藤原崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤原 崇
ふじわら たかし
生年月日 (1983-08-02) 1983年8月2日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 岩手県和賀郡西和賀町
出身校 静岡大学人文学部
明治学院大学大学院
法務職研究科
専門職学位課程
前職 参議院議員秘書
現職 青年局次長
環境関係団体委員会副委員長
所属政党 自由民主党
称号 法務博士(専門職)
(明治学院大学・2009年
弁護士
公式サイト 藤原たかしオフィシャルホームページ

選挙区 比例東北ブロック岩手4区)→)
比例東北ブロック(岩手3区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

藤原 崇(ふじわら たかし、1983年8月2日 - )は、日本弁護士政治家学位法務博士(専門職)明治学院大学2009年)。衆議院議員(3期)、自由民主党青年局次長・環境関係団体委員会副委員長。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1983年8月岩手県和賀郡西和賀町にて生まれた[1]岩手県立黒沢尻北高等学校を卒業後、静岡大学に進学し、人文学部法学科にて学んだ[2]2006年3月に静岡大学を卒業すると、明治学院大学大学院に進学し、法務職研究科専門職学位課程(いわゆる法科大学院)にて学んだ[2]2009年3月、同課程を修了した[2]。翌年12月、新第63期司法修習生修了[2]

2011年1月より須田法律事務所(のちの須田総合法律事務所)に勤務し、同年8月に丸山国際法律事務所へ転じた[2]弁護士としては、一般民事家事刑事事件を担当した[1]。また、同月より参議院議員である丸山和也の下で公設第一秘書を務めた[2]。政治家秘書としては、主として参議院議員会館での職務を担当していた[1]

衆議院議員[編集]

衆議院議員総選挙に立候補するため、2012年3月に同事務所を退職。同年12月の第46回衆議院議員総選挙岩手4区から自由民主党公認で出馬した。民主党代表などを歴任した日本未来の党小沢一郎に敗れたが、比例東北ブロックで復活し初当選を果たした。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙に岩手4区から出馬し、再び小沢に敗れたが、比例代表東北ブロック党内2番目の惜敗率で再選。

政策・主張[編集]

夫婦別姓
選択的夫婦別姓制度の導入に反対[3]
女性宮家
女性宮家の創設に反対[4]
原発
原発について、新基準を満たした原発は再稼働すべきだ、としている[4]
憲法
憲法改正に賛成[4]
集団的自衛権
集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すべき、としている[4]

活動[編集]

大韓民国
2015年6月大韓民国に渡航し、同国の国会議員らとサッカーの試合をおこなった[5]

略歴[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「藤原崇(ふじわらたかし)」『藤原崇君衆議院2015年3月
  2. ^ a b c d e f 「略歴」『藤原たかし オフィシャルサイト』藤原たかし事務所。
  3. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  4. ^ a b c d 毎日新聞、2012年衆議院選挙候補者アンケート
  5. ^ 정상윤, "한일 국회의원 축구대회 참석한 김현의원", [포토] 한일 국회의원 축구대회 참석한 김현의원 - Save Internet 뉴데일리, 뉴데일리, 2015년6월13일.
  6. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  7. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

外部リンク[編集]