1991年愛知県議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1991年愛知県議会議員選挙は、1991年4月7日に執行された愛知県議会の議員を改選するための一般選挙。第12回統一地方選挙の一つとして実施された。

概要[編集]

県議会議員の任期4年が満了したことに伴って行われた。この選挙から以下のように選挙区と定数が変わった。全体を合わせて定数は3つ増え「110」となった。

  • 「名古屋市中村区選挙区」(定数4) → 定数3に減った。
  • 「名古屋市緑区選挙区」(定数2) → 定数3に増えた。
  • 「半田市選挙区」(定数1) → 定数2に増えた。
  • 「春日井市選挙区」(定数3) → 定数4に増えた。
  • 「稲沢市選挙区」(定数1) → 定数2に増えた。

59選挙区110議席に対し163人が立候補した。そのうち無投票選挙区と無投票当選人は22選挙区、32人で、過去最高を記録した[1]。投票率は49.48%で、1987年の前回選を4.62ポイント下回り、過去最低を記録した[2]

基礎データ[編集]

  • 選挙事由:任期満了
  • 告示日:1991年3月29日
  • 投票日:1991年4月7日
  • 議員定数:110人
  • 選挙区:59選挙区(うち22選挙区で無投票)
  • 候補者数:163人(うち32人が無投票当選

選挙結果[編集]

党派 新旧別 無投票
当選
現職 元職 新人
自由民主党 66 53 5 8 (22)
民社党 14 14 0 0 (4)
日本社会党 13 11 0 2 (3)
公明党 6 3 0 3 (1)
日本共産党 2 2 0 0 (1)
無所属 9 3 0 6 (1)
110 86 5 19 (32)

当選者[編集]