鈴木政二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 政二
すずき せいじ
生年月日 (1948-06-06) 1948年6月6日(70歳)
出生地 愛知県碧海郡知立町
出身校 日本大学法学部政治経済学科
所属政党無所属→)
自由民主党
称号 法学士
旭日大綬章

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1995年7月23日 - 2013年7月28日

選挙区 知立市選挙区
当選回数 4回
在任期間 1979年4月30日 - 1995年4月29日

当選回数 1回
在任期間 1974年 - 1975年
テンプレートを表示

鈴木 政二[注 1](すずき せいじ、1948年6月6日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元参議院議員(3期)、元愛知県議会議員(4期)。

経歴[編集]

愛知県碧海郡知立町(現・知立市)生まれ[4]。父親は仏壇店「仏壇の三河屋」を営んでいた[5]知立町立知立中学校[6]愛知県立岡崎北高等学校卒業。中学、高校時代は「野球一色の青春」だったという。日本大学法学部政治経済学科卒業後、家の都合で知立市に戻り家業を手伝った[7]

1974年知立市議会議員に初当選。

1975年4月、愛知県議会議員選挙に無所属で立候補するも、同じく無所属新人の続木義公に敗れる[8]。同年、福田派衆議院議員村田敬次郎の秘書となる[9]

1979年の県議選も再び無所属で立候補。自民党公認を受けた現職の続木を破り初当選を果たした[10]

2期目の1985年10月21日旧愛知4区中野四郎元国土庁長官が急性心不全により死去。中野は一人息子を1981年に病気で亡くしており[11]、1985年11月6日、第1回後継者選考委員会が碧南市の中野の自宅で開かれることになる。後継候補に選ばれたのは中野の第一秘書の中原義正、前特許庁長官の志賀学[11]、県議の杉浦正行、そして鈴木の4名であった[12]1986年2月6日赤坂プリンスホテル福田派の事務所に福田赳夫、安倍晋太郎藤尾正行三塚博塩川正十郎加藤六月森喜朗村田敬次郎ら8人の幹部が集まり、後継者について話し合いがもたれた。鈴木を強く推す村田に対し、岡崎市出身の杉浦正健に傾きつつあった安倍は「鈴木で党の公認はとれるのか」と懸念を示した。福田は無言を押し通したと言われている。この幹部会で鈴木は一旦後継者に内定[13]。ところがその8日後、仏壇屋を営む父親が心労で倒れたことを理由に鈴木は内定を返上した[14]。同年7月に総選挙は行われ、中野の地盤は杉浦正健が引き継いだ。

衆院選出馬のチャンスは逃したものの、県議を4期務めた。1987年には全国商工会青年部連合会副会長に就任した。

参議院議員[編集]

1995年1月、自民党県連は参院選に向け、現職の吉川博の公認を決定[15]愛知県選挙区の同党の複数公認は1983年以来なかったが、同年3月8日に鈴木は党県連に公認申請を行った[16]。共倒れを恐れた党県連は5月10日、参院選の候補者を鈴木に一本化し、吉川の衆院選・愛知9区への鞍替えを決定した[17]。7月23日に行われた第17回参議院議員通常選挙で初当選。

1997年、参議院自民党国会対策委員会副委員長に就任。青木幹雄に「国会対策が向いている」と見込まれたことがきっかけで、初当選以来15〜16年の間、6人もの国会対策委員長に仕えた[18]

2001年7月29日に行われた第19回参議院議員通常選挙に当選(2期目)。

2005年10月31日から第3次小泉改造内閣において、政務担当の内閣官房副長官(参院枠)を務め、併せて政府の「拉致問題特命チーム」議長を務めた。2006年9月26日から安倍内閣において内閣官房副長官に再任される。官房副長官在任中、新潟県中越沖地震発生に際し、愛知県で行っていた選挙運動を急遽取り止めて首相官邸へ戻り、震災対策にあたった[要出典]

2007年7月29日に行われた第21回参議院議員通常選挙に当選(3期目)。同年8月、自民党が劣勢となるねじれ国会下において参議院自民党国会対策委員長に就任。

大村秀章が2009年8月の衆院選愛知県内小選挙区で全敗した責任をとり、自民党県連会長を辞任。そのあとを受けて同年9月19日、党県連会長に就任[19]

2010年7月には第22回参議院議員通常選挙の結果、逆に自民党など野党優位となったねじれ国会下において参議院議院運営委員長に就任した。

2010年10月、自民党県連は、任期満了に伴う愛知県知事選挙の候補者として総務省職員の重徳和彦に出馬を打診[20]。続いて10月15日、衆議院議員の大村秀章が名古屋市長の河村たかしによる要請を受けて知事選への立候補を模索していることが報じられる[21][22]。鈴木は党愛知県連会長として、11月15日に大村と東京都内で会談。出馬とりやめを求めたが、大村は鈴木の要請を拒否した[23]。これを受けて愛知県連は党本部に大村の除名処分を上申。しかし選挙の結果は大村の圧勝となり、鈴木は選挙後の2011年2月13日に県連会長辞任を表明した[24]。後任の県連会長は、残りの任期が切れる同年7月まで、大村と親しい間柄にあった寺西学が務めた[25][注 2]

