鳳来町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほうらいちょう
鳳来町
Flag of Horai, Aichi.svg
鳳来町旗
Emblem of Horai, Aichi.svg
鳳来町章
1957年昭和32年)2月15日制定
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
新城市鳳来町作手村新城市
現在の自治体 新城市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
南設楽郡
団体コード 23581-4
面積 263.66km²
総人口 13,565
(2005年9月1日)
隣接自治体 新城市設楽町東栄町作手村浜松市
町の木 鳳来寺
町の花 ホソバシャクナゲ
町の鳥 コノハズク
鳳来町役場
所在地 441-1692
愛知県南設楽郡鳳来町長篠字下り筬1番地の2
Shinshiro City Horai Branch Office.jpg
(新城市鳳来総合支所時に撮影)
座標 北緯34度55分59.6秒
東経137度34分31.2秒
鳳来町
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

鳳来町(ほうらいちょう)は、愛知県東部、南設楽郡に位置したである。

1956年昭和31年)に町村合併により成立。2005年平成17年)10月1日新城市・南設楽郡作手村合併し新城市の一部となった。

歴史[編集]

行政[編集]

  • 町長: 穂積亮次(合併後、新城市長選に当選。現・新城市長)

行政機構[編集]

町民憲章[編集]

旧鳳来町役場玄関。右手に町民憲章の碑が建つ

心を正しく 体をすこやかに
笑顔と思いやりの 輪をひろげ
明るい鳳来町を めざします

仕事にはげみ 工夫をこらし
恵みを生かして 力を合わせ
豊かな鳳来町を きずきます

教養を高め 文化を育て
緑の山河と 息づく歴史をほこりに
ふるさと鳳来町を まもります

行政地名[編集]

門谷の集落。奥に県立鳳来寺高等学校が見える。

鳳来町には計34の大字が設定されていた[2]1889年(明治22年)の町村制施行の直前に存在した村を継承するものが多いが、例外もある。

1956年(昭和31年)4月の鳳来町発足時点では大字は22。南設楽郡長篠村から継承した長篠(ながしの)・横川(よこがわ)・富保(とみやす)・富栄(とみさか)・豊岡(とよおか)の5大字、鳳来寺村から継承した門谷(かどや)・玖老勢(くろぜ)・副川(ふくがわ)・布里(ふり)・只持(ただもち)・一色(いっしき)・塩瀬(しおぜ)・愛郷(あいごう)の8大字、八名郡七郷村から継承した井代(いしろ)・能登瀬(のとせ)・名越(なこえ)・名号(みょうごう)・睦平(むつだいら)・細川(ほそかわ)・巣山(すやま)および一色を改称した七郷一色(ななさといっしき)の8大字と、旧大野町域に設定された大野(おおの)が該当する[2]

1956年7月、北設楽郡三輪村の一部を編入する。この際、同村から継承した川合(かわい)と、同村長岡から分割した池場(いけば)の2大字が追加された[2]

1956年9月の編入合併と境界変更では新たに10大字が追加され、全34大字がそろう。南設楽郡海老町からは海老(えび)・中島(なかじま)・連合(れんごう)・四谷(よつや)・副川の5大字、新城町からは乗本(のりもと)の1大字、八名郡山吉田村からは下吉田(しもよしだ)・上吉田(かみよしだ)・黄柳野(つげの)・竹ノ輪(たけのわ)の4大字を継承した。このうち旧海老町の副川(「海老副川」と通称される地域)は旧鳳来寺村の副川と同名ではあるが、編入合併にあたって名称変更はない。また、境界変更で横川の大部分が新城町に編入されたため、鳳来町側に残った横川はほぼ山林が占める人口0の地域となった[2]

いずれも2005年(平成17年)の合併により、そのまま新城市の大字に変更されている[3]。ただし、旧鳳来町長だった穂積現新城市長の公約で、旧鳳来町域で「鳳来」の名称復活賛否の住民意識調査を行い、賛成が過半数を超えた大字より旧作手村域にならって新城市鳳来xxの呼称とする計画がある。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

教育[編集]

町立小中学校は、新城市との合併に伴い市立学校となった(七郷一色小学校は合併前に廃校)。

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 鳳来町立鳳来中学校

小学校[編集]

  • 鳳来町立鳳来中部小学校
  • 鳳来町立鳳来寺小学校
  • 鳳来町立鳳来西小学校(2016年3月廃校)
  • 鳳来町立鳳来東小学校
  • 鳳来町立海老小学校(2016年3月廃校)
  • 鳳来町立連谷小学校(2016年3月廃校)
  • 鳳来町立山吉田小学校
  • 鳳来町立黄柳野小学校
  • 鳳来町立東陽小学校
  • 鳳来町立七郷一色小学校(2002年3月廃校)

観光[編集]

鳳来寺

交通[編集]

鉄道[編集]

町内の鉄道路線には東海旅客鉄道(JR東海)飯田線がある。町内の南西から北東にかけて横断し、長篠に長篠城駅本長篠駅、富栄に三河大野駅、豊岡に湯谷温泉駅三河槙原駅柿平駅、川合に三河川合駅、池場に池場駅、計8駅が設置されていた。

