石田芳弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石田 芳弘
いしだ よしひろ
生年月日 (1945-10-13) 1945年10月13日(73歳)
出生地 愛知県犬山市
出身校 同志社大学商学部
現職 至学館大学附属伊達コミ二ケーション研究所所長[1]
所属政党諸派→)
自由民主党→)
無所属→)
民主党

選挙区 愛知6区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月30日 - 2011年1月11日

Flag of Inuyama, Aichi.png 第5代 犬山市長
当選回数 3回
在任期間 1995年4月27日 - 2006年11月20日

選挙区 犬山市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1983年4月30日 - 1995年4月16日[2]
テンプレートを表示

石田 芳弘(いしだ よしひろ、1945年10月13日 - )は、日本政治家

衆議院議員(1期)、愛知県犬山市長(3期)、愛知県議会議員(3期)などを歴任。至学館大学の附属施設である伊達コミ二ケーション研究所の所長。

来歴[編集]

愛知県犬山市生まれ。東海高等学校同志社大学商学部卒業。大学卒業後、実家の酒類販売店の従業員や江崎真澄衆議院議員の秘書などを務めた。

1983年愛知県議会議員選挙に「県政に新風をおくる会」公認で立候補し初当選[3]1987年1991年の県議選は自民党公認で立候補し、共に当選[4]

1993年6月18日、衆議院が解散。同年6月21日、旧愛知3区から日本新党羽田孜の新党の推薦を得て無所属で立候補する意向を表明し、同日、自民党県連に離党届を提出した。ところが6月22日、引退した江崎真澄の息子の江崎鉄磨が東京で羽田孜に会い、羽田新党入りを伝え、羽田もこれに了承。後ろ盾を失った石田は同日夜の後援会会合で立候補断念を明らかにした[5][6]

1995年4月27日に行われた犬山市長選挙に立候補し、初当選。犬山市長在任中は、文化力を生かしたまちづくり(犬山城及び城下町の再生)や教育改革(市立小学校全校に30人学級の導入)等に取り組んだ。また市長在任中、全国学力テストについて「序列化や過度な競争を起こす危険性がある。国が個人情報を収集することにも問題がある」として反対の姿勢を示し、犬山市の公立小中学校は全国学力テストに参加しなかった。

2003年4月、3選。同年8月19日、自民党愛知県連から衆院選愛知6区への立候補要請を受ける[7]。石田は熟考の末、9月1日に「市長の後継者が見つからない段階で出馬は難しい」と断った。

2006年10月31日、犬山市に辞表を提出し、11月20日に市長を3期目の任期途中で退職した[8]

2007年2月4日に行われた愛知県知事選挙民主社民国民新3党の推薦を受けて立候補したが、現職の神田真秋知事に僅差で敗れた(神田:1,424,761票、石田:1,355,713票)。

落選直後、一旦は政界からの引退の意向を表明したが、同年6月に撤回し、次回の愛知県知事選挙に再び立候補する意向を明らかにした。同年9月、学校法人神野学園理事長に就任。

2008年10月、マルチ業者擁護問題で第45回衆議院議員総選挙への不出馬を表明した民主党の前田雄吉議員に代わり、愛知県第6区で民主党の公認を受け、衆院選への立候補を表明[9]

2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙愛知県第6区から民主党公認で立候補し、自由民主党公認の丹羽秀樹を破り当選した。

2011年1月11日、河村たかし名古屋市長の辞職に伴う名古屋市長選挙への立候補を表明し、衆議院議員を任期途中で辞職[10]

2011年2月6日に行われた名古屋市長選挙に立候補。河村の古巣である民主党が市民税の10%減税を強力に推進する河村市長に反旗を翻した上に、石田は自由民主党名古屋市議団の推薦も受けたが[11]、河村に約45万票の大差をつけられ落選した[12]

2012年4月15日に行われた岐阜県下呂市長選挙に無所属で立候補したが、現職の野村誠(自民・たちあがれ日本2党推薦)に敗れた(野村:13,336票、石田:11,303票)。なおこの下呂市長選に際し、現職の国土交通大臣である前田武志が、選挙戦前に下呂市の建設業協会に対して石田の支援を要請する文書を送付していた事実が発覚し、前田に対し公職選挙法違反の疑惑がもたれた[13]

2013年には、至学館大学の附属施設である伊達コミ二ケーション研究所の所長に就任した[14][15]。また、犬山祭保存会長を務める[16]

人物[編集]

  • 座右の銘は「本来無一物」。
  • 趣味は、ジョギング、水泳ほかスポーツ全般。学生時代は体育教師を目指していた。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 研究所構成員一覧 至学館大学短期大学部
  2. ^ 『愛知県議会史 第十四巻』 愛知県議会、2010年12月10日、270頁。
  3. ^ 『愛知県議会史 第十三巻』 愛知県議会、2008年3月15日、260頁、262頁。
  4. ^ 『愛知県議会史 第十四巻』 愛知県議会、2010年12月10日、258頁、268頁。
  5. ^ 『中日新聞』1993年6月22日付朝刊、27面、「“羽田印”に揺れる2人 江崎鉄磨氏と石田芳弘氏 愛知3区」。
  6. ^ 『中日新聞』1993年6月23日付朝刊、1面、「羽田新党 江崎氏公認の方針 衆院愛知3区 石田氏は出馬断念」。
  7. ^ 『中日新聞』2003年8月20日付朝刊、26面、「犬山市長が月内に結論 衆院選出馬問題」。
  8. ^ 『中日新聞』2006年10月31日付夕刊、二社、12面。
  9. ^ 民主・愛知6区に前犬山市長擁立=マルチ擁護の前田議員不出馬で時事ドットコム[リンク切れ]
  10. ^ “名古屋市長選出馬予定の民主・石田氏が議員辞職” (日本語). 読売新聞. (2011年1月11日). オリジナルの2011年1月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110114011707/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110111-OYT1T01046.htm 2018年12月17日閲覧。 
  11. ^ “河村市政止めるため…自民市議団、石田氏を推薦” (日本語). 読売新聞. (2011年1月8日). オリジナルの2011年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110111071527/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110108-OYT1T00289.htm 2018年12月17日閲覧。 
  12. ^ 名古屋市長選は河村氏が大差で再選 中日新聞[リンク切れ]
  13. ^ 前田国交相、16日にも進退 公選法違反疑惑 民主からも辞任論
  14. ^ 伊達コミュニケーション研究所・日本の祭”. 至学館大学 至学館大学短期大学部. 2016年8月17日閲覧。
  15. ^ 地域主権 石田芳弘 前民主党衆議院議員 元犬山市長 政治家 USTREAM動画配信”. 2016年8月17日閲覧。
  16. ^ 犬山祭の歴史 ―犬山祭保存会―

外部リンク[編集]

公職
先代:
松山邦夫
Flag of Inuyama, Aichi.png 犬山市長
第5代:1995 - 2006
次代:
田中志典