赤羽根町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あかばねちょう
赤羽根町
Tahara City Hall Akabane Branch 20040321.jpg
廃止日 2003年8月20日
廃止理由 編入合併
赤羽根町田原町
(田原町が即日市制施行)
現在の自治体 田原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
渥美郡
団体コード 23622-5
面積 23.54km2
総人口 6,306
(2003年1月31日)
隣接自治体 渥美町田原町
町の木 クロマツ
町の花 キク
他のシンボル -
赤羽根町役場
所在地 441-3502
愛知県渥美郡赤羽根町大字赤羽根字赤土1
座標 北緯34度37分8秒 東経137度12分43.2秒 / 北緯34.61889度 東経137.212000度 / 34.61889; 137.212000座標: 北緯34度37分8秒 東経137度12分43.2秒 / 北緯34.61889度 東経137.212000度 / 34.61889; 137.212000
赤羽根町
 表示 ウィキプロジェクト

赤羽根町(あかばねちょう)は、愛知県南部の渥美郡に位置していたである。2003年8月20日に田原町へ編入(即日市制施行し田原市)された。これが愛知県内における、いわゆる「平成の大合併」の先駆けとなった。

赤羽根ロングビーチと呼ばれる太平洋沿岸部(太平洋ロングビーチ)はサーフィンに適した波が寄せることで知られ、夏にはサーファーや海水浴客で賑わう。

地理[編集]

太平洋(遠州灘)に面しており、「遠州のからっ風」と呼ばれる強風が吹く。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

町長[編集]

  • 大羽義市( - 2003年)

議会[編集]

  • 議員定数:12人

財政[編集]

  • 予算:31億500万円(2002年度当初予算、1万円未満切り捨て)
  • 公債費比率:10.3%(2001年度決算)
  • 財政力指数:0.35(2002年度)

町民憲章[編集]

わたくしたちは、明るく住みよい赤羽根町の発展をめざし、町民一人ひとりの合言葉として、この憲章を定めます。

  • 自然を愛し、緑豊かな町をつくります。
  • 互いに助け合い、あたたかな町をつくります。
  • 健康に心がけ、生きがいのある町をつくります。
  • 教養を深め、文化の高い町をつくります。
  • 郷土を誇り、活力ある町をつくります

経済[編集]

産業[編集]

電照菊メロンが特産品として多く出荷される。また、遠州灘の沖合が良好な漁場であることから、漁業も盛んである。

  • 製造品出荷額等:21億6600万円(2000年)
  • 農業粗生産額:137億3400万円(2000年)

赤羽根漁港[編集]

  • 陸揚量:488t
  • 漁獲金額:2億3800万円
  • 第1種漁港指定 1951年7月28日
  • 第4種漁港指定 1952年11月11日

地域[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

  • 赤羽根小学校
  • 高松小学校
  • 若戸小学校

中学校[編集]

  • 赤羽根中学校

高等学校[編集]

  • 愛知県立成章高等学校赤羽根分校(2006年度末をもって廃止)

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道路線は存在しなかった。

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 歴史民俗資料館
  • 太平洋ロングビーチ(赤羽根ロングビーチ)

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]