-OKG7GJKN3ZJD5OK2L262LI6G3E/ 2018年1月2日閲覧。 
  24. ^ ゴー宣道場 倉持ブログ2017年9月7日 本日発売の週刊誌について
  25. ^ “民進・山尾氏が離党届=不倫は否定、「混乱」陳謝-前原新体制に打撃”. 時事通信. (2017年9月7日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017090700929&g=pol 2017年9月7日閲覧。 
  26. ^ “離党届提出の山尾氏、読み上げた文書全文”. 毎日新聞. (2017年9月7日). https://mainichi.jp/articles/20170908/k00/00m/010/091000c 2018年1月18日閲覧。 
  27. ^ “山尾志桜里氏が離党届を提出「子育てに奮闘するお母さんに申し訳ない」 記者会見で謝罪(会見全文)”. HUFFPOST. (2017年9月8日). http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/07/yamao_a_23200093/ 2018年2月22日閲覧。 
  28. ^ 山尾しおりのブログ2017年9月7日 本日の会見について
  29. ^ “山尾氏と蓮舫氏「犬猿の仲」の2人の“三角関係””. 東京スポーツ. (2017年9月9日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/51409 2017年9月17日閲覧。 
  30. ^ “山尾志桜里衆院議員の政策顧問に不倫疑惑弁護士 神奈川新聞インタビューに明かす「むき出しの好奇心には屈しない」”. 産経新聞. (2017年11月7日). https://www.sankei.com/article/20171107-WBE6ESSQ6ZPZTCBXNFBIB5GEQU/ 2017年11月8日閲覧。 
  31. ^ “山尾氏に怒り…倉持氏元妻が夕刊フジに激白 「息子に会わせてもらえない」「子供いるなら気持ち想像つくはず」”. zakzak. (2018年3月27日). https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180326/soc1803260019-n1.html 2021年4月27日閲覧。 
  32. ^ 週刊文春2018年3月29日号 バックナンバー”. 週刊文春WEB. 2021年4月27日閲覧。
  33. ^ 山尾議員に「不倫慰謝料・訴訟準備」報道 立憲民主への影響は...”. J-CAST ニュース (2018年3月22日). 2021年4月27日閲覧。
  34. ^ 週刊文春2018年4月12日号 バックナンバー”. 週刊文春WEB. 2021年4月27日閲覧。
  35. ^ 「W不倫」山尾志桜里議員 ついに離婚成立”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2018年9月19日). 2019年6月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  36. ^ 筑摩書房 リベラルの敵はリベラルにあり / 倉持 麟太郎 著
  37. ^ 倉持麟太郎 (2020年9月25日). “リベラルの敵はリベラルにあり~対立ではなくオルタナティブの政治は可能か”. 論座. https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020090900005.html 2021年4月29日閲覧。 
  38. ^ “国民民主「分党」へ 立民との合流巡り、玉木代表表明”. 日本経済新聞. (2020年8月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62524280R10C20A8MM8000/ 2020年9月13日閲覧。 
  39. ^ “国民民主、分党へ 立憲との合流、自身は不参加―玉木代表”. 時事通信. (2020年8月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081100924 2020年9月13日閲覧。 
  40. ^ “山尾志桜里氏、立憲との合流新党入りを否定 玉木新党へ”. 朝日新聞. (2020年8月12日). https://www.asahi.com/articles/ASN8D6WSCN8DUTFK00K.html 2020年9月24日閲覧。 
  41. ^ 山尾志桜里Twitter 2020年11月29日付
  42. ^ a b 「前夫が赤裸々に明かした山尾志桜里『24枚の不貞記録』」 『週刊文春』2021年9月9日号、pp. 117-119。
  43. ^ “元夫が裁判で初めて明かした山尾志桜里の「不倫」と「離婚」”. 文春オンライン. (2021年9月1日). https://bunshun.jp/articles/-/48323 2021年9月1日閲覧。 
  44. ^ 山尾志桜里氏、元夫から訴えられた「腸が煮えくり返る気持ち」” (日本語). NEWSポストセブン(2021年8月27日). 2021年8月27日閲覧。
  45. ^ 山尾志桜里議員 「議員パス」を使って“不倫報道”倉持弁護士と密会”. 文春オンライン (2021年4月27日). 2021年4月27日閲覧。
  46. ^ 山尾志桜里 不倫弁護士の前妻が自殺していた【先出し全文】”. 週刊文春電子版 (2021年4月27日). 2021年4月27日閲覧。
  47. ^ 編集部. “山尾志桜里議員、不倫相手の元妻が自殺報道…「希薄な罪悪感」と「永田町での悪評」”. ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る(2021年4月28日). 2021年5月11日閲覧。
  48. ^ 山尾志桜里議員「疑惑連発に釈明」でも問われる議員の資質”. FRIDAYデジタル(2021年05月02日). 2021年5月11日閲覧。
  49. ^ 大場伸也 (2021年6月17日). “山尾志桜里議員が引退表明「新しくスタートしたい」 今期限りで”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210617/k00/00m/010/150000c 2021年6月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]