2011年10月、参議院国家基本政策委員長に就任。

2012年5月29日、次期参院選には出馬せず政界を引退する意向を表明した[28]愛知県知事選挙後悪化した知事の大村や自民党愛知県連幹部との関係を修復できない状態が続いており、党内からは次期衆院選への影響を懸念する声も出ていたことから、自ら身を引くことで人心の刷新と世代交代を図ろうという考えによるものと見られる。自民党が設定する定年の年齢に達するまでにはまだかなり間があるものの、記者会見では「愛知万博中部国際空港などの国家プロジェクトをやり遂げ満足感がある。後進に議席を守ってもらいたい」と述べ、政治活動からも身を引く意向を示した[要出典]

人物[編集]

  • 2006年6月、日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、統一教会の集団結婚式(天宙平和連合祖国郷土還元日本大会)に祝電を送ったと報じられた[29]
  • 2008年12月16日の記者会見で、参議院で主導権を握る民主党の国会対応について「数があるからどんなことでも簡単にできると思い込むナチス党や大政翼賛会みたいだ。良識の府から暗黒の府に入っていくのではないか」と述べ批判した[30]
  • 愛知県議会議員の鈴木雅博(旧姓:渡辺)は娘婿[31]。2015年4月の愛知県議会議員選挙に自民党県連会長代理の倉知俊彦[注 3]の後継者として立候補し[40]、無投票で初当選した。
  • 2018年秋の叙勲で旭日大綬章を受章。

主な所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 参議院の「議員情報一覧」[1]では、姓の「鈴」の旁「令」の下の部分を「マ」とする字を正字としている[2]。ただし、「令」の下が直線の字もマの字も[3]であり、書体の違い(前者が明朝体など、後者が楷書体など)であるため、ここでは直線の鈴のままとし、{{記事名の制約}}等のテンプレートは付さない。
  2. ^ 寺西学は1971年、名古屋市中村区選挙区から立候補し県議に初当選した。2005年に大村秀章が自民党愛知県連会長に就任した際、大村から会長代理に指名された[26]。2011年2月21日、自民党愛知県連会長に就任[27]。同年4月の県議選は出馬せず、息子の寺西睦に地盤を譲った。同年7月に県連会長を退任。2013年3月22日、死去。
  3. ^ 倉知俊彦は1931年に生まれた。1971年、豊田市選挙区から立候補し県議に初当選した。1987年5月から1年間議長を務めた[32]。豊田市のコンパニオン会社が18歳未満の女子高生を雇っていた事件を豊田警察署が内偵していたことを知り、1990年1月、愛知県警の総務部長に「何とか穏便にできないか」と連絡をとった。同総務部長が県議会の議員控室で捜査資料のコピーを渡すと、倉知はコンパニオン会社代表らに資料を渡し、その謝礼として額面20万円の商品券を受け取った。同年11月9日、秘密漏洩教唆罪とあっせん収賄罪の疑いで書類送検され[33]、11月17日に自民党を離党した(その後復党)[34]。2003年11月の衆院選で愛知県下の自民党候補は大敗し、杉浦正健県連会長が引責辞任[35]。次期会長を巡って国会議員と県議らが対立を深める中、混乱収拾のため、県議では初の会長に選出された(任期は2003年12月21日から2005年6月まで)[36][37]。2016年3月5日、豊田市名誉市民に推挙される。2018年12月2日、胆管がんのため死去[38][39]

出典[編集]

