田野瀬太道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田野瀬 太道
たのせ たいどう
生年月日 (1974-07-04) 1974年7月4日(42歳)
出生地 日本の旗 奈良県
出身校 早稲田大学第二文学部卒業
所属政党 自由民主党石原派
親族 田野瀬良太郎(父)
公式サイト 田野瀬太道(たのせたいどう)ホームページ

選挙区 奈良4区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月18日 - 現職
テンプレートを表示

田野瀬 太道(たのせ たいどう、1974年7月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)、文部科学大臣政務官内閣府大臣政務官復興大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。田野瀬良太郎(元自民党総務会長)の次男[1]

経歴[編集]

奈良県五條市生まれ。五條市立五條小学校、五條市立五條中学校、西大和学園高等学校1986年に父が開校)を経て、早稲田大学第二文学部社会専修卒業、文学士[2]

1997年10月から、衆議院議員田野瀬良太郎秘書を務める[2]2010年12月、社会福祉法人愛誠会なかよし保育園(1981年に父が開園)理事長[2][3]。2012年1月から12月まで、社団法人橿原青年会議所理事長[2]

2012年、父の田野瀬良太郎の引退を受けて実施された後継候補において、自民党奈良県連が実施した党員投票で大阪府在住の団体役員である上田孝之に圧勝したことを受けて、第46回衆議院議員総選挙奈良4区自由民主党の公認候補となる。第46回において自民党で幹部経験のある現職衆議院議員の世襲候補は田野瀬を含めて5人いたが[4]、党員投票によって公認候補が決まったのは田野瀬だけである。同年12月16日、第46回衆院選で初当選した。

2014年12月14日、第47回衆議院議員総選挙で再選。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣にて文部科学大臣政務官内閣府大臣政務官復興大臣政務官に任命された[5]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニュース詳細 国政かじ取り県発展と両立を 自民党県4区新支部長・田野瀬太道氏に聞く
  2. ^ a b c d 田野瀬太道(たのせたいどう)これまでの歩み
  3. ^ 概要 - 社会福祉法人 愛誠会 なかよし保育園
  4. ^ 田野瀬以外の4人は群馬4区の福田康夫の長男である福田達夫、広島4区の中川秀直の次男である中川俊直、北海道12区の武部勤の長男である武部新、香川3区の大野功統の長男である大野敬太郎
  5. ^ “第3次安倍第2次改造内閣 大臣政務官名簿” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 首相官邸ホームページ, (2016年8月5日), http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/seimukan.html 2016年8月5日閲覧。 
  6. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  7. ^ a b c d e f g “2012衆院選 奈良4区 田野瀬太道”. (2012年12月4日). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A29004001001 2014年6月12日閲覧。 
  8. ^ 神政連 WEB NEWS 神道政治連盟国会議員懇談会” (2014年5月23日). 2014年6月12日閲覧。 

外部リンク[編集]