長坂康正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長坂 康正
ながさか やすまさ
生年月日 (1957-04-10) 1957年4月10日(61歳)
出生地 愛知県尾西市(現・一宮市
出身校 青山学院大学経済学部
前職 愛知県議会議員、海部俊樹議員秘書、内閣総理大臣秘書
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党麻生派
称号 学士
公式サイト 衆議院議員 長坂やすまさ

選挙区 愛知9区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職

選挙区 尾西市選挙区→
一宮市選挙区
当選回数 6回(補欠選挙含む)
在任期間 1994年5月22日 - 2012年11月30日
テンプレートを表示

長坂 康正(ながさか やすまさ、1957年4月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣府大臣政務官復興大臣政務官。元愛知県議会議員(6期)。

来歴[編集]

愛知県尾西市(現・一宮市)生まれ[2]知多郡東浦町で育つ。東海学園東海高等学校卒業後、青山学院大学経済学部にすすむ。大学を卒業した1980年(昭和55年)に海部俊樹衆議院議員秘書となる。私設秘書から公設秘書、12年に亘り常に随行秘書として行動を共にし、側近の秘書として薫陶を受ける。海部が首相に就任した1989年(平成元年)からは総理官邸で内閣総理大臣秘書(内閣官房調査員)の役を務めた。

1994年(平成6年)に行われた愛知県議会議員補欠選挙に自民党公認で立候補し、初当選を果たす。

以後6期連続当選。県連青年局長、県議団長、県連幹事長などを務めた。

衆議院議員[編集]

2011年(平成23年)12月16日、衆院選愛知9区に立候補する意志を固める[3]

2012年(平成24年)1月18日、自民党本部は愛知9区支部長を長坂に決定[4]。同年11月30日、県議を辞職[5]。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙愛知9区から立候補し、当時の民主党現職の岡本充功ら4名の候補者を破り、初当選した[1]

2014年(平成26年)、第47回衆議院議員総選挙で再選。前回比例復活できなかった岡本を再び退けるも、岡本は比例区で当選を果たした。

2017年(平成29年)3月10日第3次安倍第2次改造内閣では、前任者の務台俊介の辞任に伴い、後任として内閣府大臣政務官地方創生地方分権改革海洋政策領土問題行政改革食品安全規制改革等担当[6][7])兼復興大臣政務官に就任[8]。同年8月10日発足の第3次安倍第3次改造内閣でも留任[9]

同年10月の第48回衆議院議員総選挙で3選。第4次安倍内閣で内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に再任。

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

  • 座右の銘は「理想は高く、姿勢は低く、いつも心に太陽を。」[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日愛知県選挙管理委員会告示第111号(衆議院小選挙区選出議員選挙の当選者)
  2. ^ 衆議院議員 議員一覧 長坂康正君
  3. ^ 『中日新聞』2011年12月16日付夕刊、12面、「長坂県議 衆院選出馬へ 海部氏元秘書、地盤継ぐ 愛知9区」。
  4. ^ 『中日新聞』2012年1月19日付朝刊、県内版、18面、「衆院9区支部長 長坂県議に決定 自民党本部」。
  5. ^ 9区出馬のため長坂県議が辞職 - 中日新聞・愛知ニュース
  6. ^ 第193回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号
  7. ^ 第193回国会 内閣委員会 第4号
  8. ^ 長坂政務官「地域に寄り添う」 引責辞任の務台氏後任日本経済新聞2017/3/10
  9. ^ 改造内閣 副大臣と政務官の顔触れ”. 毎日新聞 (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  12. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  13. ^ 公式プロフィール

外部リンク[編集]