福岡資麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
福岡資麿
ふくおか たかまろ
生年月日 (1973-05-09) 1973年5月9日(43歳)
出生地 佐賀県佐賀市
出身校 慶應義塾大学法学部
前職 会社員
現職 参議院議員
所属政党 自由民主党額賀派
称号 剣道
親族 祖父・福岡日出麿
公式サイト 福岡たかまろ 公式サイト

選挙区 佐賀県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月 - 現職

選挙区 佐賀1区
当選回数 1回
在任期間 2005年9月 - 2009年7月
テンプレートを表示

福岡 資麿(ふくおか たかまろ、1973年5月9日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、自由民主党人事局長。過去に、内閣府副大臣内閣府大臣政務官復興大臣政務官参議院行政監視委員長衆議院議員(1期)、自民党佐賀県連会長。

来歴[編集]

佐賀県佐賀市生まれ。佐賀大学教育学部附属小学校佐賀大学教育学部附属中学校佐賀県立佐賀西高等学校慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1996年三菱地所株式会社入社。2003年に退社[1]

同年、第43回衆議院議員総選挙自由民主党公認で佐賀1区から出馬したが、民主党原口一博に敗れ、落選した。2005年第44回衆議院議員総選挙では前回敗れた民主党の原口を佐賀1区で破り、初当選した(原口も比例復活)。05年初当選の議員が集まった83会の一員。

2009年第45回衆議院議員総選挙では佐賀1区で原口に敗れ、比例復活もならず落選した。この選挙では、福岡だけでなく佐賀2区今村雅弘も民主候補に破れ(今村は比例復活)当時の自民党佐賀県連会長であった今村は引責辞任し、後任に議席を失ったばかりの福岡が就任した。現職議員以外の県連会長就任は1956年の佐賀県連設立以来はじめてという異例の就任となった[2](2015年に佐賀県知事選挙敗北の責任をとり辞任[3])。2010年、引退する岩永浩美より後継指名を受け[4]第22回参議院議員通常選挙佐賀県選挙区から自民党公認で出馬・当選し、国政に復帰。2011年参議院行政監視委員長に就任。2013年第2次安倍内閣内閣府大臣政務官復興大臣政務官に就任(2014年9月、退任)。2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣内閣府副大臣に就任。2016年7月、第24回参議院議員通常選挙に佐賀県選挙区から自民党公認で出馬し再選。

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 生家は参議院議員も務めた祖父・福岡日出麿が創業した、建築資材・生コン等を販売する福岡商店[20]
  • 小学2年生より剣道を始め、中学、高校の剣道部では大将、大学の剣道部では副将を務める。全日本学生剣道大会団体戦ベスト8、全日本学生剣道選手権大会個人戦出場、早慶対抗剣道大会個人優秀選手[21]。現在の段位は五段。2011年7月、全日本剣道連盟顧問に就任[22]
  • 自民党有志による国会議員の世襲制限などを目指す議員連盟「新しい政治を拓く会」に参加している。自身については、2003年の初出馬時、既に祖父・福岡日出麿の死去から10数年経っていること(1986年政界引退・1990年死去)や後援会の引継ぎをおこなっていないことなどから世襲扱いされることには違和感を示している[23]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式ホームページ プロフィール
  2. ^ 自民県連会長に福岡氏 党再生へ“異例”の選出佐賀新聞 - 2009年10月04日
  3. ^ 自民佐賀県連会長が辞任 県知事選で保守分裂、敗北受け朝日新聞佐賀版 - 2015年1月18日
  4. ^ 現職・岩永氏(自民)、次期参院選出馬を辞退 福岡氏を後継指名「世代交代が必要」 佐賀新聞 - 2010年2月9日
  5. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ
  6. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会
  7. ^ 立候補者意識調査「道州制の導入に」”. livedoor (2010年). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  8. ^ 立候補者意識調査「アニメ・漫画に登場する18歳未満の登場人物も規制対象とすることに」”. livedoor (2010年). 2010年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  9. ^ 立候補者意識調査「国会議員の靖国神社参拝に」”. livedoor (2010年). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  10. ^ 立候補者意識調査「国会議員削減に」”. livedoor (2010年). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  11. ^ 立候補者意識調査「憲法改正に」”. livedoor (2010年). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  12. ^ 立候補者意識調査「公立高の授業料を、親の所得に関係なく無償化することに」”. livedoor (2010年). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  13. ^ 立候補者意識調査「大企業が納める法人税率の引き上げに」”. livedoor (2010年). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  14. ^ 立候補者意識調査「外国人参政権の導入に」”. livedoor (2010年). 2010年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  15. ^ 立候補者意識調査「死刑制度の廃止に」”. livedoor (2010年). 2010年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  16. ^ 立候補者意識調査「ベーシック・インカム導入に」”. livedoor (2010年). 2010年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。
  17. ^ 毎日新聞 2010参院選アンケート
  18. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  19. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  20. ^ 福岡商店の御曹司「福岡資麿氏」・参院選出馬表明 - JC-NET 2010年2月22日
  21. ^ 福岡たかまろ公式サイト - プロフィール
  22. ^ 全日本剣道連盟HP(平成23・24年度顧問に氏名と新任を示す丸印あり)
  23. ^ 世襲候補制限 7人賛同も温度差─県関係国会議員8人 - 佐賀新聞2009年5月23日
  24. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]