これに加えて本長篠駅からは、1968年(昭和43年)まで豊橋鉄道田口線が町内を北上して設楽町方面へ通じていた。起点の本長篠に加え、富保に三河大草駅、門谷に鳳来寺駅、玖老勢に玖老勢駅、副川に三河大石駅、海老に三河海老駅滝上駅の計7駅を町内に設置していた。

道路[編集]

鳳来町内には、一般国道2本、主要地方道3本、一般県道13本(合併直前時点では14本)が通っていた。

一般国道[編集]

  • 国道151号 - JR飯田線と並行して町内を横断する。東栄町三輪から池場・川合・名号・名越・能登瀬・井代・大野・富栄・長篠を経て新城市有海へ至る。
  • 国道257号 - 町内の南東から北にかけて縦貫する。引佐町田沢(現・浜松市北区引佐町田沢)から下吉田・乗本・長篠・(新城市横川・出沢)・布里・只持・愛郷を経て設楽町田峯へ至る。長篠地内に国道151号との重複区間がある。

主要地方道[編集]

  • 愛知県道32号鳳来東栄線 - 町内中央部を縦貫する。国道151号との交差点(長篠)を起点に、富保・門谷・玖老勢・副川・海老・連合・四谷を経て、仏坂トンネルを抜けて設楽町神田へと至る。
  • 愛知県道69号豊橋鳳来線 - 新城市市川から乗本に入り、国道257号との交差点(乗本)を終点とする。
  • 愛知県道81号豊橋新城鳳来線 - 新城市中宇利から福津峠を越え黄柳野・上吉田を経て国道257号との交差点(下吉田)を終点とする。

一般県道[編集]

  • 愛知県道389号鳳来設楽線 - 国道151号との交差点(富栄)を起点に、富保で県道32号に合流。海老までは重複区間で、連合から稲目トンネルを抜けて設楽町田峯で国道257号に接続する。
  • 愛知県道392号新城引佐線 - 新城市吉川から吉川峠を越え、竹ノ輪・黄柳野を経、陣座峠を越えて引佐町狩宿(現・浜松市北区引佐町狩宿)に至る。途中黄柳野に県道81号との重複区間がある。
  • 愛知県道424号振草三河川合停車場線 - 設楽町川合から川合へと入り、三河川合駅前へ至る。
  • 愛知県道434号愛知県民の森線 - 愛知県民の森(門谷)から豊岡の一部を通過し国道151号との交差点(名越)へ至る。
  • 愛知県道435号保永海老線 - 作手村大和田(現・新城市作手大和田)から塩瀬・愛郷・中島・副川と横断し終点(海老)で県道32号に接続する。途中の愛郷地内に国道257号との重複区間がある。
  • 愛知県道436号清岳玖老勢線 - 作手村木和田(現・新城市作手木和田)から愛郷・塩瀬・一色・布里を経て布里で国道257号に合流。玖老勢までは重複区間で、国道から分岐した先の県道32号との交差点(玖老勢)が終点。途中愛郷に県道435号との重複区間がある。
  • 愛知県道438号布里新城線 - 布里で県道436号から分岐する路線だが、未完成で塩瀬地内で途切れている。
  • 愛知県道439号能登瀬新城線 - 国道151号との交差点(能登瀬)が起点で、豊岡を経て井代で国道151号に合流する。ここから大野までは重複区間で、大野から乗本へと進み新城市有海へと至る。乗本に県道69号との重複区間がある。
  • 愛知県道441号鳳来寺山公園線 - 全線門谷地内。県道32号に接続する、鳳来寺の表参道である。
  • 愛知県道442号鳳来佐久間線 - 県道439号・505号との交差点(大野地内)が起点。下吉田(阿寺地区)・巣山・七郷一色を経て佐久間町浦川(現・浜松市天竜区佐久間町浦川)へ至る。
  • 愛知県道445号鳳来三ヶ日線 - 黄柳野を起点に新城市中宇利へ向かうが、鳳来町内では県道81号と重複する。
  • 愛知県道505号渋川鳳来線 - 引佐町渋川(現・浜松市北区引佐町渋川)から七郷一色・巣山・細川・睦平を経て、県道439号・442号との交差点(大野)を終点とする。途中七郷一色から巣山にかけて県道442号との重複区間がある。
  • 愛知県道519号七郷一色名号線 - 七郷一色で県道442号から分岐し、名号で国道151号に合流する。

町道[編集]

新城市と合併した現在でも鳳来町時代の町道標識が残存している。デザインは町の鳥コノハズクをイメージし、標識の形は楕円形。始点と終点にそれぞれ設置されている。補助標識に路線名と地名が書かれている。以下は町道の例。

  • 1級町道15 稲目清崎線

有料道路[編集]

バス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『鳳来町誌』歴史編、pp937-941
  2. ^ a b c d 『角川日本地名大辞典』23
  3. ^ 住所表示変更一覧(新城市・鳳来町・作手村合併協議会ウェブサイト、2011年3月25日閲覧)

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会(編) 『角川日本地名大辞典』23 愛知県、角川書店1989年ISBN 978-4-04-001230-8
  • 鳳来町教育委員会 『鳳来町誌』歴史編、鳳来町、1994年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]