  1. ^ 議員情報一覧
  2. ^ 参考
  3. ^ 同じ字
  4. ^ 内閣官房副長官 鈴木政二 | 首相官邸ホームページ
  5. ^ 『中日新聞』1989年11月1日付朝刊、県内版、16面、「鈴木政一氏死去」。
  6. ^ ひろし通信 第2号(水野ひろし後援会事務所編集委員会)
  7. ^ 『中日新聞』1995年7月9日付朝刊、県内版、24面、「95年参院選あいち/ 候補者の素顔 豊かな地方議員経験 鈴木政二候補 (47) 自民・新」
  8. ^ 愛知県議会議員一般選挙(知立市選挙区) 第8回
  9. ^ プロフィール | 議員を志せ 政二塾
  10. ^ 愛知県議会議員一般選挙(知立市選挙区) 第9回
  11. ^ a b 朝日新聞』1987年4月1日、東海総合面。
  12. ^ 『朝日新聞』1987年4月11日、4月14日、東海総合面。
  13. ^ 『朝日新聞』1987年4月17日、東海総合面。
  14. ^ 『朝日新聞』1987年4月25日、東海総合面。
  15. ^ 『中日新聞』1995年3月8日付夕刊、2面、「参院選出馬決意の鈴木氏 名古屋市議団も支援 自民」。
  16. ^ 『中日新聞』1995年3月10日付朝刊、1面、「参院愛知 自民が2人公認へ 鈴木氏が正式出馬表明」。
  17. ^ 『中日新聞』1995年5月11日付朝刊、2面、「参院選に鈴木氏決定」。
  18. ^ “安倍首相、したたかな政治家に 鈴木政二氏”. 日本経済新聞. (2013年7月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1203Q_S3A710C1I00000/ 2017年9月17日閲覧。 
  19. ^ 『中日新聞』2009年9月20日付朝刊、県内版、18面、「『ゼロからの出発だ』 自民県連総会 鈴木会長があいさつ」。
  20. ^ 『中日新聞』2010年10月13日付夕刊、1面、「重徳氏、出馬に前向き 愛知県知事選 自民打診に『光栄』」。
  21. ^ “河村市長、自民・大村氏に愛知知事選出馬要請”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年10月16日). オリジナル2013年8月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Wppej 2010年11月13日閲覧。 
  22. ^ “河村市長、自民・大村氏の擁立目指す”. 中日新聞. (2010年10月15日). http://www.chunichi.co.jp/hold/2011/ele_aichi/list/201010/CK2010120602100016.html 2013年3月10日閲覧。 
  23. ^ 『中日新聞』2010年11月16日付朝刊、35面、「大村氏、自民県連と亀裂 会長面談 不出馬要請断る」。
  24. ^ “自民・愛知県連会長が辞任表明…知事選大敗で”. 読売新聞. (2011年2月13日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110213-OYT1T00344.htm 2011年2月13日閲覧。 
  25. ^ 『中日新聞』2011年6月27日付夕刊、10面、「自民愛知県連 藤川氏が会長就任へ 寺西氏、立候補取り下げへ」。
  26. ^ 『中日新聞』2005年7月5日付朝刊、県内版、22面、「会長代理に寺西県議 自民県連が新執行部会」。
  27. ^ “自民愛知県連会長に寺西氏 立候補なく推薦で決定”. 日本経済新聞. (2011年2月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFD2102K_R20C11A2CN8000/ 2018年12月4日閲覧。 
  28. ^ “自民・鈴木政二参院議員が引退へ”. 日本経済新聞. (2012年5月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2902D_Z20C12A5PP8000/ 2017年9月17日閲覧。 
  29. ^ 統一協会・集団結婚に祝電しんぶん赤旗
  30. ^ 民主党は「ナチス」=自民・鈴木氏時事ドットコム[リンク切れ]
  31. ^ “愛知県議選で鈴木雅博氏 未来への扉開く好機ください 義父鈴木元参院議員握手で感謝”. 新三河タイムス. (2015年3月26日). http://shinmikawa.blog.fc2.com/blog-date-201503.html 2017年12月2日閲覧。 
  32. ^ 歴代正副議長一覧 (PDF)”. 愛知県議会 (2018年5月25日). 2018年12月4日閲覧。
  33. ^ 『中日新聞』1990年11月10日付朝刊、1面、「愛知県議を書類送検 捜査資料漏えい 渡した県警元部長も 容疑者依頼で工作 謝礼に商品券20万円受け取る 女高生コンパニオン事件」。
  34. ^ 『中日新聞』1990年11月18日付朝刊、1面、「倉知愛知県議が離党 捜査資料漏えい 『自民党に迷惑』」。
  35. ^ 『中日新聞』2003年11月12日付朝刊、34面、「自民 愛知県連 幹部退陣へ 衆院選惨敗 3回連続の引責」。
  36. ^ 『中日新聞』2003年12月21日付朝刊、30面、「自民党愛知県連 新会長に倉知氏 初の県議就任」。
  37. ^ 『中日新聞』2005年5月27日付朝刊、県内版、20面、「自民県連 次期会長 国会議員で 議員団意向 大村氏が意欲」。
  38. ^ “倉知俊彦氏が死去 元愛知県議会議長”. 日本経済新聞. (2018年12月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38510430U8A201C1CN8000/ 2018年12月4日閲覧。 
  39. ^ 中尾吟、中崎裕、安藤孝憲「『懐深い大政治家』 倉知元県議死去 党派超え悼む声」 『中日新聞』2018年12月5日付朝刊、県内版、16面。
  40. ^ “新春インタビュー特集 倉知俊彦さん83 自民党愛知県連会長代理 2人当選で「地方創生」進む!”. 矢作新報. (2015年). http://www.yahagishinpo.com/cn2/pg518.html 2017年12月2日閲覧。