鈴木政二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
鈴木 政二
すずき せいじ
生年月日 (1948-06-06) 1948年6月6日(69歳)
出生地 愛知県碧海郡知立町
出身校 日本大学法学部政治経済学科
所属政党 自由民主党町村派
称号 法学士

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1995年7月23日 - 2013年7月28日

選挙区 知立市選挙区
当選回数 4回
在任期間 1979年4月30日 - 1995年4月29日

当選回数 1回
在任期間 1974年 -
テンプレートを表示

鈴木 政二[1](すずき せいじ、1948年6月6日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元参議院議員(3期)、元愛知県議会議員(4期)。

経歴[編集]

愛知県碧海郡知立町(現・知立市)生まれ[2]知立町立知立中学校[3]愛知県立岡崎北高等学校日本大学法学部政治経済学科卒業。1974年知立市議会議員に初当選。翌年1975年福田派衆議院議員村田敬次郎の秘書となる。

1979年4月、愛知県議会議員に初当選。

2期目の1985年10月21日旧愛知4区中野四郎元国土庁長官が急性心不全により死去。中野は一人息子を1981年に病気で亡くしており[4]、1985年11月6日、第1回後継者選考委員会が碧南市の中野の自宅で開かれることになる。後継候補に選ばれたのは中野の第一秘書の中原義正、前特許庁長官の志賀学[4]、県議の杉浦正行、そして鈴木の4名であった[5]1986年2月6日に行われた福田派幹部会で一旦後継者に内定するも、その8日後、仏壇屋を営む父親が心労で倒れたことを理由に鈴木は内定を返上する[6]。中野の地盤は岡崎市出身の杉浦正健が引き継いだ。

衆院選出馬のチャンスは逃したものの、県議選は4期当選。1987年には全国商工会青年部連合会副会長に就任した。

参議院議員[編集]

1995年7月23日に行われた第17回参議院議員通常選挙愛知県選挙区から出馬し初当選。1997年、参議院自民党国会対策委員会副委員長に就任。青木幹雄に「国会対策が向いている」と見込まれことがきっかけで、初当選以来15~16年の間、6人もの国会対策委員長に仕えた[7]

2001年7月29日に行われた第19回参議院議員通常選挙に当選(2期目)。

2005年10月31日から第3次小泉改造内閣において、政務担当の内閣官房副長官(参院枠)を務め、併せて政府の「拉致問題特命チーム」議長を務めた。2006年9月26日から安倍内閣において内閣官房副長官に再任される。官房副長官在任中、新潟県中越沖地震発生に際し、愛知県で行っていた選挙運動を急遽取り止めて首相官邸へ戻り、震災対策にあたった[要出典]

2007年7月29日に行われた第21回参議院議員通常選挙に当選(3期目)。

同年8月、自民党が劣勢となるねじれ国会下において参議院自民党国会対策委員長に就任。2009年9月に自民党が下野した際にも野党として国会対策にあたった。2010年7月には第22回参議院議員通常選挙の結果、逆に自民党など野党優位となったねじれ国会下において参議院議院運営委員長に就任した。党愛知県連会長も務める。

2010年10月、比例東海ブロック選出(愛知県第13区で落選)の大村秀章が名古屋市長の河村たかしによる要請を受けて愛知県知事選挙への立候補を模索していることが報じられると[8][9]、鈴木は党愛知県連会長としてこの動きに反発。さらに愛知県連は党本部に大村の除名処分を上申した。だが選挙の結果は大村の圧勝となり、選挙後の2011年2月13日に県連会長辞任を表明した[10]

2011年10月、参議院国家基本政策委員長に就任。

2012年5月29日、次期参院選には出馬せず政界を引退する意向を表明した[11]愛知県知事選挙後悪化した知事の大村や自民党愛知県連幹部との関係を修復できない状態が続いており、党内からは次期衆院選への影響を懸念する声も出ていたことから、自ら身を引くことで人心の刷新と世代交代を図ろうという考えによるものと見られる。自民党が設定する定年の年齢に達するまでにはまだかなり間があるものの、記者会見では「愛知万博中部国際空港などの国家プロジェクトをやり遂げ満足感がある。後進に議席を守ってもらいたい」と述べ、政治活動からも身を引く意向を示した[要出典]

統一協会・集団結婚に祝電[編集]

2006年6月、日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、統一教会の集団結婚式(天宙平和連合祖国郷土還元日本大会)に祝電を送ったと報じられた[12]

民主党は「ナチス」発言[編集]

2008年12月16日の記者会見で、参議院で主導権を握る民主党の国会対応について「数があるからどんなことでも簡単にできると思い込むナチス党や大政翼賛会みたいだ。良識の府から暗黒の府に入っていくのではないか」と述べ批判した[13]。 

主な所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 参議院の「議員情報一覧」では、姓の「鈴」の旁「令」の下の部分を「マ」とする字を正字としている。(参考)ただし、「令」の下が直線の字もマの字も同じ字であり、書体の違い(前者が明朝体など、後者が楷書体など)であるため、ここでは直線の鈴のままとし、{{記事名の制約}}等のテンプレートは付さない。
  2. ^ 内閣官房副長官 鈴木政二 | 首相官邸ホームページ
  3. ^ ひろし通信 第2号(水野ひろし後援会事務所編集委員会)
  4. ^ a b 朝日新聞』1987年4月1日、東海総合面。
  5. ^ 『朝日新聞』1987年4月11日、4月14日、東海総合面。
  6. ^ 『朝日新聞』1987年4月25日、東海総合面。
  7. ^ “安倍首相、したたかな政治家に 鈴木政二氏”. 日本経済新聞. (2013年7月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1203Q_S3A710C1I00000/ 2017年9月17日閲覧。 
  8. ^ “河村市長、自民・大村氏に愛知知事選出馬要請”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年10月16日). オリジナル2013年8月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Wppej 2010年11月13日閲覧。 
  9. ^ “河村市長、自民・大村氏の擁立目指す”. 中日新聞. (2010年10月15日). http://www.chunichi.co.jp/hold/2011/ele_aichi/list/201010/CK2010120602100016.html 2013年3月10日閲覧。 
  10. ^ “自民・愛知県連会長が辞任表明…知事選大敗で”. 読売新聞. (2011年2月13日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110213-OYT1T00344.htm 2011年2月13日閲覧。 
  11. ^ “自民・鈴木政二参院議員が引退へ”. 日本経済新聞. (2012年5月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2902D_Z20C12A5PP8000/ 2017年9月17日閲覧。 
  12. ^ 統一協会・集団結婚に祝電しんぶん赤旗
  13. ^ 民主党は「ナチス」=自民・鈴木氏時事ドットコム[リンク切れ]