松下新平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松下 新平
まつした しんぺい
Matsusita sinpei 1.jpg
内閣広報室より公表された肖像
生年月日 (1966-08-18) 1966年8月18日(56歳)
出生地 日本の旗 宮崎県東諸県郡高岡町(現・宮崎市
出身校 法政大学第二法学部政治学科
前職 宮崎県職員
長峯基参議院議員秘書
所属政党自由民主党→)
無所属→)
改革クラブ→)
自由民主党(谷垣G菅G
親族 父・松下渉(宮崎県議会議員)
岳父・野辺修光(宮崎県議会議員、第10・13・16・17代宮崎県串間市長)
公式サイト 参議院議員 松下 新平

選挙区 宮崎県選挙区
当選回数 4回
在任期間 2004年 - 現職

選挙区 東諸県郡選挙区
当選回数 2回
在任期間 1999年 - 2004年
テンプレートを表示

松下 新平(まつした しんぺい、1966年(昭和41年)8月18日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(4期)。

総務副大臣内閣府副大臣第3次安倍第1次改造内閣)、国土交通大臣政務官第2次安倍内閣)、宮崎県議会議員(2期)を務めた。

経歴[編集]

宮崎県東諸県郡高岡町(現・宮崎市高岡町)生まれ。1979年3月、高岡町立高岡小学校卒業。1982年3月、高岡町立高岡中学校卒業。1985年3月、宮崎県立宮崎西高等学校卒業。1992年3月、法政大学第二法学部政治学科卒業。1992年4月、宮崎県職員に就職[1]

1996年12月、宮崎県庁を退職。1997年1月から自民党参議院議員・長峯基の秘書として活動[1]

1999年宮崎県議会議員選挙に自民党から立候補し、初当選。2003年に再選。

自民党離党・参議院出馬 2004年4月、県議会議員を辞職。同年7月の第20回参議院議員通常選挙に無所属で宮崎県選挙区出馬[2]。民主党や連合宮崎など非自民勢力の支援も得て、自由民主党現職の上杉光弘(元自治大臣)を約1万7000票差の277,352票で破った。国会では民主党会派「民主党・新緑風会」に所属した。県選出の衆参国会議員5人のうち、唯一の非自民系国会議員であった[3]

民主党参院宮崎選挙区公認騒動・民主会派離脱 2007年7月5日に会派離脱を宣言。同年の参議院通常選挙で、長峯は自民党宮崎県連幹部による投票の結果自民党の公認を得られなかった。そのため、松下は民主党に自民党の公認を失った長峯の支援を求めたが、松下の元秘書である外山斎が立候補を表明したことで破談。外山の出馬に対して、「私には相談がなかった。ボタンの掛け違いだった」と不快感を示した。民主党が外山斎を宮崎選挙区に無所属として擁立したことに松下は反発し、会派を離脱して長峯を独自に支援すると表明したため、非自民票が割れた。松下は記者会見で、長峯氏の公設秘書を務めたことなどに触れ、「人間の道理、政治家の道理として長峯基先生を支持する」と支持理由を説明し、自らは民主系会派は離脱せず、自身の処遇は「会派なり党なりが判断する」と結論をゆだねた「選挙後の枠組みも含めて民主なのか自民なのかどういうスタンスなのか」と質問されると、松下は「ちょうどど真ん中とご理解いただきたい」と答えた[3]。地元紙『宮崎日日新聞7月9日号コラム「くろしお」[4]が「非自民」の票を投じた有権者への裏切りではないかと批判すると、松下は緑風会を引き合いに出し「参議院のあり方が問われている現状の国会運営や近い将来興ることを確信する政界再編の流れの中で、敢えて、厳しい環境ではありますが、これまで通り、軸がぶれることなく、高い志を持って、正々堂々と政治活動を行っていく私の想いとご理解いただきたいと想います。」と反論した[5]。長峯は無所属で出馬したものの、自民党公認の小斉平敏文に敗れる。

改革クラブ入党から自民党入り以降 2008年8月29日、この日設立の新党・改革クラブ(新党改革)に結党から参加[6]。2009年12月、次期参院選挙で自民党からの出馬を打診されたが、改革クラブ所属議員が4人となり政党交付金を受け取れる政党要件(国会議員5人以上)を満たさなくなるため、自民党は引退を表明している参議院議員の山内俊夫を改革クラブに移籍させると報道された。2010年(平成22年)1月15日に山内と入れ代わりで自民党入党[7]

2010年、第22回参議院議員通常選挙宮崎県選挙区における自民党公認候補となり、再選[8]

