玉木林太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉木 林太郎(たまき りんたろう、1953年昭和28年) - )は、日本財務官僚財務省国際局長、財務官経済協力開発機構事務次長を経て、公益財団法人国際金融情報センター理事長[1]東京都出身。は元防衛施設庁長官の玉木清司。中川昭一麻布高校の同期[2]

中川昭一の朦朧記者会見との関係[編集]

詳細は「朦朧記者会見」を参照

2009年2月14日中川昭一財務大臣金融担当大臣(肩書きは当時、以下同)のローマで行われたG7財務大臣・中央銀行総裁会議後の朦朧記者会見直前に、宿泊先のザ・ウェスティン・エクチェルシオール・ローマ1階のレストラン「ドネイ」で中川大臣ら数人と会食する。同席したのは、中川大臣の秘書官読売新聞東京本社経済部の女性記者イタリア人通訳及び大臣の友人であると衆議院予算委員会において証言している[3]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国際金融情報センター理事長に玉木元財務官日本経済新聞
  2. ^ “中川財務相:G7昼食会抜け出し、同行記者とワイン”. 毎日新聞. (2009年2月18日). オリジナル2009年4月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090401070417/http://mainichi.jp/photo/archive/news/2009/02/18/20090218k0000m010139000c.html 2016年3月28日閲覧。 
  3. ^ “中川前財務相、会見前に美人記者と酒”. 日刊スポーツ. (2009年2月20日). http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20090220-462833.html 2014年4月22日閲覧。 
  4. ^ 玉木は、OECDチーフエコノミストであったピエール・カルロ・パドアンが2014年2月にイタリアの経済財政大臣として転出したあと、一時的にOECDチーフエコノミスト代行を務めたが、キャサリン・マン(米国人)が同年9月に正式のOECDチーフエコノミスト就任。OECD日本政府代表部経済協力開発機構

関連項目[編集]

先代:
天野万利
経済協力開発機構(OECD)事務次長
2011年 - 2017年
次代:
河野正道
先代:
篠原尚之
財務省国際局長
2007年 - 2009年
次代:
中尾武彦