池田佳隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
池田 佳隆
いけだ よしたか
生年月日 (1966-06-20) 1966年6月20日(51歳)
出生地 日本の旗愛知県
出身校 成城大学法学部法律学科
慶應義塾大学経営管理研究科
前職 日本青年会議所会頭
現職 内閣委員会
文部科学委員会(理事)
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会
憲法審査会
所属政党 自由民主党細田派
称号 経営管理修士
公式サイト 池田よしたかホームページ

選挙区 愛知3区→)
比例東海ブロック
当選回数 2回
テンプレートを表示

池田 佳隆(いけだ よしたか、1966年6月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

愛知県生まれ。東海中学校・高等学校成城大学法学部法律学科を経て[1]慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBAを取得)し[2]、家業である化学薬品メーカー(三興コロイド化学[3])を引き継ぐ[1]

1993年公益社団法人名古屋青年会議所入会。2000年、名古屋青年会議所理事。2003年日本青年会議所東海地区協議会理事。2004年、名古屋青年会議所理事長に就任。2005年(平成17年)、日本青年会議所副会頭。2006年、日本青年会議所会頭に就任[2]

2012年第46回衆議院議員総選挙愛知3区自由民主党から出馬し、元環境副大臣民主党近藤昭一を破り、初当選。愛知3区で小選挙区当選した初の自民党議員となった。2014年第47回衆議院議員総選挙では前回下した近藤に愛知3区で敗れるも、重複立候補していた比例東海ブロックで復活、再選。

政策[編集]

  • 憲法改正に賛成[4]
  • 女性宮家の創設に反対[4]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[5]
  • 集団的自衛権の行使に賛成[6]
  • 軽減税率の導入に賛成[6]
  • アベノミクスを評価する[6]
  • 村山談話・河野談話を見直すべきだ[6]
  • ヘイトスピーチの法規制に賛成[6]
  • 「道徳教育をすすめる有識者の会」に賛同[7]

不祥事[編集]

  • 2012年の衆院選で限度額を超える報酬を約束したとして、公職選挙法違反(買収約束、事前運動)容疑で、池田の運動員が逮捕された[8]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール
  2. ^ a b 日本の未来を創るのは、僕たちだ
  3. ^ 「誇り高き国 日本」2007年ダイヤモンド社) 著者紹介
  4. ^ a b 毎日新聞 2012年衆院選 アンケート
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ a b c d e http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=D07001001016&st=tk 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  7. ^ 道徳教育をすすめる有識者の会
  8. ^ 時事通信 2012年12月22日
  9. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  10. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

外部リンク[編集]

その他の役職
先代:
高竹和明
日本青年会議所会頭
第55代:2006年 - 2007年
次代:
奥原祥司