2011年4月14日、東日本大震災の復興補正予算が議論される中、復興予算捻出のためのODA削減案に反対する超党派連合のメンバーとして名を連ねる[9][10]。2012年秋、総裁退任直後の谷垣による勉強会「有隣会」に参加[要出典]。同年12月、第2次安倍内閣国土交通大臣政務官災害対策関係施策土地・建設産業水管理・国土保全鉄道自動車気象関係施策の担当[11])に就任した(2013年9月に退任)。

2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣総務副大臣情報通信放送行政郵政行政に関すること[12])兼内閣府副大臣マイナンバー制度に関すること、郵政民営化に関すること[12])に就任した[2]

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙で3選。2018年10月、自民党外交部会長に就任した[13]2019年9月、自民党財務金融部会長財政地域金融Fintech(フィンテック)などを所管[14])に就任。

2022年の第26回参議院議員通常選挙で、立憲民主党国民民主党参政党日本共産党NHK党のそれぞれが擁立した5候補を破り、4選[15]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2022年のNHK、毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[16][17]
  • 9条改憲について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「改正して、自衛隊の存在を明記すべきだ」と回答[17]。9条への自衛隊の明記について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[16]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[16]

外交・安全保障[編集]

  • 安全保障関連法について、2016年のアンケートで「今のままでよい」と回答[18]
  • 核武装について、2016年のアンケートで「将来にわたって検討すべきでない」と回答[18]
  • 敵基地攻撃能力を持つことについて、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[16]
  • 普天間基地辺野古移設について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[17]
  • ロシアは2022年2月24日、ウクライナへの全面的な軍事侵攻を開始した[19]。日本政府が行ったロシアに対する制裁措置についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「さらに強めるべきだ」と回答[16]。同年の毎日新聞社のアンケートで「制裁をより強めるべきだ」と回答[17]
  • 2022年6月7日、政府は経済財政運営の指針「骨太方針」を閣議決定した。NATO加盟国が国防費の目標としている「GDP比2%以上」が例示され、防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針が明記された[20]。「防衛費を今後どうしていくべきだと考えるか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「ある程度増やすべき」と回答[16]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[16]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[16]
  • クオータ制の導入について、2022年のNHKのアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[16]

その他[編集]

  • アベノミクスについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「当面は継続すべきだ」と回答[17]
  • 原子力発電への依存度を今後どうするべきか」との問題提起に対し、2022年のNHKのアンケートで「今の程度でよい」と回答[16]
  • 国会議員の被選挙権年齢の引き下げについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[17]
  • 2016年の米国大統領選挙について「ドナルド・トランプヒラリー・クリントンのどちらを支持するか」との問いに対し、2016年の毎日新聞社のアンケートで「クリントン」と回答[18]
  • 2016年2月8日、高市早苗総務大臣は、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した[21]安倍晋三首相は2月15日の衆議院予算委員会で野党の批判に反論し、高市の発言を擁護した[22]。政府の姿勢をどう思うかとの問いに対し、2016年の毎日新聞社のアンケートで「問題とは思わない」と回答[18]

不祥事[編集]

高齢者への公職選挙法違反(投票干渉)事件[編集]

松下が当選した2010年第22回参議院議員通常選挙において、宮崎県警察は投票日の翌日、選挙期間中、高齢者の手に候補者名を書いて候補者への投票を求めたとして、公職選挙法違反(投票干渉)の容疑で3人を逮捕した。このとき書かれていた候補者名は松下と、公明党比例区より出馬した秋野公造だった[23]

迂回献金による税還付[編集]

2009年から2011年にかけ、自らが代表を務める自民党支部に対して寄付を行った後、後援会や資金管理団体に対し支部が寄付させる手口で計約2,200万円を還流させ税を還付していたことが、国土交通大臣政務官就任後に分かった[24]

人物・信仰[編集]

  • 民主党会派に所属していた際に自らの秘書を務めていた外山が民主党に公認されたことで民主党参院宮崎選挙区の公認騒動が起きた際に、「人間の道理、政治家の道理として長峯基先生を支持する」と自らが公設秘書を務めていた長峯を支持した[3]
  • 2009年4月26日、佛所護念会教団の宮崎協会開堂10周年記念式典が開催され、1998年ごろから同教団に所属していたとされている松下は、出席した会場で祝辞を述べていたことを公式サイトで報告していた[25]

所属団体・議員連盟[編集]

支援団体[編集]

関連項目[編集]

  • 長峯基 - 松下が元公設秘書を務めていた。民主党会派時代に自民党公認を失い、無所属出馬した際に民主党公認候補だった外山と対立してまで支持[3]
  • 外山斎 - 松下の元秘書。事前に松下に相談無く、民主党公認候補となったことで決別[3]
  • 海外110番

