中曽根康隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中曽根 康隆
なかそね やすたか
生年月日 (1982-01-19) 1982年1月19日(37歳)
出生地 日本の旗 東京都
出身校 慶應義塾大学法学部卒業
コロンビア大学大学院修了
前職 JPモルガン証券株式会社社員
参議院議員秘書
所属政党 自由民主党二階派
称号 学士(法学)(慶應義塾大学)
国際関係学修士(コロンビア大学大学院)
親族 中曽根康弘(祖父)
中曽根弘文
前川喜平伯父
公式サイト 中曽根康隆 Official Site

選挙区 比例北関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2017年10月27日 - 現職
テンプレートを表示

中曽根 康隆 (なかそね やすたか、1982年昭和57年)1月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(1期)。父は元外務大臣中曽根弘文[1]。祖父は元内閣総理大臣中曽根康弘[1]

経歴[編集]

東京都出身[2]慶應義塾幼稚舎から進学し[3]慶應義塾大学法学部卒業[PR 1]コロンビア大学大学院修了、国際関係学修士号を取得[PR 1]JPモルガン証券勤務を経て[3]、2013年(平成25年)から参議院議員の父、中曽根弘文の事務所で私設秘書として働く[4]

2017年(平成29年)8月末に秘書を辞職[4]。9月21日に群馬県庁で記者会見し、同年10月に予定される第48回衆議院議員総選挙群馬1区に出馬の意志を示した[5]。会見翌日の9月22日には自由民主党前橋支部に公認申請書を提出していたが[6]、同選挙区で同党の公認推薦が内定していた尾身朝子との調整に合意し[7]、最終的に比例北関東ブロックの単独30位で出馬[8]、同選挙で初当選した[1][PR 2]

当選後、同党の二階俊博が率いる自民党の派閥志帥会[注釈 1]に入会した[10]

政策[編集]

人物[編集]

高等学校・大学在学中はゴルフ部に所属した[3]男性アイドルグループメンバーの櫻井翔は慶應義塾幼稚舎からの同級生[3][12][13]

衆議院議員の小泉進次郎はコロンビア大学大学院の同期[3]

2014年(平成26年)12月の第47回衆議院議員総選挙を巡り、自由民主党群馬県連内で群馬1区の公認候補として、前職の佐田玄一郎を退け康隆を推す動きが存在したが、参議院議員山本一太群馬県選挙区選出)は「同一県内に親子が国会議員になってはいけない」などとブログで批判し、康隆もブログで反論するなど応酬があった[14]

家族・親族[編集]

中曽根家[編集]

1889年明治22年)生 - 1969年昭和44年)没
  • 曾祖母・ゆく(中村庄造の妹)
  • 祖父・康弘(政治家、元首相)
1918年大正7年)生 -
1921年(大正10年)生[15] - 2012年平成24年)没[16]
1945年(昭和20年)生 -

前川家[編集]

母方の実家である。

1895年(明治28年)生 - 1986年(昭和61年)没
  • 祖父・昭一(前川製作所元社長)
1927年(昭和2年)生[17] -
  • 大叔父・正雄(前川製作所顧問)
1932年(昭和7年)生 -
1955年(昭和30年)生 -

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 祖父である中曽根康弘が立ち上げた旧中曽根派の流れを受け継いでいる派閥である[9]

出典[編集]

  1. ^ a b c “自民・中曽根康隆氏が初当選…比例北関東”. 読売新聞 (読売新聞社). (2017年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171023-OYT1T50017.html 2017年10月28日閲覧。 
  2. ^ 中曽根康隆(比例・北関東・自民)【衆議院選挙2017】:読売新聞”. 読売新聞社. 2017年10月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e “【衆院解散】「無所属でも出馬」 中曽根元首相の孫、中曽根康隆氏が正式表明”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年9月21日). http://www.sankei.com/politics/news/170921/plt1709210053-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  4. ^ a b “中曽根康隆氏が臨戦態勢 弘文氏の私設秘書を辞任”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年9月6日). http://www.sankei.com/region/news/170906/rgn1709060029-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  5. ^ “【衆院解散】「不退転の覚悟」「群馬と日本のために」 中曽根元首相の孫、中曽根康隆氏(35)の出馬会見詳報”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年9月22日). http://www.sankei.com/politics/news/170922/plt1709220008-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  6. ^ “自民前橋支部に公認申請書提出 中曽根氏”. 上毛新聞 (上毛新聞社). (2017年9月23日). http://www.jomo-news.co.jp/ns/5915060942942141/news.html 2017年10月28日閲覧。 
  7. ^ “<衆院選>中曽根康隆さん自民比例北関東へ 分裂回避へ「苦渋の決断」”. 東京新聞 (中日新聞社). (2017年10月6日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201710/CK2017100602000184.html 2017年10月28日閲覧。 
  8. ^ “【速報】中曽根氏は30位 自民比例北関東ブロック 上野氏も南関東32位登載”. 上毛新聞 (上毛新聞社). (2017年10月9日). http://www.jomo-news.co.jp/ns/7415075481486140/news.html 2017年10月28日閲覧。 
  9. ^ “旧中曽根派が同窓会 山崎、石破氏ら「旧交」温める”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0403O_U3A201C1PP8000/ 2017年10月29日閲覧。 
  10. ^ “【衆院選】中曽根康弘元首相の孫・康隆氏ら5人が二階派入り 44人に”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年10月26日). http://www.sankei.com/politics/news/171026/plt1710260018-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 2017衆院選 朝日東大谷口研究室調査
  12. ^ “中曽根元総理の孫・中曽根康隆議員、幼馴染みの櫻井翔&同い年の小泉進次郎議員に感化” (日本語). AbemaTIMES. https://abematimes.com/posts/4861533 2018年9月11日閲覧。 
  13. ^ “中曽根康隆議員が披露宴元首相の祖父ら重鎮多数” (日本語). 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37046360Y8A021C1PE8000/ 2018年10月28日閲覧。 
  14. ^ “【政界徒然草】「中曽根親子」を徹底批判する山本一太参院議員 群馬1区公認「場外乱闘、炎上」の“背景”は”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2014年12月1日). http://www.sankei.com/premium/news/141201/prm1412010001-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  15. ^ 奥田 民生など 2018年11月23日閲覧。
  16. ^ 中曽根蔦子さんが死去 中曽根康弘元首相の妻、弘文参院議員の母  :日本経済新聞 2018年11月23日閲覧。
  17. ^ 前川家(奈良県): 閨閥学 2018年11月23日閲覧。
  18. ^ “【政治デスクノート】中曽根大勲位は「反安倍」ではない 改憲できるのだろうかと懸念しているのだ”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月13日). http://www.sankei.com/politics/news/170713/plt1707130001-n1.html 2017年10月28日閲覧。 

自主公表された情報源・公式サイト・プレスリリース[編集]

  1. ^ a b Profile”. 2017年10月28日閲覧。
  2. ^ 平成29年(2017年)10月27日中央選挙管理会告示第26号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)

外部リンク[編集]