脚注[編集]

  1. ^ a b 公式ホームページ プロフィール
  2. ^ a b 公式ホームページ プロフィール
  3. ^ a b c d e asahi.com:松下参院議員、長峯氏支持を表明 非自民、足並み乱れる - 朝日新聞 2007参院選:宮崎”. www.asahi.com. 2021年12月15日閲覧。
  4. ^ 風に立つ松下参院議員 2007年7月9日
  5. ^ ちょうどど真ん中とご理解いただきたい!!
  6. ^ 民主離党組らが新党 「大義」はあるか”. J-CASTニュース. 2016年6月30日閲覧。
  7. ^ 毎日新聞2009年12月26日の記事
  8. ^ 松下新平 参院選2010”. 読売新聞. 2016年6月30日閲覧。
  9. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ Archived 2011年4月15日, at the Wayback Machine.
  10. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会[リンク切れ]
  11. ^ 国交副大臣は国交政務官経験者、政務官に国交官僚OBも
  12. ^ a b 総務副大臣就任会見の概要 平成27年10月13日 総務省
  13. ^ 小泉進次郎氏、自民厚労部会長に
  14. ^ 自民党財務金融部会長に就任報告
  15. ^ 宮崎 参議院選挙結果・開票速報”. 参議院選挙2022特設サイト. NHK. 2022年7月11日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j 選挙区 宮崎”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  17. ^ a b c d e f 松下新平 自民 宮崎”. 第26回参院選. 毎日新聞社. 2022年6月28日閲覧。
  18. ^ a b c d “2016参院選 自民 宮崎 松下新平”. 毎日新聞. オリジナルの2016年6月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160627035629/http://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B45000003003 2022年7月5日閲覧。 
  19. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  20. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  21. ^ “高市総務相発言 「電波停止」 波紋広げる理由とは”. 毎日新聞. (2016年2月11日). https://mainichi.jp/articles/20160212/k00/00m/040/071000c 2022年7月5日閲覧。 
  22. ^ “【衆院予算委】安倍首相、電波停止「民主党政権で同じ答弁」”. 産経新聞. (2016年2月15日). https://www.sankei.com/article/20160215-4QJFNEWS65PKDM4SFNGCRMFAJA/ 2022年7月5日閲覧。 
  23. ^ 高齢者の手に候補名書き込む 投票干渉容疑で女3人逮捕
  24. ^ 松下政務官、党支部への寄付で税還付受ける 読売新聞 2013年4月16日
  25. ^ 新平デジカメ活動報告<「佛所護念会教団 宮崎教会開堂10周年記念式典」出席> - ウェイバックマシン(2020年9月20日アーカイブ分)
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n 松下新平<プロフィール>”. 松下新平 - 宮崎県選出 参議院議員. 2020年4月28日閲覧。
  27. ^ “2019年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/07/2019%E5%B9%B412%E6%9C%88_%EF%BC%92%E9%9D%A2.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  28. ^ 楊宇公使,「静岡県と浙江省囲碁交流回顧展」開会式に出席
  29. ^ “2022年6月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2022年5月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2022/05/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E2022%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=6 2022年5月26日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代
西銘恒三郎
二之湯智
日本の旗 総務副大臣
土屋正忠と共同

2015年 - 2016年
次代
原田憲治
赤間二郎
先代
赤沢亮正
平将明
西村康稔
葉梨康弘
高木陽介
西村明宏
小里泰弘
左藤章
日本の旗 内閣府副大臣
高鳥修一
松本文明
福岡資麿
盛山正仁
冨岡勉
高木陽介
山本順三
井上信治
若宮健嗣と共同

2015年 - 2016年
次代
石原宏高
越智隆雄
松本洋平
赤間二郎
盛山正仁
水落敏栄
高木陽介
末松信介
伊藤忠彦
若宮健嗣
先代
川村秀三郎
若井康彦
橋本清仁
日本の旗 国土交通大臣政務官
赤澤亮正
徳田毅と共同

2012年 - 2013年
次代
赤澤亮正
松下新平
坂井学
議会
先代
松村祥史
日本の旗 参議院政治倫理の確立
及び選挙制度に関する特別委員長

2021年 - 2022年
次代
古川俊治
先代
山本順三
日本の旗 参議院政府開発援助等
に関する特別委員長

2020年 - 2021年
次代
青木一彦
先代
ツルネン・マルテイ
日本の旗 参議院災害対策特別委員長
2011年 - 2012年
次代
牧野京夫